たかが資格、されど資格、”マネージャー検定”受検から得ることができた収穫

公開日: : 最終更新日:2015/11/19 経営者力を高めるコラム ,

Pocket

マネジメントの発揮!
経営者として、組織のリーダーとして、この力を高め
組織やメンバーに役に立ちたいと、誰もが願っている。
自分の現状を深める1つの入り口として、
自らが取り組んだ”マネージャー検定”
その受検で得ることができたことを体験発表させて
いただきます。

皆さん こんにちは 水野です。

以前のブログでお伝えしていました
東京商工会議所主催の”マネージャー検定”

合格発表も終わり、第1回を受けられた方は
どの様な感想をおもちでしょうか?

また、受検されていない方は、身近な方で受けられた方から
どの様な印象を聴いておられるでしょうか?

もちろん結果に一喜一憂するのではなく、
実践型リーダーとして現場の実務に照らし合わせて
その効果や学びをきっと振り返っておられることと感じます。

(あくまでも参考ですが、全国で約700人が受け合格率72%、平均点76点)

DSC_0893

資格や検定受検について、よく耳にすること。
「資格をとってもね、、、」「要は実践でやっているかどうか」
「頭でっかちになっても意味がない」

そうですよね!
もちろん取るのが目的でなく、現場の実践に活かしているかどうかが問われるもの。
あくまでも自己を振り返る1つの入り口であることは確かかもしれません。

そこで今一度、今回の検定や、広く資格というものに挑戦することの意味を
この機会に振り返ってみました。

そこで、東京商工会議所のwebにあるこの検定の紹介文を
先ず味わってもらえればと感じます。

それは、
管理職の土台作りをサポートする

マネジメントの知識を体系的に身につける

この検定を受ける意味が明確に書かれてあったと、
受検後の振り返りの中で私もはたと気づきました。(笑)

この2つのメッセージの中で、特に感じるキーフレーズは、
管理職』という言葉と、『体系的』という言葉です。

当初感じていたのは、
今さら管理職向けの検定を受ける、、、、
という、いかにもおごった考え方があったことも白状します(苦笑)

受験準備に取り組む中で、

「経営者も、マネージャーの一人」

「中国語で、経営者のことは総経理(ツォンチンリ)だけど、部長のことは経理(チンリ)っていうじゃないか
(部長の中の大将が社長、当然部長クラスのことは知っている、できている、やっている、ことが大事)」

身近な経営者も幾人かが実際受検されたりする中で、

受けてみたら!と言うのではなく、自らが受検して、
その結果で周り(自社の管理者)に影響を与える

体験する前から、評論家みたいに資格うんぬんと言った
理屈を言っていても仕方がない(それこそ実践型リーダーではない)

等々、受検段階での姿勢(スタンス)の大切さも改めて学びました。

そして、この体系的というのが
やはり最も響いた受検の収穫であった様に感じます。

(マネージャー検定という)モノサシをあてて、
自分の現在地(マネージャーとしての実践での特性・強み弱み等)を正確に把握する。
これを実感として感じ取れたことがとてもよかったと想います。

人はどうしても育ってきた職場環境や、これまでの体験で
どうしても凸凹があるものです。

マネジメント、、、

知っている様で、実践している様で、
我流になっていませんか!

強みは使っているけど、弱みの強化は怠っていないか!

という檄をとばされた感じです。

型破りを目指していて、いつしかそれは型くずれになっていたのではないか
と大反省するものでした。

第2回の検定は、12月20日(日)です。
年末の慌ただしい時期ではありますが、
私の周りでもエントリーされる方が増えています。

申し込み期日は、11月6日(金)までです。

実践型の組織リーダーとして
自分自身を体系的に振り返ることができる取り組み。

ぜひ実践型リーダーとして先ず自分の日頃の姿に気付き、
組織への貢献度を今一歩高めませんか!

DSC_0891

<問い掛け>
あなたはどの様な取り組みで、己の姿を浮き彫りに
されているでしょうか?

<今日の言葉>
『我流は芸の行き止まり』
『芸事は、守破離(しゅはり)』
『型くずれでなく、型やぶり』

(水野秀則)

Pocket

関連記事

部下の報連相で、上司のある姿が浮かびあがっている?

こんにちは!水野です。 経営者や幹部の方々から、「部下の報連相を強化したい」という声を聞きます

記事を読む

松下幸之助氏の名言、心を定めるに学ぶリーダーシップ vol.3

経営の神様と言えば、、、。 松下幸之助さん。 松下電器は人をつくる会社。 あわせて物をつくって

記事を読む

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の時代の社員を、どう叱っていけば

記事を読む

『ある会社の営業所長研修ご支援から学ぶ、わかっていても陥りがちな指導スタイル』

皆さん、こんにちは 水野です。 8月に入って暑い日がさらに続いていますが、いかがお過ごしでしょ

記事を読む

梅雨時で停滞しがちな今のこころを、未来の力に変える2つのテーマ!

梅雨時の雨。 ついつい不快な気持ちになったり、 屋外で取り組みたいことができずイライラが、、、、

記事を読む

経営コンサルタントへの従来型の相談でいいのか【若手経営者後継者の専門家活用】

経営の専門家で思い浮かぶ方は、中小企業診断士・税理士・公認会計士・弁護士・コーチ・カウンセラー等々。

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その2「クレーム」 vol.3

われわれ後継者・次世代幹部にとって、ドキッとする言葉に「クレーム」があります。どの企業でも、どのリー

記事を読む

辞めない新入社員が、研修で身につけた働くスタンス(始めに) vol.1

 新入社員が辞めてしまった!!   あれだけ心血を注ぎ、  採用、内定、現場配属と、  大切に

記事を読む

辞めない新入社員が、研修で身につけた働くスタンス(給料とは?) vol.2

 お給料って、あなたにとってどの様なもの?  嬉しい! やったぁ! もっと欲しい,  もらうもの

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」前半 vol.5

顧客へのプレゼンテーション、毎月の会議、毎年の経営方針発表会。われわれ後継者・次世代幹部にとって、こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパ

部下との信頼関係を計る、1つのモノサシは実はこれでは?#5

部下との信頼関係を深めたいと思う、リーダーは多いのではないでしょうか。

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょう

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではない

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑