探し物だけではなく“探し事”に歯止めを!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 事例体験から学びたい!

Pocket

(機関誌110号2010年2月)
あなたは何を探している時が多いですか?

1.こんな出来事が!

 先日、メディア等にも出演しておられる、ある業界のリーダーのお話を数人で直接伺う機会を得た。その中で、話が専門分野のことから少し逸れ“時間の無駄づかい”に関する話題になった時、興味深いことに気付かせていただいたのである。

 その方は「皆さんは探し物をすることは多いですか? 探し物をしている時には、どの様なことを言いながら物を探していますか?」という問い掛けをされた。そして「きっと、探し物が多い人は、『ない!ない!』と言いながら、物を探しているでしょう!」と続けられたのである。まさに、旧知の友のように私の日常を図星で言い当てられたのだ。

 職場や日常生活の中でも、整理整頓が苦手で探し物が多い人はたびたび目にする。そういった人でも実は時間を大切にしようと想っており、自分の行動や思考回路の何が効果的でないのかわからず、ただ物を探すことに時間を浪費してしまっているだけなのかもしれない。

2.私の想い

 この後、探し物への対応策を話されたのだが、まさに我が意を得たり!と想う言葉があった。それは、「物を探すときはどうすればいいと想いますか?――『ある!ある!ある!』と言いながら探すことですよ!」と言われたことである。

 「ない!」と口に出しそれをイメージしながら探していると、物は見つかりにくい。その逆で「ある」と口に出し自己暗示を掛けながら探すことにより、はるかに短時間で物を探すことができる。言われてみればしごく当たり前のことだが、この罠にはまっている人は結構多いのではないだろうか。実際、探し物を別の人に手伝ってもらった時、変なイメージをもっていない、手伝ってくれた人のほうが短時間で簡単に物を見つける、という経験をした人も多いと想う。「ない」という自己暗示やイメージから脱しなければ、物を探している様で実は探していないのかもしれない(こころここにあらざれば、見れども見えず)。

3.日々への影響

 探し物や時間の浪費ということについて身近に考えるきっかけをもらった私は、ある想いが膨らんできた。それは、人は探し物だけでなく、“探し事”をしていて莫大な時間の浪費をしてしまっているのではないだろうかというものだ。

 つまり、携帯を探す、資料を探す、といった「物」を探す時間だけでなく、「何か他にいいやり方はないだろうか?」「自分はリーダーとしてふさわしいのだろうか?」等といった仕事や人生を生きる上でのかたちがなく、目にも見えない「事」を探すことに時間を費やし過ぎていないか、ということだ。自分探しや、自分にフィットする事を探し、考える時ももちろん必要であろう。しかし、人にとってどれがベストなのか、ということは机上の空論で最初から見えることはない。

 むしろ考え込まずに、先ず行動を起こす中で、「これだ!」と思える瞬間がやってくる様に強く感じる。“探し事”を頭の中でやり始めた時、スパッと切り替えて行動する中から、体感・実感していくことのほうが効果的なのではないだろうか。

4.生活・志(仕)事の中での実践

 今回、“探す”ということが人生に空転を生み、時間の浪費をしている面があることに気付いた。特に、探し物だけでなく、“探し事”にこそ歯止めを掛けることが、大きな時間の節約につながるように感じたのである。組織のリーダーとして大上段に振りかぶり、「タイムマネジメントは何が大事か?」「何かいいノウハウはないか?」等と考え込み過ぎず、仕事の場面や日常でついついしている“探し事”への歯止めを今日から掛けてみてはどうだろうか!

 あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「時間の無駄づかい」
  • 「『ある!ある!ある!』と言いながら物を探す」
  • 「こころここにあらざれば、見えども見えず」
  • 「人は探し物だけでなく、“探し事”をしていて莫大な時間の浪費をしてしまっている」

6.自分を見つめる問いかけ

  1. あなたは何を探している時が多いでしょうか? また、その時に何とつぶやきながらそれを探しているのでしょうか?
  2. あなたが“探し事”をしていると仮定すると、それは何ですか?
Pocket

関連記事

病気が治らないのは、医師が病人に向かい合っていないから

1.病気を治そうとする医師の言動からの気付き 「そこの紙の筒をくわえて!」と、その医師は部屋に入る

記事を読む

no image

自分が自分に言い訳する時、歯止めを掛ける3つの“る”!

(機関誌140号2012年9月) 「忙しい」「難しい」「できない」・・・あなたの身近で聞く言葉は?

記事を読む

赤字会社の経営者は、黒字社員を増やすだけでなく、ココにも注目!

1.赤字は罪悪でなく、変えないことが罪悪 先日、ある会社の社長と「赤字」のことで大変掘り下げたお話

記事を読む

表情管理したくなる言葉「顔は変えられないけれど、表情は変えられる!」【女性リーダーの名言】

1.女性リーダーからの「たまのエステより、日々のお手入れ」の言葉 先日、ある女性リーダーの方と情報

記事を読む

no image

感動だけで終わらせず、自らの言動(言葉と行い)に違いを!

(機関誌139号2012年8月) あなたは4年後のリオオリンピックに向け、どの様なイメージや感情を

記事を読む

目標必達に向け、先に達成感を感じる“達成者”意識の使い方をマスター!

1.自らの目標を朝一番に読み上げ声に出すことを日課にする経営者 ある経営者と週一回電話で打ち合わせ

記事を読む

数字に弱いとは? 克服するには経営者自らの、お金や数字への価値観を変えよう!

1.経営者のお金の価値観や、数字でのものの見方・考え方の違い ある出版社の方と、お会いする機会が増

記事を読む

no image

人がかかりやすい3つのこころの病―― つもり病・ぐらい病・ぱなし病!!

(機関誌84号2007年12月) あなたは“こころの生活習慣病”にかかっていませんか? 1.こん

記事を読む

【事例に学ぶ】お客様との信頼関係構築は、意外なこの視点を大切にすること

1.「仕事は自分都合でなくお客様都合」の事例 少ないながらも共に働くメンバーが増え、少し広い事務所

記事を読む

no image

【健康経営】リーダー一人の健康管理が、関わる千人の幸せ管理!

1.こんな出来事が! 先日、ある経営者の方と話をしていて痛切に感じたことがあった。それは、健康をマ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑