後継者インタビュー

社長の身近でもっとお手伝いがしたい!(前編)

中部ホリー販売株式会社 代表取締役 三浦寛司氏(43歳 仮設足場施工レンタル業)

http://www.c-hory.co.jp/

1.人生と事業が大きく動く前の状況

 家内の父でもあり、私に目をかけてくれた先代社長。

その慕っていた先代が、私が入社してわずか1年半で亡くなったのです。

不治の病であることは知らされていましたが、「こんなに短い期間でバトンタッチとは・・・」。自分の心構えが、いかに甘かったのかを思いしらされました。

右も左もまだわからない私が、思いもかけない状況下でカリスマ社長の後を託されたリーダーとして経営の世界に踏み出す状況になったのです。

もちろん「いつかは自分が!」という覚悟で臨んでいましたが、他業界から来たということもあり不安だらけのスタートでした。

資金のやり繰りや、人材や職人の離職、組織の動揺等、乗り越えなければいけない課題が次々と迫ってきました。

当時を振り返ると、決断の遅れや判断ミスから窮地に追い込まれる様な場面も経験しました。

何とか先代に報いたい、支えてくれたお客様や社員、職人さん、そして家族・親戚への恩返しを少しでもしたいという一心で歩み続けていた私でした。

2.経営者・リーダーとして、こころにしみたあの言葉

 そのような私が、大きな転機を迎えたのは、ある幹部の一言でした。

社長の身近でもっとお手伝いがしたい!現場のまとめ役だけでなく、経営面でお役にたてれば!」と、若くして活躍していたある支店長が私に話してくれました。

こちらからもち掛けた話とはいえ、予想をはるかに上回る熱い想いで応えてくれる姿にただただ感動したのです。(その後、総務課長として活躍中。全社(経営)的に大きな貢献をしてくれています)

3.人生・事業で何がシフト(転換)したか

 振り返ると、この言葉と出会うまでの私は、ある面自分自身を認めていなかったのかもしれません。 

ただただ黙々と努力してきただけで「リーダーとしてまだまだダメだ!」と自分の全てを否定し続けていた節がありました。

それが、この支店長の一言で、「経営者として、期待されているんだ。それに応えなければ」という想いが広がったのです。

この出来事が原点となり、「CS(お施主様・工務店様の満足)と、ES(社員満足・職人さん満足)の両立! 共に繁栄しよう!」という社風が育まれ、「繁栄のスパイラル(うず)」を力強く進める企業へと一歩進化したのです。

4.水野が直接お聴きして感じたこと

人が「やる気」をもち続けるために、

  1. 自分自身や周りに対するこころの底から「認める」
  2. 支えてくれる周りの人への「感謝・恩返し」
  3. 腹をわった対話(コミュニケーション)を実行すること

が大切であると、実感する素晴らしいご体験談でありました。

-後継者インタビュー

Copyright© e-経営者.com , 2019 All Rights Reserved.