人を動かしたい、という想いに駆られる方へ

公開日: : 最終更新日:2015/11/27 経営者のための読書実践【書評】 ,

Pocket

人を動かす!
リーダーとして、事業家として誰もがこの力を身に付けたいと願っている。
デールカーネギーの書いた同名の書籍も、世界的なベストセラーでかつ
ロングセラーである。
組織の力を、また購買へ結びつく力を遺憾なく発揮するには、
何があればいいのだろうか?
今回は、あまり知られていない別の1冊をご紹介し、それを掘り下げていきます。

皆さん こんにちは 水野です。

経営やビジネス、マーケティング等々の場面で、
人を動かしたい。
部下がもっと動く様になってもらいたい。
お客さんに店に来てほしい等々。
よくご相談を受けます。

皆さんであれば、どの様な提案をされるでしょうか?

今回は結論から、お伝えしていきます。

人を動かすには、、、
ここに立っているうちは、人は決して動かない
この様に感じています。

例えば、あなたが誰かから動かされることは好きですか?
当然、嫌いであり不快であると応えられると想います。

なら、どの様にすればいいのでしょう?

それには、人が動く様に影響を与え続ける、
ということをご提案したいと感じています。

人を動かす ⇔ 人が動く(様に影響を与え続ける)

この2つを味わってみて、何を感じられるでしょうか?

冒頭にご紹介した
デールカーネギーの名著「人を動かす」の原題(英語版)の
タイトルをご存じでしょうか?

How to Win Friends and Influence People

です。

人を動かす、という意味が含まれているでしょうか?
それとも、人が動く(様に影響を与え続ける)という語感が含まれているでしょうか?

邦題をつける時に、日本の当時の文化やこれまでの風習が
この様なタイトルをつける様に至ったのではないかと想います。

そして、今回の一番の提案は、別の1冊です。
話し方教室や講演会で、人に影響を与え続けたデールカーネギー。
その受講生の一人がその教えを忠実に守り、
自らも人に影響を与える偉大な人物になった。

その方は、元大リーガーであり最初話しベタながらも
トップセールスマンにのぼりつめた実話が著書に書かれています。

この著書では、
伝える立場からではなく、伝わった立場からの学びが書かれています。

言葉を変えると、デールカーネギーという教える立場からではなく
学んだ受講生の立場からの実践の数々が散りばめられている。

しかも小手先のテクニック・スキル・知識ではなく
終生使える、心構え・姿勢・スタンスが明確に描かれているのです。

まさしく、人が動く、という瞬間には何があるのかが、
読者目線・実践者の目線からくっきりと浮かび上がるようになっています。

この本を手に取り、
リーダーとして人を動かしたい、という想いを
今一度見つめる機会につなげていただければ幸いです。

後、あまり本に馴染みのない方に、人を動かすを薦める時には、、、

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

(水野秀則)

Pocket

関連記事

『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

松下幸之助が惚れた男―評伝 高橋荒太郎 posted with ヨメレバ

記事を読む

なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン! それを手がけた一人の日本人の熱い想い!

記事を読む

メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<1>

皆さん、こんにちは 水野です。 よく経営者や組織のリーダーから、 「メンバーに伝えても伝わら

記事を読む

『社長になる人に知っておいてほしいこと』 松下幸之助

社長になる人に知っておいてほしいこと posted with ヨメレバ

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

『マネーの公理』でお金との付き合い方に気付く!

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール posted with ヨメレ

記事を読む

ビジネス書が苦手な方に薦める想い出のこの2冊

こんにちは! 水野です。 “本が苦手なんですよね、小説はまだしもビジネス書は・・・” と

記事を読む

『経営に終わりはない』 経営者の右腕とは? 歴史的補佐役に学ぶ4冊

経営に終わりはない (文春文庫) posted with ヨメレバ 藤沢 武夫

記事を読む

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を創るだけではない。我々リーダー

記事を読む

書籍「エスキモーに氷を売る」に学ぶ、革新の進め方

この書籍の副題は、魅力のない商品を、いかにセールスするか。 ただ、この本はセールス本として読む

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <2>

ビジネスを快適にするギア! ここに興味を惹かれる方をとりこにする ハーマンミラー社のアーロンチェ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑