仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の食を支えている”という想い 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 3)

Pocket

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回
仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の食を支えている”という想い
関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏 インタビュー(Part 3)

経営者の皆様は、新入社員・若手社員の方に、どのようなことを一番大切なこと・大事なポイントと伝えていらっしゃるでしょうか? (前回インタビュー記事 Part 2

前回よりさらに迫り、社長の臼田様は現在、新人・若手社員の方々のどのようなお姿を見られ、変化を感じ、また未来に向けてどのような人財像を描いていらっしゃるのでしょうか・・・?
臼田様へのインタビュー 最終回です。

御社では新人と若手をそれぞれ派遣なさっていますが、(新人と若手)それぞれ研修後どの様な変化や効果を感じられておられますか?

新人は、学生の考え方 → 社会人の考え方に変わっています。退職してしまった人もいますが、定着率は高まっています。(「退職する理由」も変わってきた。社会人になってハードになったギャップではなく、「卒業していきます」「人生でやりたいことがあって」という理由になった)

2014年の新人若手力実践セミナーに参加した内田や金原は、今2年目ですが「がんばれば評価されるんだ!」という意識が非常に見られます。若手では、真木と渡邉が参加しました。考え方が変わったと感じます。特に真木は、仕事を見つめ直したいとセミナー参加時は営業でしたが、セミナー後、営業配送に自分から希望を出して、イキイキと頑張っています。

関東食糧物流部関東食糧メディカルケアサポートグループ

御社の『提案力』『商品力』『対応力』を顧客に提供するにあたり、どのような人財像を描いておられますか?

1番は、ハキハキ・元気な人。そして、食品の会社なので、まずは食に興味がある!ことですね。もちろん業務の中には、問題解決能力も必要ですが、それは入社してから成長していけばいいと思っています。入社してから成長できるためにも、元気なことが大事です。

関東食糧経営理念

臼田様の過去インタビュー記事を拝見いたしました。その中で、若者へのメッセージ「大きな夢を持ってもらいたい」とおっしゃっておられました。今はいかがですか?

今も一緒ですね。こういってはなんですが反社会的なことをやらなければ、たいていどこの会社に行っても変わらないと思います。取り組む姿勢として「自分がどうなりたいか」という、大きな目標を持って欲しい。今はもっていなくても、なんらかのきっかけでもって欲しい。ドラッカーの質問に、40代・50代になったとき「何をしている人ですか?」というものがあります。それに胸をはって答えられる人であって欲しいですね。

御社への入社を考えている方に向け、御社で働く魅力をおきかせください。

レストラン・食堂に食材をお届けする会社ですので、魅力は「自分たちが、地域の食を支えている」と感じられることですね。たとえば、「最近埼玉のお店って美味しくないよね」と言われれば、食材をお届けしている私たちに責任がある。逆に、「埼玉のお店、美味しいよね!」と言われることは、関東食糧が良い食材を提供しているから、ということ。それこそが私たち関東食糧の「やりたいこと」であり、そのための施策があります。食文化の向上に貢献している、と感じられることが魅力です。

関東食糧ヨーロッパ野菜研究会の皆さんとアズーリの新妻シェフ(ニューフードフェアにて)関東食糧45周年スローガン関東食糧展示会2015

最後に広く就職活動をされている方へのメッセージを。

一番の分かれ道だと思います。いろいろ悩んで、自分にあっている会社に入ってほしい。ただ一方で、どんな会社に入っても変わらないことがあります。どんな会社に入っても自分の能力を発揮するということが一番大事、ということです。社会人として、自分の存在意義を感じられるような仕事をし、成長していけるように。くじけず、自分を信じて進んでほしい、それが感謝につながると思います。

関東食糧コーポレートマーク

ご多用の中、今回インタビューにご協力いただきました社長 臼田真一朗様、お写真をご提供いただきました関東食糧株式会社の皆様、誠にありがとうございました。

3回にわたって、お届けしてまいりましたが、読者の皆様にはどのようなお気持ちの変化がございましたでしょうか? 新人・若手の育成や採用の課題にどう取り組んでいくか、ご一緒に考え、前に進むエッセンスとなるキーワード。お気づきになられたこと、お感じになられたことも、どうぞお寄せいただけましたら幸いでございます。

■関連リンク
フューチャサポート主催 新人若手力実践セミナー

臼田さまが経営者をつとめられる企業のご紹介

関東食糧株式会社

経営理念である『人源』を原点とし、『人に最上の知恵 人に最良の時 人に最善の食』を掲げ実践する。提案力・商品力・対応で「おいしさの、そのさきへ」という想いのもと、数多くの人気店・繁盛店を埼玉県を中心に生み出し続けている。

地域密着型ナンバーワンの食材卸売企業の集まりである、NCF(日本業務用食材流通グループ)のメイン企業として、全国の加盟企業と共に社会的活動においても広がりを見せる。

設立 昭和42年12月
資本金 2,400万円
事業内容 業務用食品(和・洋・中)、冷凍食品酒類、米穀、厨房機器の販売
従業員数 190名
車両台数 110台
http://www.kanto-syokuryo.co.jp/

Pocket

関連記事

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏

新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 1)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『

記事を読む

リーダー自身がモチベーションアップしてしまうある取り組み

多くの人に囲まれているけれども、リーダーは孤独! しかも、競争激化で売り上げ不振やコストアップ

記事を読む

小売業店長に学ぶ、リーダーとしてのスピード感!

時代の変化が目まぐるしい。 われわれリーダーも以前に増してスピードが求められています。

記事を読む

「任す!」 ~ 真のリーダーは人を通じて成果を生み出す ~

最近、経営者や幹部の方々からよく耳にするテーマがあります。 それは、「任せられない! 」という

記事を読む

『ある会社の営業所長研修ご支援から学ぶ、わかっていても陥りがちな指導スタイル』

皆さん、こんにちは 水野です。 8月に入って暑い日がさらに続いていますが、いかがお過ごしでしょ

記事を読む

ビジネスマネージャ検定証

たかが資格、されど資格、”マネージャー検定”受検から得ることができた収穫

マネジメントの発揮! 経営者として、組織のリーダーとして、この力を高め 組織やメンバーに役に立ち

記事を読む

会議室イメージ

後継者は孤独か⁉

後継者が元気になるキーワード こんにちは。経営者コンサルタントの水野秀則です。 ある経営

記事を読む

「動かないで!」と止められた瞬間に見えてくる、リーダーの対人関係のあるクセ

無くて七癖と言われる我々のしぐさや表情のクセ。 リーダーとしてのあなたは自分のどの様なクセが周りと

記事を読む

経営者力を高めるコラム

経営者力を高めるコラム 経営『者』力とは、まさに経営者という “人” としての力。 単なる経

記事を読む

2014年の御礼と2015年のご挨拶

2014年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧いただき、ありがとうございます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑