〇〇〇〇リーダーシップ、あなたは何が浮かびますか?

公開日: : 最終更新日:2015/11/09 経営者のための読書実践【書評】

Pocket

リーダーシップと聞いて、どの様なスタイルが脳裏に浮かんできますか?
引っ張り型、状況対応型、変革型、専制型、支援型等々。
今回は様々リーダーシップスタイルがある中で、組織のリーダーとして触れてもらえればと願う
書籍をご紹介させていただきました。
キーワードは、①サーバントリーダーシップ ②増幅型リーダーシップ ③1分間リーダーシップ等です。

皆さん こんにちは 水野です。

今回はリーダーシップがテーマです。

次世代を担う若い後継者の方や、新任の役員や組織の長から
お聞かせいただくご相談で多いのがやはりこのリーダーシップです。

先ずはリーダーとして、リーダーシップを開発していくにあたり、
自分にリーダーが本当の意味ではたして務まるのだろうか?
という不安です。

そして、ここを乗り越えて、2番目に来るのが
どの様なリーダーシップスタイルを身につけていけばいいのか?
という試行錯誤しつつある取り組みについてです。

特に、この2番目のリーダーシップスタイルについて
取り上げていきます。

これまでこのブログでも、

1.リーダーシップは開発可能なセンスであり、能力であること

2.様々なリーダーシップスタイルがあり、どれがよくてどれが悪い
というものではないという点
(唯一、正解があるとすれば、自分が決心し覚悟を決めた
リーダーシップスタイルが正解。
さらには成果があがったものが正解とする実践主義の考え)

3.ご紹介したリーダーシップスタイルとして、
①響き合うリーダーシップ ②EQリーダシップ 等、ご紹介してまいりました。

今回、加えてご紹介したいのは3つのリーダーシップスタイルです。

①サーバントリーダーシップ
これはリーダーであれば一度は耳にされた言葉だと想います。
専制型リーダシップや押しつけ型リーダーシップではなく、
メンバーを中心にすえ、メンバーの力をいかに引き出すか
を世に問うリーダーシップの考えです。

支援型リーダーシップが個性とマッチするという方には
ぜひ、この考えや価値観を学ばれることをお薦めします。

特に、理論的な本よりも、小説仕立てで
強く印象に残ったのがこの考えであり書籍です。

 

②増幅型リーダーシップ
このリーダーシップスタイルをとる人を、増幅型リーダーと名付け、
消耗型リーダーと対比することで、その違いがわれわれに鮮明に伝わってくるものです。

この考えに触れた瞬間、どのリーダーも、自分は部下の力を消耗させていないだろうか
と自省の念に駆られる(笑)ことは間違いない様に感じます。

全米ベストセラーが、今年(2015年)4月に翻訳出版されたもので
以下ご参照ください。

 

③1分間リーダーシップ
このリーダーシップスタイルは、私自身が20代の後半に強く影響を受け、
海外駐在時や日本に帰国して組織の長として駆け出しだった頃、
実践して成果があがったものです。

その新装版が今年5月にでて、さらに読みやすくなりました。
まさに実践の書です。
一緒に1分間立ち止まり、共に高め合いましょう。

今回は3つのリーダーシップスタイルをご紹介しました。

読者の皆様はリーダーシップと言えば、その前にどの様な文字が
浮かんで来たでしょうか?

ぜひ貴重なご意見をお寄せいただければと感じます。

理論が先にあるのではなく、
実践を体系的にまとめたのが理論ですので。

実践で成果があがったものが、
一人ひとりその人にあった最もふさわしいリーダーシップスタイルだと想うので。

(水野秀則)

Pocket

関連記事

なぜ時間をいかせないのか? 田坂広志さんに学ぶこの2冊!

  皆さん、こんにちは 水野です。   タイムマネジメントと言

記事を読む

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を創るだけではない。我々リーダー

記事を読む

「あなたの意思はどのように決まるか?」に学ぶダニエル・カーネマンの神髄

ファスト&スロー (上): あなたの意思はどのように決まるか? pos

記事を読む

『社長になる人に知っておいてほしいこと』 松下幸之助

社長になる人に知っておいてほしいこと posted with ヨメレバ

記事を読む

新しい一年を深く感じるにはこの1冊から「コトラーのマーケティング3.0」

マーケティング。 ビジネスリーダーであれば、誰でも知っている言葉。 しかし、その本質をつかみ

記事を読む

人を動かす

人を動かしたい、という想いに駆られる方へ

人を動かす! リーダーとして、事業家として誰もがこの力を身に付けたいと願っている。 デールカーネ

記事を読む

あなたが想う“社長業”とは何でしょうか?

皆さん、こんにちは 水野です。 評論家ではなく、経営者自身が経営について書いた本と言えば ど

記事を読む

なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン! それを手がけた一人の日本人の熱い想い!

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

稲盛和夫氏著 「働き方」 に学ぶ仕事との向き合い方(スタンス)

先日より、ある会社のコンサルティングがスタートしました。 そのご契約が決まる前の出来事です。

記事を読む

『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

松下幸之助が惚れた男―評伝 高橋荒太郎 posted with ヨメレバ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑