顧客視点とは何か? マーケティング研修の事例で経営者と一緒に考える!

Pocket

1.顧客視点の「お役に立つ」を実現する、経営者とのマーケティング研修企画事例

サービス業と一言で言っても、実に多種多様である。生活者(消費者)向けのサービスを展開する企業もあれば、法人企業向けに利便性や専門性を提供する企業もある。
つい先日、後者のサービス業―― 企業に対し専門サービスを提供する経営者と企業内研修の打ち合わせを通じて、じっくりとお話する機会を得た。

「わが社ではお客様に専門的な知識や判断を提供しています。法律や時代環境は大きく変わり、そのスピードも上がっています。お客様は専門家としての我々に、法への対応はもとより色々な解決策を求めて来られます。

この様な中で、メンバーは専門性を磨くことには余念がありません。知的好奇心や自分を高めようとする意識は、むしろあり余るくらい旺盛です。

しかし一方では、サービス業であるにも関わらず意外と顧客視点が不足しているのが課題だと認識しています。そこで、対策として次の様なことを打ち出しています。それは、『〝お役に立つ〟専門性の追求』というものです。今回の研修では、この“お役に立つ”というテーマの意義や現場での具体的な取り組みについて定着・浸透を図りたいのです。ぜひ得意とする双方向対話・実践型研修で、力を貸してください」

打ち合わせを通じて、経営者の熱い想いにこころが揺さぶられると共に、お客様視点やお役に立てる専門性というキーワードが明確になり深まっていった。

2.顧客視点のバイイングポイントで納得を引き出す

経営者との打ち合わせを終え振り返る中で、真っ先に浮かんだ想いは次の様なことであった。「セールスポイントとバイイングポイント」というものだ。セールスポイントは、売り込むために強調する点。バイイングポイントは(あまり聞き慣れない言葉かもしれないが)買うと決める決定的な点ということだ。

営業成績のよいセールスパーソンは、単に商品や会社の良さを販売者視点でとうとうと語るのではない。お客様との人間関係・信頼関係づくりを何より大切にしている。お客様がこの商品を購入すれば、これまでとは違い生活や仕事がどのように豊かになるかを顧客視点で会話をする。しかも、セールスポイントの説得に掛かるのではない。お客様の「なぜこれを購入するのか」という気持ちに寄り添い、一緒になってバイイングポイントを明らかにしていく。言うなれば、お客様がバイイングポイントを納得し得心するためのお手伝いをする。

セールスポイントは、売り手視点であり販売者視点。バイイングポイントは、買い手視点であり顧客視点。立ち位置(スタンス)が決定的に違うのである。

3.顧客視点を日常業務に活かす取り組み

日々の業務を販売者視点・顧客視点で対比し見つめる中で、「ピンボケ仕事は無価値」という言葉が蘇ってきた。加えて、このピンボケ仕事を防ぐために、「ダ・ラ・リのチェック」が効果的であることも脳裏に広がった。ダラリとは、次にあげる3つの言葉の語尾である。

1.ムダ 自分が打っている手は多いが、真に相手が欲しているものを
満たしていない状態 要望(目的)<行動(手段)

2.ムラ ムダとムリが交互にやってきている状態

3.ムリ 自分が打てる手が状況や能力の面で限られる中、相手の想いに応え切れて
いない状態  要望(目的)>行動(手段)

4.顧客視点から派生した、相手視点なくして、人生と仕事の充実なし

日々の人間関係や仕事の取り組みの中で、相手にもの足りなさを感じたり、逆に、お節介し過ぎでは?と感じたりする場面が少なくないのかもしれない。

相手が何を求めているのか、どうして欲しいと願っているのか、相手に確認したり問い掛けることが大切だ。また、相手から教えてもらう前に、

1.顧客や相手を感じ 2.空気を読み 3.気付く感性を研ぎ澄ます

ことはさらに大切なこととしみじみ想う。

「顧客視点や相手視点なくして、仕事と人生の充実なし」と感ずる素晴らしい経営者との対話であった。人は一人では生きていけず、支えあって生きていくものだから。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.マーケティングを大切にする経営者のあなたへの言葉

  • 「“お役に立てる”専門性の追求」
  • 「セールスポイントとバイイングポイント」
  • 「立ち位置(スタンス)が決定的に違う」
  • 「ピンボケ仕事は無価値」
  • 「ダ・ラ・リのチェック」
  • 「相手を感じ・空気を読み・気付く、といった 感性」
  • 「顧客視点や相手視点なくして、仕事と人生の充実なし」

6.顧客視点相手視点で歩む、経営者のあなたへの問い掛け

  1. あなたの言動・行動は、相手からみてお役に立っているでしょうか?
  2. あなたはピンボケを防ぐために、どのような取り組みをされておられますか?

(2019年3月17日リライト)

Pocket

関連記事

no image

現状打開の斬新なアイデア――それは視点を変えることから生まれる!

(機関誌62号2006年2月) あなたはリーダーとして行き詰った時、どのようなことに取り組みますか

記事を読む

no image

言葉が人のこころを動かし、人生を変える

(機関誌43号2004年7月) 言葉には魂がやどる 1.こんな出来事が!  先日、二ヶ月ぶりに

記事を読む

no image

業績・成果を生み出す3つの化(イメージ化・数値化・具体化)を体質に!

(機関誌113号2010年5月) あなたの本音・本気・本当の願いは、何でしょうか? 1.こんな出

記事を読む

変える勇気 変わる覚悟!

1. 元NHKアナウンサー松平定知氏からの学びの事例 NHKの人気テレビ番組—「その時歴史が動いた

記事を読む

no image

時間効率を他に求める前に、リーダー自らが方向性を明確に!

(機関誌57号2005年9月) リーダーとして、周囲の人の時間を奪っていないだろうか? 1.こん

記事を読む

no image

人生はマラソン競技、仕事は駅伝競技!

(機関誌133号2012年2月) あなたはたすきを誰から受け、誰に何を伝えようとしていますか?

記事を読む

no image

『ほんまもん(本物)』が、生まれ育(はぐく)まれる原点は何か

(機関誌11号2001年11月) 社会や周りが求めるものの実現を熱く願う姿勢の重要性 1.こんな

記事を読む

no image

出来なかったことを叱るのではなく、やらないことを叱る!

(機関誌128号2011年9月) あなたにとって効果的だと想う、“褒め叱り”とはどの様なものですか

記事を読む

no image

時間の使い方は、人生の使い方そのものだ!

(機関誌85号2008年1月) あなたの時間の使い方は、何に如実に現れているでしょうか? 1.こ

記事を読む

no image

パートナーシップ(相手との関係創り)は、自らの姿勢を正すことが第一歩

(機関誌47号2004年11月) 真の人間関係を育むには、50×50(フィフティフィフティ)の考え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

経営者の健康管理、その意識と行動が豊かな事業繁栄の礎になる!

1.経営者が心の引っ掛かりが取れた、傾聴の事例 ここ数年、こころに引

リーダーが現場で、数字を活用し伝えるチョットしたコツ!

 1.認識を深め、理解を促進するには、身近な数字 先日、スタッフの一

中小企業の経営者自らに、変化と変革を生み出す原動力となる名言2選!

1.過去の延長線上にある小手先の改善に終始をしない ここ数年、世界的

うまくやろうとするな!ーー後継者が人前で話す時のこの工夫が、社員の心が揺さぶられる言葉に結び付く

1.後継者が社員や多くの人前で話す時のコツ 後継者の方ばかり10名程

プレッシャーをはねのける? 責任感が強いあなたに重圧がかかった時、それでは弱いかも

1.「重圧がかかる選手であることを誇りに想う」と捉えられるイチロー選手

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑