連載「新入社員が中小企業を変える?!」第1回(Part 1)新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 1)

Pocket

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回
新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成
関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏 インタビュー(Part 1)

皆様は、新入社員や若手社員の育成に、どのように取り組まれていらっしゃいますか?新卒で入った社員がなかなか定着しない、若手社員に仕事が任せられない、などの課題を抱えるリーダーの方が大勢いらっしゃると存じます。特に中小企業の場合、そもそも新卒を採用するかどうか、新卒が入ってもどう育てていけばよいのか、という課題をお持ちの経営者様も数多くいらっしゃることと思います。

今回インタビューを受けてくださった経営者様も、かつてはそのお一人でいらっしゃったかもしれません。このたびは、我が社の研修にご派遣を頂いている中小企業の経営者様に、ご多用の中、インタビューをさせていただきました。

3回に分けてこのブログでご紹介させていただき、ぜひ皆様とご一緒に考えていきたいと願っております。

経営者インタビューということで御一方目は、関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗 様にお話をおきかせいただきました。

埼玉県において売上・シェアNo.1 の業務用食品販売会社でいらっしゃる、関東食糧株式会社様。
1970年にご創業され現在も『提案力』『商品力』『対応力』の3つのチカラを武器に革新を続けておられる中で、採用育成に懸ける想いとは・・?!

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏

まず、中小中堅企業の中には毎年の新卒採用自体行っていない会社もある中で、新入社員・若手の方を採用される想いは、どういったものなのでしょうか?

9年前に新卒採用をはじめました。一番のねらいは、安定的に社員の確保をしていきたいということ。そして、若い力で、会社の風土を変革する力になってほしいというところです。若い社員が入ることで先輩社員が「教えていく文化」を育て、醸成していきたいという想いもあります。

関東食糧株式会社様 新人研修

関東食糧株式会社様 社員の様子

新卒採用はしても研修はしない会社もある中、どの様な想いで新入社員研修を実施されるのでしょうか?

2012年までは、社内での研修と、外部では他団体主催の研修に派遣していました。ただ、新入社員の定着率は低かったのです。理由は、ハードな仕事に対して、自分が思っていた社会人生活と実際の業務のギャップ

そこで、「社会人になるとつらいこともある、楽しいことばかりじゃない」こと、学生から「社会人の考え方」に変わる「発想の変化」を期待して、入社前に水野さんの研修に預けることにしました。実際、2012年以降の離職率はかなり改善しました。

もちろん、震災前・震災後の学生たちの意識レベルが違うことも感じます。
ただ、意識の変革自体は薄れてきており、合宿スタイルの研修で「社会人の考え方」をしっかり入れてもらっていることの効果を感じています。

関東食糧株式会社様 新人研修

研修はしても自社のOJTで済まされる会社もある中、外部の研修に派遣されるのはどの様な想いでしょうか?

自社内でノウハウがなかったり、伝える技法が醸成されていないことで、いくら言っても伝え切れないことを感じていました。選び抜いた、信頼できる講師に預けることで、「心に響く」ように伝わり、社内ではできない社員の「気づき」や「意識変革」が生まれている、そういう取り組みをやっていただいていると感じています。

数ある研修の中で、なにがあるから「新人若手研修」を選んでいただいているのでしょうか?

私自身、3日間の合宿講座や月に1回の経営者塾を通して水野さんをよく知っていることがひとつ。あともうひとつは、形式的・表面的ことではなくて、非常に内面に切り込んでもらえるような迫り方・やり方を評価しています。

(Part 1 終わり 次回 Part 2 に続く

若い力で会社の風土に変革をもたらす! 社長の臼田様が新人・若手社員に懸けた思い、皆様はどのようにお感じになられたでしょうか?

次回はその内面に切り込むいくつかのポイントについて、どのようにご実感いただいたのか? 内容に深く迫ります。

臼田さまが経営者をつとめられる企業のご紹介

関東食糧株式会社

経営理念である『人源』を原点とし、『人に最上の知恵 人に最良の時 人に最善の食』を掲げ実践する。提案力・商品力・対応で「おいしさの、そのさきへ」という想いのもと、数多くの人気店・繁盛店を埼玉県を中心に生み出し続けている。

地域密着型ナンバーワンの食材卸売企業の集まりである、NCF(日本業務用食材流通グループ)のメイン企業として、全国の加盟企業と共に社会的活動においても広がりを見せる。

設立 昭和42年12月
資本金 2,400万円
事業内容 業務用食品(和・洋・中)、冷凍食品酒類、米穀、厨房機器の販売
従業員数 190名
車両台数 110台
http://www.kanto-syokuryo.co.jp/

Pocket

関連記事

関東食糧経営理念

連載「新入社員が中小企業を変える?!」第1回(Part 3)仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の食を支えている”という想い 

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の

記事を読む

ネルソン・マンデラに学ぶ、リーダースピリッツ

マディバが本日の未明95歳で亡くなりました。 肩書きや階層ではなく人間的な付き合いを愛し、こう

記事を読む

目標達成に向け、こころを軽くするヒント<3>

目標達成力を高める、3つ目の点検ポイントは、 当たり前のことだけど意外とできていないことかもしれま

記事を読む

会議の無駄をなくし、進め方・やり方を継続的に改善するコツ 6つ目【怪議】

働き方改革で、会議の見直しはテーマにあがっていますか? 「早く帰れの大号令だけで、会議は意外と着目

記事を読む

梅雨時で停滞しがちな今のこころを、未来の力に変える2つのテーマ!

梅雨時の雨。 ついつい不快な気持ちになったり、 屋外で取り組みたいことができずイライラが、、、、

記事を読む

会議の時間生産性を高める、今日からできる1つのこと 2つ目【戒議】

毎月、毎週ある会議、生産性高めたいですよね? 「会議を主催するトップの話が独演会の様で長い」 「

記事を読む

新卒採用サイトから感じる、人を巻き込む言葉

「世界中に予想外を!!」 この言葉を聴いて何を感じますか? 人を惹きつける意表をついたCMを創

記事を読む

ビジネスマネージャ検定証

たかが資格、されど資格、”マネージャー検定”受検から得ることができた収穫

マネジメントの発揮! 経営者として、組織のリーダーとして、この力を高め 組織やメンバーに役に立ち

記事を読む

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の時代の社員を、どう叱っていけば

記事を読む

組織力で横連携を高めるコツ ~サッカー界からチームビルディングを学べ~【5】

ビジネス以外で、組織力が求められるものは? 「スポーツの世界、サッカー・ラグビー・野球等々」 「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

本物志向であるかどうかを振り返り、偽物に別れを告げる

1.本物志向を目の当たりにした瞬間【事例】 「あれ~っ 回る・・・回

品質管理とは?~社長自らの5Sに取り組む姿勢から~

1.品質管理の知識だけでなく、社長が5Sの出来栄えにこだわる ある会

経営コンサルタントとは?~仕事内容や信念~

1.経営コンサルタントではなく、経営写コンサルタント 先日ある経営者

ビジネス本の読み方を変え、名著をリーダーの財産として生かす

1.ビジネス本を読むだけではなく、ポイントを書き写す【事例】 これま

「時間がかかる・時間がない」と感じるリーダーはどうすればいいか?

1.時間は有限であるが、それを「もう」と捉えるか「まだ」と捉えるか

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑