未来を信じ、今を生き切る! 

公開日: : 最終更新日:2013/11/28 事例体験から学びたい!

Pocket

(機関誌134号2012年3月)
あなたはこの一年で何が変わり、これからの一年で何を深めていきますか?

1.こんな出来事が!

あれから一年の時が刻まれた。たかが一年、されど一年。皆様はどの様な想いでこの日を迎え、どの様に過ごされただろうか。

3月11日。誰しもが忘れることのできない、そして今後も決して忘れてはならない日が巡ってきた。死者・行方不明者およそ2万人、避難者は未だ35万人(2012年3月11日現在、警察庁・復興庁発表)。

大きな揺れの後、沿岸部を襲った津波。続く停電、火災、社会的インフラの機能停止。その後も原発被害に対する遅れた対応や不透明さ、拡散の恐怖と闘う日々──。自然に対する人間の無力さや個人での力不足を改めて味わう毎日であった。

一方、全国から参加したボランティアの数は累計94万人を超えるという(※参照:「災害ボランティアセンターで受け付けた活動者」・全社協 被災地支援・災害ボランティア情報より)。“頑張ろう東北!頑張ろう日本!”の合言葉での復興活動。助け合い、絆を深め、一体(チーム)となった人間の強さや素晴らしさもそれ以上に実感した一年であったように想う。

2.私の想い

一年前を振り返ると、海外の方をはじめとして日本を脱出する人も大勢いた。しかし私自身は、歴史に残るこの瞬間に“生きた証し”として、是が非でも現地の今をこの目、この耳、この鼻と、五感を通じて感じたかった。被災地に住むお客様の状態も気がかりであった。そして、わずかでもいい、何かお役に立ちたいと願っていたのである。

福島第一原発は、自宅のある東京・西東京市から直線距離で約230km。年度始まり前後である4月の仕事の折り合いを何とかつけ、まずはお客様の情況を確認しよう、そして、何かお手伝いは出来ないか・・・と想いを巡らせ、被災地に向け自転車を走らせたのだ。

現地は、「時が解決する・・・」「時間が経てば・・・」という言葉が全く無意味に感じる位、とてつもない状況であった。その場に立ち尽くすしかできなかったことが昨日のことのように脳裏に浮かんでくる。

その後は、“今、自分に何ができるか”という言葉を常にこころに投げ掛け続けた。

そして私は、この一年、少しでも多くの人に、現地を見てボランティアをさせて頂いた中で感じたことを伝えるということで、取り組みを続けてきた様に想う。

  被災地(福島)にて

3.日々への影響

そして、一年目を迎えた先日。私は、日本が列強の支配下に堕ち、隣国の清の如く実質植民地化されかねない状態の中、国としての崩壊の危機を救ったあの坂本龍馬が眠る京都・東山の地を訪れたのである。

諸外国の脅威もさることながら、開国と攘夷、長州と薩摩等々からあふれ出る国難に対して、独自の思想と行動力から命を顧みず突き進んだ龍馬。船中八策を表し大政奉還を実現するも、そのわずか一ヶ月後、33歳の誕生日に暗殺された龍馬。彼が現代に生きていたら、何を想いどの様な策を表すだろうか。──私はその姿を前にただただ想いを巡らせたのである。

  坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓(左奥)と銅像 <京都市東山霊山>

4.生活・志(仕)事の中での実践

この京都からの帰り道、ふとこころに蘇ってきた言葉があった。それは、“宇宙に一撃を与えたい(I want to put a ding in the universe.)”という言葉。そう、コンピューターという“機械(モノ)”に躍動感あふれる命を吹き込み、音楽や映像を変え、世界中に数多くの喜びを創造したスティーブ・ジョブズ。彼の遺した私の大好きな言葉である。

──幸せで豊かな未来に想いをはせ、今を妥協なく生きた、龍馬とジョブズ。限りある人生で何を実現するのか、周りに何で覚えられたいと願っているのか・・・。社会と自分の繋がり(“何”で社会に貢献するのか)というものと、自分自身の八策の原点(何があるからその貢献をしたいか、いかに貢献するのか)を見つめ直す素晴らしい3.11となった。
たかが80年、されど80年(龍馬は33年、ジョブズは56年間しかなかったが)。時間は有限かもしれないが、想いは無限に広がるのだ(時間は有限、想いは無限!)。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉 

  • 「自然に対する人の無力さや個人での力不足」
  • 「助け合い、絆を深め、一体(チーム)となった人間の強さや素晴らしさ」
  • 「宇宙に一撃を与えたい(I want to put a ding in the universe.)」
  • 「幸せで豊かな未来に想いをはせ、今を妥協なく生きる」
  • 「時間は有限、想いは無限!」

6.自分を見つめる問いかけ

  1. あなたはこの一年で何が変わり、これからの一年で何を深めていかれますか?
  2.  あなたは〝何〟で社会に貢献しようと想われますか?
  3. あなたは何があるからその貢献をしたいのでしょうか、又、いかに貢献していかれるのでしょうか?
Pocket

関連記事

不慮のトラブルや事故も、実は自分がその種を撒いている!

1.運転適性診断の受験機会を通して、自分自身を見つめなおした事例 先日、自動車の運転適性診断(主催

記事を読む

no image

何とかなるだろうではなく、一人ひとりの “(自分が)何とかする”という決心から!

(機関誌135号2012年4月) お金に関することで、先延ばしにしていることは何かないだろうか? 

記事を読む

no image

基本をあたまに、習慣をこころに!

(機関誌42号2004年6月) 怖いのは、我流と非継続 1.こんな出来事が!  先日、大切にし

記事を読む

上司が気を付けたい部下を育てるポイント

1.上司が心がけたい部下育成の軸 先日、ある講演会で熱心に耳を傾けておられた経営者から、次のような

記事を読む

初任給の使い道は、両親にプレゼント、それとも手紙?【経営者のお金に関する考え方と一言】

1.初任給で両親にプレゼントをしようと思うも大失敗 春4月、各社に伺うと、新入社員の初々しい姿を目

記事を読む

数字に弱いとは? 克服するには経営者自らの、お金や数字への価値観を変えよう!

1.経営者のお金の価値観や、数字でのものの見方・考え方の違い ある出版社の方と、お会いする機会が増

記事を読む

no image

リーダーの“健康習慣”への取り組みが、職場の集中力・判断力・行動力を高める!

(機関誌64号2006年4月) あなたの「健康序列」は、社内で何番目でしょうか? 1.こんな出来

記事を読む

部下育成の4つのポイント、育つ・育てる・育成する・育む!

1.部下育成のポイントを農家の方から学ぶ【事例】 先日、農家の方々と膝を交えて話す機会を得た。お米

記事を読む

豊かさとは何か?~リーダーと共に気付き考える~

1. 名言「百里の道も一足から」を体験した事例 これまで毎月書き進めてきた弊社の機関誌が、第100

記事を読む

no image

現状打開の斬新なアイデア――それは視点を変えることから生まれる!

(機関誌62号2006年2月) あなたはリーダーとして行き詰った時、どのようなことに取り組みますか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑