近江商人の三方よし経営に学ぶ、ウィンウィンの企業理念が商売繁盛を生む

Pocket

1.「金儲け」と「商売」、どちらが商売繁盛を生むかという事例

先日、ある商工会議所の経営指導員の方と、お話をさせていただいた。数多く現場を回る中からの体験談には迫力がある。経営者や組織のリーダーの方々と日々接している者同士、様々な意見交換で盛り上がった。その中でも、「金儲け」と「商売」の話が印象に残った。

それは、人を束ねる経営者があまりにも「金儲け」に走りすぎ、本来の「商売」をしていないのではないかというものであった。これは昨今、マスコミに取り上げられる企業不祥事の根底に巣くっている自分都合・自社都合優先の考えにも通ずるものである。まさに危惧している一つだ。外見は顧客第一と謳いながらも、その実は自社の売り上げ達成や、金儲けのためなら何でもするといった考えがはびこっている経営者を目にするのは、実にさみしいことである。

企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)が求められるのは、単に大企業ばかりではない。それは規模の大小にまったく関わりないということだ。

「自社の発展(自己)と社会貢献(他者)のバランスが崩れていることに歯止めが不可欠」という点では、まったく同感である。

2.「儲けるは欲、儲かるは道」「商売は笑売」という名言や企業理念

この話の中で蘇ってきたのは、「儲けるは欲、儲かるは道」という言葉だった。儲けよう儲けようとするのは、意外と自分の欲から出ているものだ。

対極としてお客様のことを一生懸命考え行動した結果が儲かるということであり、それが商売人の道である。我欲からでたものは必ずお客様が見破り、本当の意味の儲けを生み出すことはできないという教えだ。

また、「商売は笑売」という言葉も頭に浮かんできた。商売とは本来面白いものであり、飽きない(商い)ものである。お客様と共に笑顔が生まれるような売り方でないといずれは、淘汰され「勝売」にはつながらないという考えだ。これらの名言を、企業理念や社是として掲げておられた企業もあった。

3.近江商人の「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」経営に学ぶ

金儲けと商売の違いという対話の中で、その後も様々な角度から見つめ直したことがあった。それは、商売を行う人(つまり、商人)の「ものの見方・考え方」の原点についてだ。商人と言えば、近江商人、関西商人、甲州商人、江州商人、五個荘商人等々、人によって色々な商人のイメージがある。私のこころの中に広がったのは、「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」で有名な近江商人であった。現代に繁栄のバトンを繋いでいる企業も、高島屋、伊藤忠、丸紅、ふとんの西川産業等々、決して少なくない。

二十年近くも前、関西在住だった私。三方よしの原点である滋賀県の現地に足を運んだ。三方よしの近江商人の考え方が最初に記録に現れてくるのは、中村治兵衛が子孫に残した家訓に見てとれる。私にとってその懐かしい文章―― 「他国へ行商するもの総て我事のみと思はず、其の国一切の人を大切にして、私利を貪ること勿れ」にも再度巡り会えたのである。

江戸幕府の管理の下、藩を超えた往来が制限されていた当時、出向いた先の利益を考えないでいると自由な経済活動に直ぐに制限が加えられた時代であったことも影響していたのであろう。

4.商売は金儲けの手段でないと共に、部下とのウィンウィンの信頼関係を大切に

今回、経営指導員の方との対話や、三方よしの原点を振り返る中で、「私利を貪ること勿れ」という言葉がこころの中でこだました。周りから押し上げられる企業が、真に繁栄と永続を手にすることを日本の商人の歴史からも改めて学ばせていただいた。

その学びは、単に企業経営だけに生かせるものではない。次世代リーダーや一個人が周りとの信頼関係をウィンウィンでいかに育むかという点でも活用できるのは間違いがないところだ。「俺が!俺が!」と言った様な自我・自説・自欲にとらわれず、「相手の立場だったらどうか?果たしてこれで社会のためになっているだろうか?」と日々自分に問い掛けることの大切さを実感したのである。

商売は金儲けの手段(だけ)ではなく、部下は昇進のための道具でもないことは明白なことだから。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.三方よしで突き進む、経営者のあなたへの言葉

  • 「儲けるは欲、儲かるは道」
  • 「商売は笑売」
  • 「私利を貪ること勿れ」
  • 「商売は金儲けの手段ではなく、部下は昇進のための道具でもない」

6.経営者のあなたへの問い掛け

  1. あなたは自分の視点だけで、ものごとを判断しがちになる時はどのようなことでしょうか?
  2. あなたは金儲けと商売の違いは、どのようにイメージされておられますか?

(2019年3月22日リライト)

Pocket

関連記事

愚痴とは何か?その無駄遣いの真の意味を、経営者として意識しているか!

1.経営者の奥様に学ぶ愚痴を言わない意識【事例】 先日、経営者の奥様とお話をする機会があった。ご主

記事を読む

健康力と経営力を引き上げるのは、“第二の心臓”と呼ばれるふくらはぎ!

1.健康管理の目標を年始に掲げ、その成果 今年も後、一ヶ月を残すばかりになった。我々は年初に立てた

記事を読む

no image

実行力が高まる、3つのゲン(期限・宣言・いい加減)!

(機関誌107号2009年11月) 今年一年、何が出来、何が出来なかっただろうか?  1. こん

記事を読む

no image

“何かをしている”時間だけでなく、“何かをしていない”時間ももつことへの転換を!

(機関誌122号2011年2月) あなたが心豊かに過ごす、笑顔こぼれる素敵な時間とは? 1. こ

記事を読む

no image

やる気は、「自分が決めている」という意識と企業文化でさらに高まる!

(機関誌59号2005年11月) あなたは、やる気を引き出す上で何が重要だと感じておられますか?

記事を読む

no image

出来なかったことを叱るのではなく、やらないことを叱る!

(機関誌128号2011年9月) あなたにとって効果的だと想う、“褒め叱り”とはどの様なものですか

記事を読む

no image

即行が即効を生む!

(機関誌77号2007年5月) あなたは、グズグズになりがちな人? それともサッサッと進める人?

記事を読む

リーダー自らが自己開示で心身の健康管理

1.人間ドックでのできごと【事例】 先日、前々から予約していた人間ドックに行ってきた。前回より1年

記事を読む

no image

時間はあるあるある!

1. こんな出来事が! 最近、ビジネスの現場を歩いていると度々「これから“どうなります”かねぇ

記事を読む

経営者のスピード感に学び、名言『仕事はスピードが命』の重要性がしみわたる

1.たたき上げで優良企業を生み出した経営者のスピード感の事例 ある会社を創業し、現在は会長職になら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

人と繋がる愉しみは、継続を生み出す!

1.こんな出来事が! 年賀状や年賀メール、ツィッター等で、実に多くの

足るを知るものは真に富む!

1. こんな出来事が!  個人がお金を借りる世界が大きく変わってきて

甘い判断が、病気治療のリスクを増大させる!

1. こんな出来事が!  今年は私の人生にとって46回目の新年となっ

われわれに時間はある、ないのはほとばしる情熱と工夫!

1.こんな出来事が!  浮世絵界の巨匠、江戸時代を輝いて生きた葛飾北

何とかなるだろうではなく、一人ひとりの “(自分が)何とかする”という決心から!

1.こんな出来事が! この4月には終了していたはずのものが終わらず、

→もっと見る

PAGE TOP ↑