仕事は“人望”の総決算!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌108号2009年12月)
“あるがまま”でお客様や部下と向き合っているだろうか?

1.こんな出来事が!

 この秋から年末にかけて、複数の会社から立て続けに同じ様な主旨でリピート研修のご依頼をいただいた。「時間があるこの時期にこそ以前の研修で学んだ基本を見直し、しっかりと身体に定着させたい。そして、忙しくなった時に備え他社との差をつけておきたい」というものだ。中でもモノが売れないこの厳しい時代を反映してか、業務や配送担当等といった非営業部門の人材を含めた営業の実践力強化のための研修が多い。

 その様な中、ある会社での研修は“全員が営業パーソン”というスローガンのもととにかく顧客訪問・顧客接点という“量”をアップする取り組みをしてきた。

 そして今回はこれまでの研修を活かしつつも、お客様からご用命を多くいただき業績貢献できる営業マインド溢れる人材として、“質”の充実を意図とした内容で取り組みをすることになった。

2.私の想い

 研修初日は、実践力強化の意味合いからロールプレイング(役割演習)中心で進行した。すると早速、現場の風景やお客様に挑む営業人材の一挙手一投足が、目に痛いほど飛び込んできた。“先ずやってみる!”という考えのもと営業パーソン役・顧客役に分かれ実践を披露する中で、現時点での営業人材の強みと弱み(伸びしろ)が通常よりも際立った感覚で、浮き彫りになって見えてきたのだ。

 この会社の営業人材の強みは真摯で真面目である点。弱みはその裏返しで、忠実かつ堅実であるが故に、単刀直入にいきなり物を売り込んでおられる点。その場でのお客様の気持ちを考えたり汲み取ったりせず、ただ商品をご案内しているという面が見られ、損をしているところがあると強く感じた。──私はその強みと弱みを深く感じ取り、さらに研修を進めていった。

3.日々への影響

 営業の世界でよく言われる言葉に「商品を売る前に会社を売れ!会社を売る前に自分を売れ!」というものがある。参加者の方お一人おひとりも、「頭ではわかってはいるけれど、行動でやり切れない」というもどかしさが研修当初はあった。

 しかし研修が進むにつれ、自分を売る──つまり、営業パーソンとして大切な“自分を買っていただく”という考え方や実践トークが、お客様との真の信頼関係を構築し、価格競争に巻き込まれずに長期的な販売量増加や新規開拓に結びつくことを、参加者の皆さんは自然と感じ取っていかれた。商品の良さにはこだわりつつも、商品だけに頼らず人間力で差別化・差異化を図る営業人材としての誇りと愉しみまでも、以前に増して身に付けられた様に強く感じたのである。

4.志(仕)事での実践

 人は、相手と話す時に何かの考えや自分の想いをもって向かい合っている場合が多いのかもしれない。営業人材であれば、「お客様にこちらを提案しよう!」「この話を伝えよう!」と。

 これは、よく言えば目的や意図をもっている、ということになる。しかし、悪く言えばお客様に対しての下心や何かを操作しようという面がある、といえないだろうか。お客様側から見ればそれらが透けて見えてしまっている場合があるかもしれない。現場に立っている時、自分自身に意識が行き過ぎて、肝心要のお客様への意識はどの程度あるだろうか。固定概念をとり除き、あるがままの素直な心でお客様と向き合うことが大切だと想う。

 ──リーダーとして部下に相対する時なども同じである。大事な相手の気持ちを感じることや相手の今を聴くことがおざなりになり、不自然さやぎこちなさ、行き違いを生んでいる点はないだろうか。とらわれのないまっさらな心で向き合うことが人間関係を豊かにするように想うのだ。

 今回の研修での取り組みを通じて、経営の神様・松下幸之助氏が人と向かい合う時のポイントとして強く言われていた「素直な心で」「あるがままに(とらわれをなくす)」ということの大切さが実践を通して深まったように想う。仕事の成果は、人脈という単なる数や量的なものだけではなく、人との質的な深まりや充実が重要なのだから――仕事は“人望”の総決算!

 あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「先ずやってみる」
  • 「商品を売る前に会社を売れ!会社を売る前に自分を売れ!」
  • 「自分を買っていただく」
  • 「人間力で差別化・差異化を図る営業人材としての誇りと愉しみ」
  • 「相手と話す時に何かの考えや自分の想いをもって向かい合っている」

6.自分を見つめる問いかけ

  1. あなたは“あるがまま”でお客様や部下と向き合っておられますか?
  2. あなたは自らのファンや人望を高め増やすために、何に取り組んでおられますか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

“遊び”で培われるワクワク感やリラックスが、人のこころに感動と集中を生む

(機関誌18号2002年6月) 小学生の頃の教訓をいかして、よく遊び、よく学んでみよう! 1.こ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

健康・若さに限界なし――限界を決めているのは自らの弱いこころだ!

(機関誌83号2007年11月) 貴方にとって、生涯スポーツは身近でしょうか? 1.こんな出来事

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

いまを大切にする姿勢 ─ それが、こころに真のゆとりを生む!!

(機関誌20号2002年8月) 子供の集中力に学ぶ時間貧乏脱出のヒント 1.こんな出来事が!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

言葉が人のこころを動かし、人生を変える

(機関誌43号2004年7月) 言葉には魂がやどる 1.こんな出来事が!  先日、二ヶ月ぶりに

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

不慮の事故やトラブルも、実は自分がその種を撒いている!

(機関誌36号2003年12月) 健康を損なう時 ─ それは病気だけが引き金とは限らない 1.こ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

変革を生み出すリーダーとして、ヤメルことに勇気を! 

(機関誌143号2012年12月) =あなたは組織のメンバーから、リーダーとして選出されますか?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

苦しい時こそ、人生の上り坂だ!

(機関誌8号2001年8月) つづら折れの人生の道を、着実に駆け上がるために、アクセルとブレーキの

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

『ほんまもん(本物)』が、生まれ育(はぐく)まれる原点は何か

(機関誌11号2001年11月) 社会や周りが求めるものの実現を熱く願う姿勢の重要性 1.こんな

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

意志は固く、頭は柔らかく

(機関誌16号2002年4月) 新しい生活や仕事での成功には、全てを受け入れる柔軟性が求められる!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

即行が即効を生む!

(機関誌77号2007年5月) あなたは、グズグズになりがちな人? それともサッサッと進める人?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパ

部下との信頼関係を計る、1つのモノサシは実はこれでは?#5

部下との信頼関係を深めたいと思う、リーダーは多いのではないでしょうか。

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょう

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではない

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑