リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

Pocket

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を創るだけではない。我々リーダーにとって重要な意味があるのである。この本と出会って、粋なリーダーとは? 魅力あふれるリーダーとは? このテーマを深めるには、食は切っても切れないという感覚が宿った。食摩、谷崎潤一郎の生き様を、一緒に学び行動をしたい!

1.『その食い意地、芸術的なり!』

先ずは、この書籍の帯の文字、、、タイトルが衝撃的だ。
坂本葵著『食魔 谷崎潤一郎』のキャッチコピーになる。

2.「何を食べているかで、その人がわかる」

どんなものを食べているか言ってみたまえ。君がどんな人であるかを言いあててみせよう」とは、『美味礼讃』(1825)の著者、ブリア=サヴァランの有名な格言だ。

この書き出しから本は始まるが、衣食住の中で、どれを最優先とするのかは人それぞれ。
谷崎の場合、「食」が最高優先順位を誇っていたらしく、谷崎の著書の中には、たびたび食事シーンが登場する。
それは、自分が実際通っていたお店や、食べていた好物が中心に描かれている。その食への執着心は異常ともいえるほどだ。

食べ物の視覚的な表現から始まり、音、触感、温度の表現。そしてやっと口にいれ、飲み込んだ後の表現まで。その一つひとつの過程が、スローモーションで実際に見ているかの様な錯覚に陥るくらい絶妙な表現で描かれていく。

こんな谷崎の表現の魔法により、「食事」という行為が、ただならぬこだわりを感じる芸術へと昇華され、「その食い意地、芸術的なり!」のキャッチコピーへと繋がっていく。

3.〇文化・〇〇文化、それぞれ何が浮かぶか

現代ではファストフードでスマホ片手に、食べているものさえ見ないで食事をする若者も多い。(私も忙しさにかまけて食事ではなく、餌?になっている時はないか強く戒めを感じた)今の時代、食文化も多種多様になっていると想う。
「何を食べているかで、その人がわかる」ということは、高級なお店で食事をしている人が優れた人物だ、ということではもちろんない。

谷崎ほどでなくていいのかもしれないが、食べているものに興味をこれまで以上にもち、さらにはこだわりを持てるようになる。すると、今まで気にも留めていなかったようなことにも、こだわりが現れ、どんどん引き出しが増えていき、結果魅力的な人間になっていく、ということではないだろうか?一番身近である食を通じて、個人文化を見つめなおすいい機会になったと想う。食文化が日本文化を代表するのと同じように、食文化は個人文化を如実に語るものなのかもしれない。スタッフとの語らいや、この本、さらには谷崎潤一郎と触れ合えたことに感謝。

4.谷崎潤一郎が愛した名店に触れ、食空間を愉しもう!

この本に出てくる、谷崎が足しげく通ったお店。さあ、歩みだそう。食文化の道、自分文化の道へ

たん熊北店(京料理
(京都、東京にも店舗あり)

瓢亭(京都・高級懐石料理)

いづう(京都・鯖寿司)

鳥居本(京都・祇園料理)

銀閣寺 山月(京都・京料理仕出し)

本店浜策(銀座・割烹料理屋)

 

気づきと行動が深まる、あなたへの問い掛け

  1. ふと眺めてみると、日頃の自分の食事はどの様なものでしょうか?
  2. 自分があこがれをもちモデルとなるリーダーは、何を日頃から食べていますか? どのお店に足を運んでいますか?
Pocket

関連記事

『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

松下幸之助が惚れた男―評伝 高橋荒太郎 posted with ヨメレバ

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

「海賊とよばれた男」で感じる、自らの(事業の・仕事の)スタンス

海賊とよばれた男 下 posted with ヨメレバ 百田 尚樹 講談

記事を読む

新しい一年を深く感じるにはこの1冊から「コトラーのマーケティング3.0」

マーケティング。 ビジネスリーダーであれば、誰でも知っている言葉。 しかし、その本質をつかみ

記事を読む

村上春樹氏「走ることについて語るときに僕の語ること」に学ぶ創造性の源

春樹さんといって想い浮かぶことは何でしょう? 作家、1Q84、ノルウェイの森、ノーベル文学賞(

記事を読む

書籍「エスキモーに氷を売る」に学ぶ、革新の進め方

この書籍の副題は、魅力のない商品を、いかにセールスするか。 ただ、この本はセールス本として読む

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

『マネーの公理』でお金との付き合い方に気付く!

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール posted with ヨメレ

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <2>

ビジネスを快適にするギア! ここに興味を惹かれる方をとりこにする ハーマンミラー社のアーロンチェ

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <1>

皆さん、こんにちは 水野です。 今日は、ある後継者の方との書籍についての対話から、 改めて深

記事を読む

経営者として、今、あなたが読む本がわかります

水野の書評ブログをスタートいたします この度21世紀の幕開けと同時にスタートしてまいりました紙

記事を読む

稲盛和夫氏からダニエル・ピンクまで!水野がご紹介させて頂いた書籍ご案内!

こんにちは。 フューチャサポートのスタッフ落合です。 読書の秋も後半戦。 この秋、皆様はど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑