新入社員を迎える上司の基本姿勢は、まずは“自分に矢印を向ける”自分指導から!

Pocket

1.長時間かけて取り組んだ新人採用後、新人指導に想いや関心が向く

初夏7月、この時期に経営者や人事担当の方々と決まって交わす言葉がある。それは「今年の新人、その後いかがですか?」というものだ。4月に入社し研修期間を経て職場配属。その後、5月、6月と歩んだ合計3ヶ月の試用期間を終え、少し落ち着いてきた頃である。

ある人事担当者は「今年は例年に比べさらにいい人が採れ、職場でも張り切って前向きに取り組んでいる、という嬉しい反応が現場長から返ってきています」。またある経営者は「上司に認められ徐々に馴染んできている状況です。個人差が大きいですね。頑張っている新人もいますが、残念ながら本人の意としていたものと我々の意向が異なり退職した人も一人出ました。色々と想いがあり、やはり残念です。が、早い段階での決着ということで本人にも良かったのではないでしょうか。当社も切り替えて次の手が打てます」等という声。

──どの会社、どの経営者・担当者も、募集段階から実に永い期間、応募してくる学生と会社の未来を語り、交わってきておられる。現状や結果はどうであれその根底に流れる熱い想いは皆共通しているのだ。

2.新人が挨拶しない、元気がない、やる気がない、仕事が遅いでなく、自分指導

この様な中、一人の経営者の方と話をしていた時に、学生に対するあるチェックリストを見て、日頃の自分の至らなさを恥ずかしく感じるような場面があった。(このチェックリストのタイトルは、「だから学生は嫌われる20の理由」。慶應義塾大学の牧兼充先生が学生向けに作られたものである。※文末参照。)

私が感じ入ったのは、内容もさることながら、この一緒に話をしていた方が発した言葉であり、取られた態度だ。「この20項目を見て、学生ではなく私自身に当てはめたのです。すると、社会人として何十年も仕事をしている私にも当てはまるものがたくさんありました。学生がどうのこうの、ゆとり世代はどうのこうの、と言う前に自分達社会人がやることがある。新人が挨拶しない、元気がない、やる気がない、仕事が遅いという前に、先輩上司がやることがある。やはり今一度新人指導でなく自分指導をしないといけないと想い、これを活用しています」と言われたのである。

3.新人次第や相手次第ではなく、自分次第

この言葉であり、この行動を伺った時私は、何か頭をハンマーで打たれたような衝撃を感じた。だから“学生”は嫌われるではなく、だから上司が“自分”は嫌われる新人次第や相手次第ではなく、自分次第。新人に矢印を向けるのではなく、上司自身に矢印を向ける。新人の短所を指摘するのではなく、新人の長所を発見し肯定し褒める──等々。

頭では分かってはいるし、色々な人に伝えてきている。しかし、この経営者の方を前にして、それをやり切っているか、やり尽くしているか、という自問には「NO(いいえ)!」という返答しか出来なかったのである。

4.新人を迎える組織のリーダーは、矢印を自分に向け相手基準を徹底

特に、20項目目の「失敗の理由を分析せず自分でなく外部の責任にする」という投げ掛けがこころにずっしりと響いた。
矢印を相手や環境に向けることは簡単である。しかし、これを続けていても、自分の成長や自社の発展に結びつけることは当たり前だが出来ない。

組織のリーダーとして、自分を高め、磨き続けることは大切である。が、この磨き方が自分基準になっていないだろうか? やっているつもりになっていないだろうか? その自問と気づきを今回いただけた様に感じる。今からまた自らを、目の粗い強烈なヤスリの上に身を置き再度自分に矢印を向け相手基準を徹底していく──と、リ・スタートが切ることができたことに感謝したい。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.リーダーのあなたへの言葉

  • 「新人採用後、新人指導に想いや関心が向く」
  • 「学生ではなく上司である自分自身に当てはめたーだから上司が“自分”は嫌われる」
  • 「相手次第や環境次第ではなく、自分次第。新人に矢印を向けるのではなく、上司自身に矢印を向ける」
  • 「自らを目の粗い強烈なヤスリの上に身を置き、相手基準で自分を磨く」
  • 「リ・スタートを切ることが出来たことに感謝」

6.リーダーのあなたへの問い掛け

  1. あなたはゆとり教育世代の若者といかに関わっておられますか?
  2. あなたが「やっている“つもり”になっていないだろうか」、と思い当たることは何かありますか?

 

◆参照文献「だから学生は嫌われる20の理由」

 

(2019年3月9日リライト)

Pocket

関連記事

no image

人生はマラソン競技、仕事は駅伝競技!

(機関誌133号2012年2月) あなたはたすきを誰から受け、誰に何を伝えようとしていますか?

記事を読む

【事例に学ぶ】お客様との信頼関係構築は、意外なこの視点を大切にすること

1.「仕事は自分都合でなくお客様都合」の事例 少ないながらも共に働くメンバーが増え、少し広い事務所

記事を読む

no image

こころの底からの”実感”なくして、徹底した”実行”は生まれない

(機関誌6号2001年6月) しみじみ感じ「得心」したことは、その人の生き様そのものを変える 

記事を読む

経営者が自分の癖に歯止めをかける意味は何か、その投げかける言葉や名言 

1.経営者が自分自身の癖に歯止めをかける事例、その言葉や見えてきた意味の事例 先日主催させていただ

記事を読む

no image

ストレスは、あっていい!!

(機関誌76号2007年4月) あなたは、新しい出会いや取り組みを、「有益なストレス」として楽しん

記事を読む

no image

“し(知)っている”を、“している”へ!

(機関誌118号2010年10月) あなたは最近、こころが軽(かろ)やかですか?重く感じられますか

記事を読む

no image

アクションプランだけでなく、ハビットプランを!

(機関誌120号2010年12月) あなたにとって、わかってはいるが“できない・続かない・成果がで

記事を読む

目標を達成するには? どの様な人が、どの様な力で?【事例】

1.難聴の石井裕也投手が、プロ野球選手という目標を達成した事例 生まれもったハンディを、強い意志で

記事を読む

no image

足るを知るものは真に富む!

(機関誌106号2009年10月) あなたは稼いだお金を何に役立てていますか? 1. こんな出来

記事を読む

仕事での信頼関係の築き方 ~お客様とのご縁を深める、当たり前の徹底~

1.お客様との信頼関係の築き方【営業マンの事例】 ある会社の若手営業マン研修会での出来事だ。グルー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑