アクションプランだけでなく、ハビットプランを!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌120号2010年12月)
あなたにとって、わかってはいるが“できない・続かない・成果がでない”への歯止め策は?

1.こんな出来事が!

 年月の流れは速く、今年も終わろうとしている。加えて、今年の暮れは特別な節目の年かもしれない。意外と話題にはされていないが、21世紀の10分の1が今終わろうとしているのだ。新しい世紀の幕が落とされた10年前の2001年1月1日、皆様はいかなる想いで迎えられ、豊かに広がる未来をどの様に描いておられただろうか。

 たかが10年、されど10年。振り返ると、インターネットの普及をはじめとするIT社会の定着、政治の混迷、グローバル化の進展、ダイバーシティ(多様性)の深まりと格差社会の拡大・・・と世の中の変遷が数々想い浮かぶ。また、非正規社員の増大と派遣社員の雇い止め等雇用関係の変化、メンタルストレスの高まりをはじめとする職場環境・社会環境の移り変わり、というように次々と我々リーダーに関連する社会のうねりが見えてくるのではないだろうか。

2.私の想い

 せっかくの節目の年なので、この10年の出来事を一年一年追ってみた。政治経済の動きや様々な社会現象を辿っていくと、当時の自分自身や所属する組織での出来事や情景が浮かんできて興味深い。

小泉内閣発足、アメリカ同時多発テロ発生、長島監督勇退の2001年。

サッカーワールドカップ日韓共催、北朝鮮拉致被害者帰国の02年。

阪神タイガース18年ぶり優勝、新幹線品川駅開業の03年。

アテネオリンピック開催、中越地震発生、20年ぶりにお札が変わった04年。

愛知万博開催、JR福知山脱線事故発生、郵政民営化関連法案が成立した05年。

安倍内閣発足、ライブドア事件、村上ファンド事件、WBC(ワールドベースボールクラッシック)で日本が優勝した06年。

食品不祥事多発の07年。

リーマンショックによる世界同時不況、石油価格高騰、オバマ大統領当選、北京オリンピック開催、大河ドラマ「篤姫」人気の08年。

政権交代で鳩山内閣発足、新型インフルエンザ猛威の09年。

そしてGDP中国に抜かれ世界3位、ipad・スマートフォン人気、ドラッカーブームの2010年。

3.日々への影響

 私自身にとっても、この10年はとても想い出の多い有意義な年月であったのは間違いがない。中でも、21世紀の幕開けと共に毎月書きしたためてきたこのコラム(機関紙)が、10年120号を迎えることができた。

 当時は無精者であり飽きっぽい性分が見られた私(もちろん今も少しは残っている)。何があったから毎月コツコツと原稿を書くという行動が出来たのか、そしてそれをどうして継続が出来ているのか、今もって不思議に感じる面もある。

 しかし、こうして全120回の原稿を見ると、“積み重ね”というものの力は確かにすごいと感じる。そして、「まず、やってみる!毎月書いてみる!」という自分自身の決心。特に、出来るか出来ないかを考え過ぎずに、一歩を踏み出してみたこと(原稿を書き溜めしないと決めていたこともあり、筆が進まず苦労した時ももちろんあった)は大きな前進であった。

 さらに、皆様お一人おひとりの「読んでいるよ」「愉しみにしているよ」といった励ましや、寄せていただいた多くのメッセージの一つ一つから、元氣・勇氣・やる氣をさらに高め一歩ずつ書き進めることができたのは言うまでもない。また、原稿を丹念に読み、アドバイスや提案をもらった恩師・チームスタッフの支えがあったことも忘れることができない。

 自らの決心に周りの励ましと支えが継続を生み、一つの取り組みを育んだ様に感じる。

4.生活・志(仕)事の中での実践

 一般的に、組織内や社会に大きな影響を与える様になった事も、後から考えれば意外と、壮大な想いから始まったものではなく、やむにやまれずスタートしたものも多いと聞く。その小さな一歩が、周りからの支えや押し上げによる日々の実践から、結果大きく花開いていくのかもしれない。

 だからこそ成果を生むには、どんなに小さな一歩であろうともそれをまず決めることが大切だ。そして、この時に重要なのは、「毎○、□□□をやり続ける!」という習慣としての第一歩を同時に決めることである。やるという行動(アクションプラン)は決めていても、人は意外と定期的に繰り返しやり続ける習慣(ハビットプラン)を決めることを疎かにしているように想う。

 大きいが続かない一歩より、小さいが続く一歩。日常であり、毎日・毎週・毎月・毎四半期・毎年に違いを生み出すことが大切だと感じる素晴らしい年末のひと時であった。次の1年、これからの10年、明確なハビットプランを決め、人生と「志(仕)事」を愉しんでまいりましょう!

 あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「21世紀の10分の1が今終わろうとしている」
  • 「“積み重ね”の力は確かにすごい」
  • 「自らの決心に周りの励ましと支えが継続を生み、一つの取り組みを育んだ」
  • 「毎○、□□□をやり続ける!」
  • 「アクションプランだけでなく、ハビットプランを決める」
  • 「大きいが続かない一歩より、小さいが続く一歩」

6.自分を見つめる問いかけ

  1. あなたにとって、わかってはいるが“できない・続かない・成果がでない”への 歯止め策は何だと想われますか?
  2. あなたが、来年取り組まれる“小さいが続く一歩”は何でしょうか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

“遊び”で培われるワクワク感やリラックスが、人のこころに感動と集中を生む

(機関誌18号2002年6月) 小学生の頃の教訓をいかして、よく遊び、よく学んでみよう! 1.こ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自立型社員が育つ土壌づくりが、企業体力アップの決め手!

(機関誌51号2005年3月) あなたの会社にはどのタイプが多いですか? 1. こんな出来事が!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

集中力を強化すれば、時間は無限大!

(機関誌38号2004年2月) 一点に集中する姿勢が真のゆとりを生む 1.こんな出来事が!  

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人がかかりやすい3つのこころの病―― つもり病・ぐらい病・ぱなし病!!

(機関誌84号2007年12月) あなたは“こころの生活習慣病”にかかっていませんか? 1.こん

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

時間に関するストレスは、先読みすることで大きく軽減される!

(機関誌105号2009年9月) あなたは時間に追いかけられる人?時間を追いかける人?  1.

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

「一生懸命を力に! 力を成果に! 成果を豊かさに!」

(機関誌100号2009年4月) “五つの豊かさ(ファイブリッチ)”を育むには、何が大切だと感じて

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

何とかなるだろうではなく、一人ひとりの “(自分が)何とかする”という決心から!

(機関誌135号2012年4月) お金に関することで、先延ばしにしていることは何かないだろうか? 

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

リーダーの“健康習慣”への取り組みが、職場の集中力・判断力・行動力を高める!

(機関誌64号2006年4月) あなたの「健康序列」は、社内で何番目でしょうか? 1.こんな出来

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

ストレスを強く感じている時―それが自分を成長させるビッグチャンスだ!

(機関誌3号2001年3月) 緊張を愉しみストレスを活用する心の余裕は、ストレスのOnOff切り替

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

“し(知)っている”を、“している”へ!

(機関誌118号2010年10月) あなたは最近、こころが軽(かろ)やかですか?重く感じられますか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

PAGE TOP ↑