探し物だけではなく“探し事”に歯止めを!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌110号2010年2月)
あなたは何を探している時が多いですか?

1.こんな出来事が!

 先日、メディア等にも出演しておられる、ある業界のリーダーのお話を数人で直接伺う機会を得た。その中で、話が専門分野のことから少し逸れ“時間の無駄づかい”に関する話題になった時、興味深いことに気付かせていただいたのである。

 その方は「皆さんは探し物をすることは多いですか? 探し物をしている時には、どの様なことを言いながら物を探していますか?」という問い掛けをされた。そして「きっと、探し物が多い人は、『ない!ない!』と言いながら、物を探しているでしょう!」と続けられたのである。まさに、旧知の友のように私の日常を図星で言い当てられたのだ。

 職場や日常生活の中でも、整理整頓が苦手で探し物が多い人はたびたび目にする。そういった人でも実は時間を大切にしようと想っており、自分の行動や思考回路の何が効果的でないのかわからず、ただ物を探すことに時間を浪費してしまっているだけなのかもしれない。

2.私の想い

 この後、探し物への対応策を話されたのだが、まさに我が意を得たり!と想う言葉があった。それは、「物を探すときはどうすればいいと想いますか?――『ある!ある!ある!』と言いながら探すことですよ!」と言われたことである。

 「ない!」と口に出しそれをイメージしながら探していると、物は見つかりにくい。その逆で「ある」と口に出し自己暗示を掛けながら探すことにより、はるかに短時間で物を探すことができる。言われてみればしごく当たり前のことだが、この罠にはまっている人は結構多いのではないだろうか。実際、探し物を別の人に手伝ってもらった時、変なイメージをもっていない、手伝ってくれた人のほうが短時間で簡単に物を見つける、という経験をした人も多いと想う。「ない」という自己暗示やイメージから脱しなければ、物を探している様で実は探していないのかもしれない(こころここにあらざれば、見れども見えず)。

3.日々への影響

 探し物や時間の浪費ということについて身近に考えるきっかけをもらった私は、ある想いが膨らんできた。それは、人は探し物だけでなく、“探し事”をしていて莫大な時間の浪費をしてしまっているのではないだろうかというものだ。

 つまり、携帯を探す、資料を探す、といった「物」を探す時間だけでなく、「何か他にいいやり方はないだろうか?」「自分はリーダーとしてふさわしいのだろうか?」等といった仕事や人生を生きる上でのかたちがなく、目にも見えない「事」を探すことに時間を費やし過ぎていないか、ということだ。自分探しや、自分にフィットする事を探し、考える時ももちろん必要であろう。しかし、人にとってどれがベストなのか、ということは机上の空論で最初から見えることはない。

 むしろ考え込まずに、先ず行動を起こす中で、「これだ!」と思える瞬間がやってくる様に強く感じる。“探し事”を頭の中でやり始めた時、スパッと切り替えて行動する中から、体感・実感していくことのほうが効果的なのではないだろうか。

4.生活・志(仕)事の中での実践

 今回、“探す”ということが人生に空転を生み、時間の浪費をしている面があることに気付いた。特に、探し物だけでなく、“探し事”にこそ歯止めを掛けることが、大きな時間の節約につながるように感じたのである。組織のリーダーとして大上段に振りかぶり、「タイムマネジメントは何が大事か?」「何かいいノウハウはないか?」等と考え込み過ぎず、仕事の場面や日常でついついしている“探し事”への歯止めを今日から掛けてみてはどうだろうか!

 あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「時間の無駄づかい」
  • 「『ある!ある!ある!』と言いながら物を探す」
  • 「こころここにあらざれば、見えども見えず」
  • 「人は探し物だけでなく、“探し事”をしていて莫大な時間の浪費をしてしまっている」

6.自分を見つめる問いかけ

  1. あなたは何を探している時が多いでしょうか? また、その時に何とつぶやきながらそれを探しているのでしょうか?
  2. あなたが“探し事”をしていると仮定すると、それは何ですか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

愛情と信頼をベースにした厳しい関わりが、互いの真の成長とこころの豊かさ生む

(機関誌10号2001年10月) やり方・テクニックではなく、相手への「あり方」そのものが問われる

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

お金や報酬との関わり方を、今一歩広い視野で捉えよう!

(機関誌126号2011年7月) “給料を○○○”、─あなたは○○○にどのような言葉を続けますか?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

集中力を強化すれば、時間は無限大!

(機関誌38号2004年2月) 一点に集中する姿勢が真のゆとりを生む 1.こんな出来事が!  

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

“自分が主治医”で、医者いらず!

(機関誌44号2004年8月) 健康面での、自己管理・自己開示(ディスクロージャー)は万全ですか?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

時間効率=集中力×継続力 <愉しさ

(機関誌116号2010年8月) あなたにとって、“ストイック”という言葉のイメージはどの様なもの

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

生かされている自分への実感と周りへの感謝が、人を大きく育む

(機関誌50号2005年2月) 自分にとっては当たり前だが、実は当たり前ではないことって何だろう?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

志(仕)事で得られる人々との絆や感動は、人生の最高の宝物!

(機関誌31号2003年7月) まわりへの配慮は、人間関係の豊かさとなって必ずはね返ってくる 1

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

時間効率を他に求める前に、リーダー自らが方向性を明確に!

(機関誌57号2005年9月) リーダーとして、周囲の人の時間を奪っていないだろうか? 1.こん

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

ガンバリズム(頑張る発想)から、一度思い切って離れてみては?

(機関誌34号2003年10月) しなやかに(ワクワク・ニコニコ・スイスイ)生きることが、真のパワ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

相互の声掛けで組織風土に変革を!

(機関誌111号2010年3月) あなたが普段おこなっている挨拶から、何が見えてきますか? 1.

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑