【健康経営】リーダー一人の健康管理が、関わる千人の幸せ管理!

Pocket

1.こんな出来事が!

先日、ある経営者の方と話をしていて痛切に感じたことがあった。それは、健康をマネジメントする自らの姿勢の甘さについてだ。その方は早々とインフルエンザの予防接種を受けられており、さらにその想いを私に伝えて下さったのである。

「年末年始を控え私が倒れると、数百名の社員、その家族、お取引先、協力業者と、凄まじいばかりの人々に影響を与えてしまう。組織のリーダーとして、健康管理は一個人のことではなく、組織全体に関わることだ。リーダーの責任という意味から言えば、その組織を存続させる上で業績管理や人事管理も大事だが、健康管理が意外と盲点であり本腰を入れていないリーダーが多いのではないか! 」と力説されたのだ。

2.私の想い

この熱い想いに触れた私は、その落差(ギャップ)をしみじみと感じたのである。これまでの私はといえば「ここ何年もインフルエンザや風邪で寝込んだことがないから、大丈夫」「忙しいから、なかなか予防接種に行けない」「自転車等スポーツもして免疫力が高まっているから、いいや」「人間ドックは半年に1回受けているから」等々、自分勝手な口実をもとに後回し。これまで病気を予防する取り組みを怠ってきた自分の姿がくっきりと浮かび上がった瞬間であった。

“病気を未然に防止する”という考えは、組織のリーダーとしてリスクマネジメントの視点からも大切なポイントであることは言うまでもない。病気が起こった時に対処する、キュア(cure、治療)よりも、先手を打ったケア(care、配慮)を重視していくことはより効果的であるのを知りながら、取り組めていない己の甘さを恥じたのである。

3.日々への影響

早速、インフルエンザの予防接種に初めて行くとともに、ある想いを巡らせてみた。それは、今、予防医学として自分が取り組むことは何か? 自分にとって健康上の最大のリスクは何か? というものである。

そこから見えてきたのは、現代の高ストレス社会において、まだまだ私自身はタイプA行動パターン(後述)的な面が多く、色々と発散しているとは言え、高ストレス人間になっているという現実だ。

ご存知の通り、このタイプA行動パターンとは、アメリカの循環器科医師のフリードマンとローゼンマンによって警笛が鳴らされた、心臓疾患になりやすい特徴的な行動パターンのことである。具体的には、①目標達成意欲が高く、まだまだと決して満足しない ②常に何かと戦い、競争心・攻撃性が高い ③いつも時間や締め切りに追われ、せっかちで、もっと早くもっと多くと速度や処理量を常に高めようとする(早口・早足・早食い)等々。(タイプAは、産業革命以降の西欧型の物質文明に起因していると言われている。質ではなく単なる量や数でしか物事を見ず満足できなくなった時、このタイプが増えるようだ。事実、物質文明花盛りの中国において昨今急激に増えているという。)

日々ストレスやプレッシャーを発散するだけでなく、いい意味でそれをも味方につけるのだ、と想いつつ、ストレスコントロールが不充分である自分に今さらながらに気が付いた。

4.生活・志(仕)事の中での実践

ますます複雑化・高度化する社会ではあるが、今回の3.11によって、人間本来の幸せは何であるのかという価値観が原点回帰した様に強く感じる。決して物質的なものではなく、生を受け健康で生きていることの喜びや大切さ、家族や仲間との絆等々、人として真に幸せを実感できるものは何かに気付いた様に想う。常に気を張り、何かと戦い、早く、たくさん、を求め続けるのではなく、その根底にある、人としての源を見つめる機会でもあったのだ。

今回、リーダー一人の健康管理が、関わる千人の幸せ管理、であることを痛感した出来事をきっかけに多くの気付きを頂いたと感じる。そして我々リーダーが幸せへの価値観を大きくシフト(転換)していく必要性が高まってきているのは言うまでもないだろう。それが人としての、本当の幸せへの第一歩なのだから。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「健康管理は一個人のことではなく、組織全体に関わること」
  • 「キュア(cure、治療)よりも、先手を打ったケア(care、配慮)」
  • 「高ストレス社会において、高ストレス人間になっていないか」
  • 「心臓疾患になりやすい特徴的な行動パターン、タイプA行動パターン」
  • 「生を受け健康で生きていることの喜びや大切さ、家族や仲間との絆等々、人として真に幸せを実感できるものは何か」

6.自分を見つめる問いかけ

  1. 予防医学の考えで、あなたが定期的に取り組んでいることは何でしょうか?
  2.  ご自身にとって、健康上の最大のリスクは何だと想われますか?

 

<健康経営、関連コラム>

健康経営の取り組みは中小企業こそ、人材採用の武器!~自社イメージアップやブランディングづくりに~

 

Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

“第二の心臓”と呼ばれるふくらはぎで、健康力を引き上げる!

(機関誌142号2012年11月) あなたが今年、年初に掲げた健康管理の目標はどのようになりました

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

周りを責めるリーダーから、周りに迫るリーダーへ!

(機関誌114号2010年6月) あなたは相手(部下・後輩・子供等)に何点を求めていますか? 1

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

愛情と信頼をベースにした厳しい関わりが、互いの真の成長とこころの豊かさ生む

(機関誌10号2001年10月) やり方・テクニックではなく、相手への「あり方」そのものが問われる

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

こころの底からの”実感”なくして、徹底した”実行”は生まれない

(機関誌6号2001年6月) しみじみ感じ「得心」したことは、その人の生き様そのものを変える 

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人生の180度転換は、”自分次第”

(機関誌39号2004年3月) 矢印を内に向ける人、外に向ける人 1.こんな出来事が!  先日

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

ストレスは、あっていい!!

(機関誌76号2007年4月) あなたは、新しい出会いや取り組みを、「有益なストレス」として楽しん

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自らに変化・成果・進化を生み出す原動力!

(機関誌102号2009年6月) 周りからの忠告や諫言を活かしていますか? 1. こんな出来事が

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自分への意味のないこだわりを最小にすることが、自分の殻を打破する最大のカギ

(機関誌5号2001年5月) 新たな出会いの数とその関係の深まり度が、自分の成長のバロメーターだ!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

最高の結果を求める人に--品質(出来栄え)は、自らの態度(姿勢)から!

(機関誌73号2007年1月) あなたはどのような態度で、日々仕事や生活にとり組んでいますか?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

「人生は有限、ロマンは無限」

(機関誌1号2001年1月) 人に宣言することが集中力と確かな実行を生み、自らの確認が前進と成果を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパ

部下との信頼関係を計る、1つのモノサシは実はこれでは?#5

部下との信頼関係を深めたいと思う、リーダーは多いのではないでしょうか。

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょう

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではない

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑