今年の夏の体調管理と暑さ対策は、栄養面からの取り組みも!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 事例体験から学びたい!

Pocket

(機関誌137号2012年6月)
リーダーとしてあなたが人に薦めたくなる健康習慣は何ですか? 

1.こんな出来事が!

ある経営者の方と、リーダーとしての体調管理について意見交換をしていた時のこと。私はこの方に「お仕事が食品関係とはいえ、実に様々な料理やお店をご存知ですね。日々情報発信されているフェイスブックの掲載写真を楽しみにしているのです。(中略) ところで、出張やお客様とのアルコールを伴った会食等、不規則で夜も遅く、太りやすい食事になりがちですよね。体調をキープされ、いつも溌剌(はつらつ)としておられる秘訣は何でしょうか?」と尋ねてみた。

するとこの経営者の方は、間髪入れずに、「朝のフルーツです!」と答えられたのである。「前日夜遅くに食べ過ぎた時は、翌日の朝食を抜くという話をよく聞きます。が、私は毎朝同じです。とるのは、ご飯でもなく、パンでもなく、フルーツだけです。お陰でこれを始めて以来、お腹周りも変わらず太りもしません。何より体調がいいのです」と。

私はこの方の経営に取り組む姿勢──何事も“やり切る姿勢”を常日頃から感じていたので、その瞬間、徹底されている姿がくっきりとイメージされた。

2.私の想い

この会話から、私自身がかねがね大切にしてきている、ある数字が頭に浮かんだのである。それは200という数だ。──あなたは、200という数値が付いたものでは、何が真っ先に出てくるだろうか?

200m走、200勝投手、200円のドリンク、200キロの高速スピード等々・・・。私が最近こだわっているのは、200gというものだ。ステーキや焼肉の重さ等ではもちろんない。

そう、成人一人が1日あたりに摂取することを推奨されているフルーツの量のことである。

“果物と健康”と聞いて、何を感じられるだろうか?「食後のフルーツは美味しいけれど、甘くて太るような気がする」「果糖が入っているので、糖尿病や生活習慣病にもあまりよくないイメージがある」「値段が高いし傷み易いので、なかなか食べていない」等々。

しかし、フルーツは各種のビタミンをはじめ、ミネラル、食物繊維等が豊富なだけでなく、健康維持や疾病予防に有効な成分が多数含まれ生活習慣病予防対策に効果的な食品である。

3.日々への影響

今回のことを通じて、以前も調べた調査を再度あたってみた。それは日本人がどれ位フルーツをとっているかというものだ。一人あたりの消費量でみると、先進国の中では低い159g/日であり、欧米平均254g/日やアメリカ304g/日と対比してもその違いがわかる。さらには、年代別で摂取量が最も低いのが、70g/日しか取っていない働き盛りの30代なのだ。これは中くらいのみかん1個にも満たない量である。(※巻末図参照。)

また、果糖は砂糖より、1.5倍程度甘みを強く感じるが、エネルギー量は同じ(4kcal/g)で、甘いからより高カロリーというものではない。甘いお菓子やケーキといったものが、バター等の脂質が多く含まれるためカロリーが高いのとは大きな違いだ。

4.生活・志(仕)事の中での実践

朝の果物は金」という言葉。誰もが一度は耳にしたことがあるだろう。しかし、この言葉を間違って解釈したり、徹底度が足りずに生かしきれていない人は多いのかもしれない。というのも、フルーツは、昼食や夕食の食後にとっていると本来の力を引き出しきれていないという。朝の時間帯での摂取だからこそ、効果が高いというのだ。(※1)

節電の夏に入り上着の着用も少なくなった上、スーパークールビズという言葉が聞かれる様に一段と軽装になり、体型も目立つようになってきた。この様な季節だからこそ、お腹周りも気にせず、軽やかで元気溌剌なリーダーでいたいものである。
健康管理で体調が整い、心身ともに活性化すれば、結果リーダーとしての集中力や判断力も高まってくるに違いない。

カロリー計算からでも、三食をバランスよくとることからでも、“朝フルーツ”からでもいい。自分にあった方法をみつけ、今年の夏、リーダーとしての健康習慣づくりをスタートしてみては如何だろうか。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

※1 午前は身体が消化作業を進めており、短時間で消化するフルーツは負担がなく腸内浄化に最適。かつフルーツに含まれる身体を活発にする酵素が、その他の食べ物を分解するために分泌されている胃酸等の影響を受けずに十分な吸収が進むという。

5.毎日の言葉

  • 「何事も“やり切る姿勢”」
  • 「推奨されている成人一人1日あたりのフルーツ摂取量200g」
  • 「朝の果物は金」
  • 「リーダーとしての健康習慣づくり」

6.自分を見つめる問いかけ

  1. リーダーとしてあなたが人に薦めたくなる健康習慣は何ですか?
  2. あなたはフルーツとどの様に関わっていますか?          

参照:FACTBOOK -果物と健康-(四訂版)内
「年齢階級別の果実類の1人1日当たり摂取量」と
「1人1日当たり果物消費量の国際比較」より抜粋
http://www.kudamono200.or.jp/booklet/pdf/factbook.pdf

Pocket

関連記事

パートナーシップ(相手との関係創り)は、自らの姿勢を正すことが第一歩

1.「人としてどうあるか」経営者として今一度考える 先日、尊敬するある経営者を埼玉県に訪れた。ひざ

記事を読む

病気が治らないのは、医師が病人に向かい合っていないから

1.病気を治そうとする医師の言動からの気付き 「そこの紙の筒をくわえて!」と、その医師は部屋に入る

記事を読む

no image

こころが打ち震えた瞬間、人は自然に動き出す!

(機関誌74号2007年2月) あなたは周囲の人のこころに、火をともす人でしょうか? 1.こんな

記事を読む

近江商人の三方よし経営に学ぶ、ウィンウィンの企業理念が商売繁盛を生む

1.「金儲け」と「商売」、どちらが商売繁盛を生むかという事例 先日、ある商工会議所の経営指導員の方

記事を読む

「着眼大局、着手小局」のことわざの大切さを実感する、経営者としてのお金観の確認

1.経営者のお金観の確認につながる、2つの数字【企業倒産と自己破産】 ある情報を調べている時、予想

記事を読む

no image

人がかかりやすい3つのこころの病―― つもり病・ぐらい病・ぱなし病!!

(機関誌84号2007年12月) あなたは“こころの生活習慣病”にかかっていませんか? 1.こん

記事を読む

経営者だからこそ考えたい本気

1.経営者が考える本気とは何か 先日、経営者のある集まりで、「本気とは何か?」という話題で盛り上が

記事を読む

no image

自分が自分に言い訳する時、歯止めを掛ける3つの“る”!

(機関誌140号2012年9月) 「忙しい」「難しい」「できない」・・・あなたの身近で聞く言葉は?

記事を読む

経営者から始める、かんしゃくの「く」の字を捨てて、ただ感謝!

1.経営者が率先してかんしゃくの「く」の字を捨てて、ただ感謝! 先日ある企業の社長を訪れた。現地・

記事を読む

上司が気を付けたい部下を育てるポイント

1.上司が心がけたい部下育成の軸 先日、ある講演会で熱心に耳を傾けておられた経営者から、次のような

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑