人がかかりやすい3つのこころの病―― つもり病・ぐらい病・ぱなし病!!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 事例体験から学びたい!

Pocket

(機関誌84号2007年12月)
あなたは“こころの生活習慣病”にかかっていませんか?

1.こんな出来事が!

 先日、あるメーカーのマネージャー研修を終え、受講生と懇親会で話をしていた時のことである。「今日は、往復ビンタをくらったような感じでした」と、ある方が話された。

 「リーダーとして、自らが取り組むセルフマネジメントの大切さが身に沁(し)みました。(相手を)『変える』のではなく、(自らが)『変わる』、このことを一番学ばせてもらった感じがします。部下の管理の前に、自らの健康管理ひとつをとってみても、しみじみできていないと想いました。

 これまで何度となく禁煙を決意したのです。が、なかなかタバコをやめられませんでした。体型も『年のせいだから』と自分を甘やかし、肥満体型で完全なメタボリックシンドロームに陥っていました。

 今回の研修で、自分のどこがズレていたのか改めて実感できたのです。――“身体のセルフマネジメント”という表側に(往復ビンタの往きで)単なる刺激をもらっただけではありません。“こころのセルフマネジメント”という裏側にこそ(往復ビンタの戻りで)、目が覚める様な一発をもらえました。

 知らず知らずのうちに、こころに変な寝癖がついていたのですね。そのことが原因で、自分の身体のことは元より業績や部下のマネジメントをはじめ全てが今一歩だったと今はっきりと感じることができます。ここに気付けた喜びは、大きいです」
と、感慨深げに話されたのである。

2.私の想い

 セルフマネジメントという話で考える機会を得た私は、尊敬するある人物が脳裏に浮かんだ。それは、マネジメントという概念を世界で始めて提唱し、マネジメントの父と呼ばれるP.F.ドラッカーである。

 今回のやりとりを想い出す中で、次のような一節が蘇ってきた。  

 「他の人間をマネジメントできるなどということは、証明されていない。しかし自らをマネジメントすることは常に可能である。そもそも自分をマネジメントできない者が、部下や同僚をマネジメントできるはずがない。他の人間をマネジメントすることは自分が模範となることによって行うことができる。自分の仕事で業績をあげられない者は、悪しき手本となるだけである(著書:経営者の条件 前書きより抜粋)」

3.日々への影響

 このセルマネジメントというテーマを意識する場合、いつも真っ先に浮かぶのは、次にあげる“3つのこころの病”のことだ。これを意識することで、常に原点に戻ることができるので私自身にも言い聞かす意味でご紹介したい。

 それは、つもり病、ぐらい病、ぱなし病だ。つもり病は、仕事に取り掛かる前段階で発症し、「やっているつもり」「話したつもり」「健康なつもり」等々だ。

 ぐらい病は、仕事に取り組む中で発症し、「これぐらいいいだろう」「ちょっとぐらい許してもらえるにちがいない」等がある。

 ぱなし病は、仕事の終わりに近づいて発症し、「やりっぱなし」「言いっぱなし」「散らかしっぱなし」等があげられる。

4.生活・志事(仕事)の中での実践

 身体の生活習慣病は表層のことであり、病気や体重の増加、体型の変化、運動能力の低下等、目に見えてわかる。

 しかし、別次元で存在する“こころの生活習慣病”というものは潜伏していて、根源的なものに関わらず意外と見落としがちなのかもしれない。

 自分のこころに知らず知らずのうちに巣くっている、このこころの病に自らが気付き、“ものの見方・考え方・捉え方”に違いを生み出すことの大切さを実感させていただく素晴らしい出来事であった。

 あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉 

  • 「(相手を)『変える』のではなく、(自らが)『変わる』」
  • 「こころのセルフマネジメント」
  • 「他の人間をマネジメントすることは自分が模範となることによって行う」
  • 「3つのこころの病:つもり病、ぐらい病、ぱなし病」
  • 「深層にある“こころの生活習慣病”」
  • 「“ものの見方・考え方・捉え方”に違いを生み出す」

6.自分を見つめる問い掛け

  1. あなたは“こころの生活習慣病”にかかっておられませんか?
  2. あなたにとって、“こころの寝癖”とは、どのようなものが浮かんでこられますか?
Pocket

関連記事

人を活かす経営とは?そのリーダーシップとは?3つの歴史に学ぶ、健康でイキイキは尊いもの!

1. 二人のリーダーが描いた、ある特攻隊員【1つ目の歴史】 毎年、夏は戦争の歴史や命の尊さを伝える

記事を読む

【働き方改革】人に感動を与える仕事は、自らの遊び心やリラックス体験から生まれる

1.人に感動を与える仕事ーーその原点は人の遊び心と感じた事例 4泊6日にわたって、アメリカのラスベ

記事を読む

集中力が持続しない、ゆとりがないと感じる経営者におオススメーー瞑想!

1.集中力を高めるために、瞑想で一点を見つめる ある飲食店の経営者の方と瞑想(めいそう、静かに坐る

記事を読む

no image

実行力が高まる、3つのゲン(期限・宣言・いい加減)!

(機関誌107号2009年11月) 今年一年、何が出来、何が出来なかっただろうか?  1. こん

記事を読む

no image

人の想いこみを変えるのは、アドバイスではなく問い掛け!

(機関誌96号2008年12月) 相手が気付いて実践し、共に成長するには何が必要でしょうか? 1

記事を読む

no image

自立型社員が育つ土壌づくりが、企業体力アップの決め手!

(機関誌51号2005年3月) あなたの会社にはどのタイプが多いですか? 1. こんな出来事が!

記事を読む

【人間力開発】イメージを払拭する意味は? どの様な力が引き出されてくる?

1.これまでのイメージを払拭し、イメージの力を味方につけた事例 テレビで女子マラソンを見ていた時の

記事を読む

no image

感動だけで終わらせず、自らの言動(言葉と行い)に違いを!

(機関誌139号2012年8月) あなたは4年後のリオオリンピックに向け、どの様なイメージや感情を

記事を読む

no image

こころが打ち震えた瞬間、人は自然に動き出す!

(機関誌74号2007年2月) あなたは周囲の人のこころに、火をともす人でしょうか? 1.こんな

記事を読む

no image

今年の夏の体調管理と暑さ対策は、栄養面からの取り組みも!

(機関誌137号2012年6月) リーダーとしてあなたが人に薦めたくなる健康習慣は何ですか? 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑