「 経営者のための読書実践【書評】 」 一覧

なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン! それを手がけた一人の日本人の熱い想い! これだけでも私はそそられてしまいました。(笑)   オーラを発し、人を自

続きを見る

経営者のための読書実践【書評】

経営感覚を磨くには?に応えるこの3冊

こんにちは! 水野です。 しばらく間が空きましたが、経営者に関する書籍の情報を発信させていただきます。 今回は、次の様なお困りを寄せていただいた方に向けたご提案です。 それは、 「経営

続きを見る

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

組織が機能するには、ドラッカーに学び まずはここから!!

リーダーとして、組織力が発揮される様願っている方は多い。 しかし、その組織力をいかに引き出すのか、現場で苦心をしているというのが どのリーダーでも共通のものではないだろうか。 先日、実施

続きを見る

財務諸表を別角度から見つめるある提案

財務諸表と聞いて、どの様なイメージが膨らむでしょう? 得意/苦手、さらには面白い/嫌い等々 我々、経営者や組織のリーダーにとって決算書、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー等々、 どれも

続きを見る

成果を出しているリーダーと出せていないリーダーとの違い(「トヨタの口ぐせ」に学ぶ)

誰しも他人と自分の違いに気付かないと、行動を変えようとは想いません。 強い現場力をもつトヨタでは、 上司と部下ではどの様なコミュニケーションが行われているのか? その現場の口ぐせにフォー

続きを見る

新しい一年を深く感じるにはこの1冊から「コトラーのマーケティング3.0」

マーケティング。 ビジネスリーダーであれば、誰でも知っている言葉。 しかし、その本質をつかみ、行動ができているかというと、はなはだこころもとない。 日経新聞「私の履歴書」で昨年末、連載で登場

続きを見る

対人関係で疲れた時にこの1冊(「ゆるしの法則」)

リーダーである以上、人との関係で悩み苦しむことはあります。 そんな時あなただったら、どの様な本を手に取りますか? Dカーネギ-やジョングレイの著作や、お気に入りの小説、座右の書等でしょうか。

続きを見る

上司にとってのこの1冊(「上司のための心理学」)

たかが本、されど本。あなたにとって本は身近でしょうか? 本が嫌い、本を読まないというリーダーもいます。 逆に、この1冊で自分が変わったと言えるリーダーがいることも、また事実です。 部下へ

続きを見る

村上春樹氏「走ることについて語るときに僕の語ること」に学ぶ創造性の源

春樹さんといって想い浮かぶことは何でしょう? 作家、1Q84、ノルウェイの森、ノーベル文学賞(候補)… 私にとっては……マラソン30回以上の完走者であり、 サロマ湖100km・トライアス

続きを見る

稲盛和夫氏からダニエル・ピンクまで!水野がご紹介させて頂いた書籍ご案内!

こんにちは。 フューチャサポートのスタッフ落合です。 読書の秋も後半戦。 この秋、皆様はどの様な本を読み、深めてこられましたでしょうか? さて、水野がブログをはじめたきっかけのひとつに

続きを見る

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」後半

リーダーとしての力強いメッセージを伝え、組織力を高めたい。その様な時、

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」前半

顧客へのプレゼンテーション、毎月の会議、毎年の経営方針発表会。われわれ

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その3「なぜ」

部下や後輩から出てくる、言い訳。実は、われわれ後継者・次世代幹部が、部

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その2「クレーム」

われわれ後継者・次世代幹部にとって、ドキッとする言葉に「クレーム」があ

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その1「問題」

後継者・次世代幹部として、会議やミーティングを主宰したり、参画されるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑