経営者の時間の使い方、上手くなるおススメ4つ!~タイムマネジメントはライフマネジメント~

Pocket

1.経営者の時間の使い方は様々、手帳など時間管理ツールや活用も色々

年の終わりや、年の初めに、誰もが口にすることがある。「一年を振り返ると・・・」「あっと言う間の一年で、時が経つのは早い」「今年一年の目標は・・・」等々、経営者それぞれ年末年始は時間を意識する機会が多いのかもしれない。

今年の私は、時間に関することの中でも、手帳の活用に目がいった様に想う。FILOFAXファイロファックス)等分厚い6穴のバインダー形式を使いこなす経営者。手帳ではなくノート版やメモを重点で活用する経営者。人と会う約束をグーグルカレンダー等のスマホアプリにインプットする経営者等々。

さらに、その手帳の活用方法に至ると、実に様々であり興味深い。単に訪問予定だけを書いた「スケジュール管理」が主な目的の人。人とのアポイントだけでなく、何をやるか(To Do List)という「行動管理」を大切にしている人。年間目標や達成したい数値の進捗度合いも含めた「(仕事の)目標管理」として活用している人。仕事のスケジュールばかりではなく、アフターファイブや土曜・日曜に家族との夢の実現や、趣味や仕事外のプライベートについての記載も盛り込んだ「人生管理(トータルライフマネジメント)」を展開する人。

 経営者の時間の使い方は様々、その管理ツールも色々、活用スタイルも色々だ

2.時間の使い方に対する経営者の姿勢、それを如実に表す時間管理ツール・手帳

これまで私は様々な手帳に触れ、その持ち主の方とも時間をテーマに会話させていただく中で、色々な気付きがあった。それは、『手帳は、(その人の時間の使い方に対する主張(を如実に現すもの)だ!』ということだ。時間に対するその人の考え方や取り組み姿勢は、ものの見事に手帳に現れていると感じたのである。

逆に言えば、手帳の活用方法に違いを生み出せば、その人の時間に対する姿勢が自然と変わってしまう感覚が迫ってきたのだ。

3.経営者の時間の使い方、4つのおススメ方法

手帳や時間に関する意識が高まった中で、ある経営者の会合に参加した。その中でちょうどタイムマネジメント(時間管理)がテーマになった。

「事務所に居ると、どうしても部下やお客様からの電話や確認・報告が頻繁に入って仕事にならない。緊急を要する業務にどうしても引っ張られる。本来経営者として取り組む長期的な視点にたった、創造的かつ重要度の高い仕事が先延ばしになってしまっている」という意見だった。

その後の討議の中で出てきた対策としては、

  1. 天引きスタイルの導入(最初からこの時 間はないものとして、先に確保し他のスケジュールが入らない様ブロックしておく、時間ができたらやるのではなく、そのことしかやらない時間を設ける)
  2. 優先順位に基づく行動(重要度と緊急 度の確認、重要度の基準の明確化と順位づけ、重要度の高いものから取り組む癖付け)
  3. 多くを望まず、重点3つの実行(あれもこれもでなく、最小限に絞込みそれが小さなことでもやり切る癖をつける、達成感も味わえ、次への意欲も湧き上がる)
  4. 人の育成と権限委譲(とにかく任せてみる 経営者の十歩より、社員一人ひとりの一歩づつ)

4.時間管理ツールや手帳を見直す中で、浮き彫りになる経営者の人生の使い方

今回、時間、特に手帳など時間管理ツールを経営者と見つめ直す中で、明確になってきたものは、意外にも人生というものであった。手帳という部分を深く味わう中で、逆に時間を何に使うか!全体を表す人生そのものをどう生きるか!という奥深いテーマが迫って来た様に想う。

時間の効率化を図ることも大切だが、効率化して生み出されてきた時間で何をやるのか、どう生きるのかという点はさらに大切な視点であるのは間違いがない。例えて言えば、富士山にいかに早く効率的に登ったとしても、富士山が自分の登りたい山でなければ全く無意味なものになってしまうのと同じだ。

これからも単に仕事という枠組みだけでなく、人生という枠組み、具体的に言えば、ファイブリッチ(5つの豊かさ:健康、こころ、お金、時間、人間関係)を高める視点を持ち続けて、日々の人生を歩んでいくことを誓った年始であった。

そして、「その人の時間の使い方は、その人の人生の使い方そのもの」「タイムマネジメントはライフマネジメント」ということを、心に刻み込んだ元旦であった。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.時間の使い方を意識する経営者のあなたへの言葉

  • 「スケジュール管理・行動管理・目標管理・人生管理(ライフマネジメント)」
  • 「手帳は、(時間の使い方に対する)主張だ!」
  • 「天引きスタイルの導入・優先順位に基づく行動・多くを望まず、重点3つの実行・人の育成と権限委譲」
  • 「効率化して生み出されてきた時間で何をやるのか、どう生きるのかがさらに大切」
  • 「ファイブリッチ:5つの豊かさ:健康、こころ、お金、時間、人間関係」

6.時間と人生の使い方見つめ直す経営者のあなたへの問い掛け

  1. あなたの時間の使い方は、何に如実に現れているでしょうか?
  2. あなたは効率化した時間で、どのような時間を過ごし、どのような人生を送ると考えておられますか?

(2019年3月24日リライト)

Pocket

関連記事

no image

基本とは初歩ではなく、生活力強化に最も大切なもの

(機関誌26号2003年2月) 果たして私たちは、小学生の頃に学んだ基本を日々実践しているだろうか

記事を読む

愚痴とは何か?その無駄遣いの真の意味を、経営者として意識しているか!

1.経営者の奥様に学ぶ愚痴を言わない意識【事例】 先日、経営者の奥様とお話をする機会があった。ご主

記事を読む

no image

“し(知)っている”を、“している”へ!

(機関誌118号2010年10月) あなたは最近、こころが軽(かろ)やかですか?重く感じられますか

記事を読む

赤字会社の経営者は、黒字社員を増やすだけでなく、ココにも注目!

1.赤字は罪悪でなく、変えないことが罪悪 先日、ある会社の社長と「赤字」のことで大変掘り下げたお話

記事を読む

存在感がないと言われるリーダーが、影響力を与え発揮するリーダーに!【事例】 

1.存在感を発揮するようになったリーダーの事例 オリンピックで快挙を成し遂げたある選手の講演会に、

記事を読む

「着眼大局、着手小局」のことわざの大切さを実感する、経営者としてのお金観の確認

1.経営者のお金観の確認につながる、2つの数字【企業倒産と自己破産】 ある情報を調べている時、予想

記事を読む

変える勇気 変わる覚悟!

1. 元NHKアナウンサー松平定知氏からの学びの事例 NHKの人気テレビ番組—「その時歴史が動いた

記事を読む

かたい、働かない、回らない、頭を柔らかくするコツ

1.かたい頭にはーー「新」が注目されがちだが、「転」を意識 四月はとりわけ『新』という文字が気にな

記事を読む

夢を実現する人になる条件 ─ それは重点・集中・徹底の行動

1.名言「一年の計は元旦にあり」を実感した事例 新年を迎え、我が家でもここ数年来恒例になっているお

記事を読む

no image

“こころの腕組み”を解きほどこう! 

(機関誌129号2011年10月) あなたは子供の頃の“小さな胸に感じた、大きな感動”を蘇らせてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑