時間はあるあるある!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 事例体験から学びたい!

Pocket

(機関誌98号2009年2月)
厳しい時代こそチャンス! あなたは、時間貧乏? 時間裕福?

1. こんな出来事が!

 最近、ビジネスの現場を歩いていると度々「これから“どうなります”かねぇ」「他も“やはり”厳しいですか(不景気ですか)?」と訊かれる。
しかしこれは、永いお付き合いの方よりも、初めてお会いした方から投げ掛けられることが多い。

 対照的に、私に次の様な質問をする組織のリーダーもおられる「(暇なので)他社では“どうしています(何をやっています)”?」
というものだ。言葉を続けてこのリーダーは「わが社では、受注量が減って確かに厳しい面があります。が、その分、時間が有り余る程あるので、日頃はじっくりと手をつけられなかったことに昨年末から着手したのです。それがようやく軌道にのってきました。それは、人財育成と、マニュアル整備・システム構築等のしくみづくりです。『変に浮き足立ってしまうことのない様にしよう!中長期的な視野から浮かびあがるテーマを整備し、それを高める最大のチャンスの到来だ!』とメンバーには伝えています」というものだ。

2. 私の想い

 一方のリーダーは、「どうなるか?」という視点、他方は「どうするか!」という視点。そして何より、時間が有り余る程あることを、最大のチャンスとして捉えている。これでは、結果に自ずと大きな差が出るのは当たり前である。

 世界は全く異なるが、尊敬する人物のある詩が思い浮かんだ。「『タオル取ってちょうだい』 『おーい』と答える夫がある。『ハーイ』という娘がおる。短いけれど指のない 丸い強い手もある。ある ある ある みんなある。」(一部抜粋:こころの手足)

 この詩は、三重苦のヘレンケラーをして、「私より不幸な、そして偉大な人」と賞賛するに至った中村久子女史の命の言葉である。
3歳の時に凍傷がもとで両手両足を失い、7歳で父、その後弟も亡くす。見世物小屋に売られ、だるま娘の看板で生活をしのぐ。しかし人生に絶望なし」という強い信念のもと、72歳まで波乱万丈の人生を実に堂々と生き抜かれた方だ。

3. 日々への影響

 中村久子女史の著書を手に取ってみるたびに、自分の恵まれた環境に改めて感謝の念が沸く。そして、日頃「忙しいから」と自分に言い訳をしている姿もくっきりと浮かびあがるのだ。

 「忙しいから、何もできない」という口癖を使ってきた人は、逆に言えば、「暇だからこそ、何かできる」という素晴らしい時代の追い風が吹いているように想う。

 要は、時間の不足を(傍観者的に考え)嘆くのか、時間が(タップリと)あることを行動で活かそうとするのか—というスタンスの違いだ。時間は、ある!ある!ある!

4.生活・志(仕)事の中での実践

 今回、どうなる/どうするの一文字の違いから、色々な気付きを得た。
  1.他力本願/自力本願の違い
  2.真のリーダーとは、言い訳をしない
  3.ピンチをチャンスに変える着想
等々。

 今の厳しい時代だからこそ、時間という最大の資産を、冒頭のリーダーの様にいつにも増して活用する!と、こころに決めるのが効果的だと強く感じる。

 時間は、万人に等しく二十四時間と平等に与えられたものであり、拡大再生産の効かないもの。だからこそ、そのスタンスや創意工夫の違いで、格差が半端なく生まれるものだ。

 あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「どうなるか? /どうするか!の視点の違い(他力本願/自力本願)」
  • 「ある ある ある みんなある」
  • 「人生に絶望なし」
  • 「忙しいから、何もできない ⇔ 暇だからこそ、何かできる」
  • 「時間は、万人に平等に与えられ、拡大再生産の効かないもの」
  • 「だからこそ、そのスタンスや創意工夫の違いで、格差が生まれる」

6.自分を見つめる問いかけ

  1. 今のこの時代、あなたは、時間貧乏? 時間裕福?
  2. あなたは自力本願で言い訳をせず、今は時間があるというチャンスをどの様に活かしておられますか?
Pocket

関連記事

豊かさとは何か?~リーダーと共に気付き考える~

1. 名言「百里の道も一足から」を体験した事例 これまで毎月書き進めてきた弊社の機関誌が、第100

記事を読む

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回るわぁ・・・」、キツネにつまま

記事を読む

no image

“こころの腕組み”を解きほどこう! 

(機関誌129号2011年10月) あなたは子供の頃の“小さな胸に感じた、大きな感動”を蘇らせてい

記事を読む

no image

多くを実行しようと頑張り、どれもが中途半端になっていませんか?

(機関誌33号2003年9月) 優先度の低いことはやらないという勇気ある決断が、成果を確実にする!

記事を読む

no image

こころが打ち震えた瞬間、人は自然に動き出す!

(機関誌74号2007年2月) あなたは周囲の人のこころに、火をともす人でしょうか? 1.こんな

記事を読む

新入社員を迎える上司の基本姿勢は、まずは“自分に矢印を向ける”自分指導から!

1.長時間かけて取り組んだ新人採用後、新人指導に想いや関心が向く 初夏7月、この時期に経営者や人事

記事を読む

ビジネスの数字感覚を養うには、数値を習うより日常生活で数値に慣れよ!

1.自分の数字感覚を知るには、まず日常が感覚的か数字的か 挨拶一つをとってみても気付くことがある。

記事を読む

no image

経営者自らの健康へのとり組みが、リスクマネジメント体質を創る!

(機関誌48号2004年12月) 企業にとって一番大切なものは何か? 1.こんな出来事が!  

記事を読む

no image

アクションプランだけでなく、ハビットプランを!

(機関誌120号2010年12月) あなたにとって、わかってはいるが“できない・続かない・成果がで

記事を読む

数字に弱いとは? 克服するには経営者自らの、お金や数字への価値観を変えよう!

1.経営者のお金の価値観や、数字でのものの見方・考え方の違い ある出版社の方と、お会いする機会が増

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑