ギリギリ症状に歯止めを掛ける、考え方(価値観)と言葉!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌92号2008年8月)
あなたは時間に追われていますか、時間を追いかけていますか?

1.こんな出来事が!

 先日主催させていただいた講座で、受講生の方から「最近夢中になっている言葉がある」と伺った。(この講座で、経営者の感覚を磨き上げることをテーマに、自らにいい影響を与えている言葉に着目していた時のことだ。)

 「『明日やろうは、バカやろう!』何気なく見ていたテレビのドラマで、この言葉が出てきた場面があり、ハッとした」と、その受講生は話される。

 人はともすれば、「後でやろう!今度やろう!」と先延ばしにしがちだ。その様な中で、この言葉を自分に言い聞かせ、何事も先送りにしない体質を磨いておられるのだと教えられた。

2.私の想い

 この言葉をきっかけに、すべての受講生、そして私も、改めて時間について考えを深める機会を得た。私には、時間について様々な場面が浮かんできた。

 その多くは経営者の方々が私に、仕事と時間、特に期限というものに関して、深く見つめる投げ掛けがあった瞬間であった。「期限のないのは仕事ではない!」「『いつまでに』がないのは、趣味の世界だ」「仕事には全て納期と期限がある

 また、時間が生死を分ける看護師と言う仕事に就いていた母親の言葉も、数十年の時を経て不思議と蘇ってきた。「遅くさい(関西弁で遅過ぎるの意)のは誰でもできる!いかに速くあげるかが人の力の差になる」

 自分自身に宿った時間の意識は、改めて多くの方からの導きがあって、形づくられている様に想えて感謝の念が湧き上がってきた。同時に、「今やる、すぐやる、早くやる」ことの大切さを今一度噛み締める機会を得たのである。

3.日々への影響

 私は、これまでの仕事や生活の中で、ともすれば時間に追われてしまっていた時のことを想い起こしてみた。その様な時は、必ずといっていい程、後手にまわって(先送りして)いた自分の姿が浮かぶ。 

 その後手にまわっている要因を見ると、意外にも楽をしょうとして引き伸ばしていたのではない点に気付く。むしろその逆で、課題となるものを大切にし過ぎて、その結果が期限ギリギリになっている場合が多いように想う。

 例えば、今回のこの業務は重要なものだから「きっちりとしないと!いい出来栄えにしないと!」と、想って慎重になる。大切にしようと想えば想うほど、ある意味気が重くなり、着手が遅れる自分の姿が蘇えってくる。

 このように、大切にし過ぎ → 後手にまわる → 時間に追われる → 期限ギリギリ
といったうまくいかない時の構図がさらに鮮明になった。

 そこには、ギリギリでやり遂げた時の妙な開放感を味わっている自分の馬鹿げた姿も垣間見える。

 あえてギリギリで期限に間に合わせることで、あたかも切迫感や緊張感を愉しみ、そこから大きな安堵感を手に入れているかの様だ。考えてみるとまったくおかしなことである。

4.生活・志(仕)事の中での実践

 ギリギリでなく、先手を打ちユウユウと仕事や生活を進めている時は何が違うのだろうか。

 私の場合「完全主義者一歩も進まず」という歯止めとなる考え(価値観)が強く出ている様だ。完全を求めることも大切だが、細部にこだわり過ぎる(変な潔癖症がでる)ことで、全体が逆にうまくいかなくなってしまっているということだ。

 つまり、知らず知らずのうちに「木を見て、森を見ず」の愚を犯している時の私にとって、「完全主義者一歩も進まず」という考えは、まさに効果的なものの見方(価値観)なのである。

 そして、ユウユウと進んでいる時には、2つの言葉を自然と使っているように想う。

 1.「取り急ぎ(取り合えず)」:引き伸ばしにせず、
   まず取っ掛かりだけでもやってみる。

 2.「ざっくり」:100点を目指すことなく、
   概要や骨子・柱だけでも明確にする。

 今回の出来事では、ギリギリ症状に対しての処方はそれに歯止めを掛ける自分自身の考え方(価値観)や習慣となっている言葉がとても効果的だということを実感し、深める機会だったように想う。

 あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「明日やろうは、バカやろう!」
  • 「先送りにしない自分の体質を磨く」
  • 「期限のないのは仕事ではない!」
  • 「遅くさいのは誰でもできる!いかに速くあげるかが人の力の差」
  • 「完全主義者一歩も進まず」
  • 「取り急ぎ・ざっくり」

6.自分を見つめる問いかけ

  1. あなたは時間に追われていますか、時間を追いかけていますか?
  2. あなたはギリギリ症状に対する歯止め策は何だと感じておられますか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

ストレスを強く感じている時―それが自分を成長させるビッグチャンスだ!

(機関誌3号2001年3月) 緊張を愉しみストレスを活用する心の余裕は、ストレスのOnOff切り替

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

いまを大切にする姿勢 ─ それが、こころに真のゆとりを生む!!

(機関誌20号2002年8月) 子供の集中力に学ぶ時間貧乏脱出のヒント 1.こんな出来事が!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

今年の夏の体調管理と暑さ対策は、栄養面からの取り組みも!

(機関誌137号2012年6月) リーダーとしてあなたが人に薦めたくなる健康習慣は何ですか? 

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

『一人一様』の触れ合いがこころをゆさぶる『感動』を生み、シン(真・深・新)のファンを創る

(機関誌12号2001年12月) 頭で思うもの それは満足、こころで感じるもの それこそが感動!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

数値を忘れた理念は寝言、数値に関心を!

(機関誌141号2012年10月) 知らずしらずの内に白字社長、白字幹部、白字社員、に陥っていない

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

大局的な人生設計の中で、固定観念を振り払いお金の本質を見つめ直そう

(機関誌28号2003年4月) お金に真正面から向き合い、マネーストレスを軽くすることが前向き人生

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

プラスのイメージが、過去の思い込みを払拭する!

(機関誌72号2006年12月) あなたは「イメージのチカラ」を味方につけていますか? 1.こん

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

相互の声掛けで組織風土に変革を!

(機関誌111号2010年3月) あなたが普段おこなっている挨拶から、何が見えてきますか? 1.

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

時間効率=集中力×継続力 <愉しさ

(機関誌116号2010年8月) あなたにとって、“ストイック”という言葉のイメージはどの様なもの

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

原点に立ちかえり、目的を明確に

(機関誌40号2004年4月) “何のために”を常に問い続ける姿勢が、自らに変化を創る! 1.こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑