マネージャーは何をする人か?マネジメントの基本とは?――その一つの応え (東京商工会議所 ビジネスマネージャー検定試験の活用)

公開日: : 最終更新日:2015/06/24 経営者のための読書実践【書評】

Pocket

マネージャーとして大切なことは何ですか?

と、問われた時、あなたはどう応えますか?

戦略、PDCA、チームビルディング、

目標・業績管理、リーダーシップ、褒め叱り、評価等々。

出て来るキーワードだけでなく、その具体的な進め方は

人によって様々なのかもしれません。

 

現場を歩いていてよく伺うのは、リーダーとしての

自分がもつマネジメントのイメージと、部下がもつそれとが

重なっていないという声です。

今回はその様なギャップをいかに埋めるか、

具体的な取り組みを通じたその処方箋のご提案です。

 

こんにちは 水野です。

われわれ企業経営者・幹部、組織のリーダーにとって

マネージャーやマネジメントという言葉は身近なものです。

 

しかし、タイトルにも書いた

マネージャーは何をする人か?

マネジメントの基本とは?

と聞かれ、簡潔に言葉が出て来る人は多くはないのではないでしょうか?

 

そこで、今回はあの渋沢栄一氏が興し、

日本全国津々浦々にあるあの組織を活かした取り組み事例です。

 

あなたのお父さまが役を務めておられたり、

所属する会社の先代社長が地元のこの組織の会頭を

担っておられた等々もあるのではないでしょうか。

 

この組織とは、そう日本商工会議所です。

この中でも中枢となる東京商工会議から今年リリースされた

検定試験の話題です。

 

検定試験と言えば、これまで簿記検定、販売士あたりが身近でしょうか。

子供の頃を振り返れば、私も珠算検定でお世話になっていました。(笑)

http://www.kentei.ne.jp/

 

近年では、大阪商工会議所が展開されている

ビジネス会計検定、メンタルヘルスマネジメント検定

も注目度が高くなってきています。

http://www.osaka.cci.or.jp/Jigyou/Kentei/index.html

 

このメンタルヘルスマネジメント検定(Ⅰ種マスターコース)も

リリースしたその年に挑戦させてもらったのが懐かしいです。

 

そして、今回は今年リリースされた

ビジネスマネージャー検定試験の活用提案です。

 

よく中小企業の経営者から伺う声として、

「管理職の人数が少なく、経験年数も違い一社研修をなかなか

取り組みにくい」

「ましてや、新任課長等が年に1人~2人という状況の中で

研修を開催できない」

「派遣型のオープンセミナーは、わが社の実状には合いにくい」

「時間や予算が掛かりすぎてしまう、またeラーニングも敷居が高い」

等々といったものです。

 

そこで、今回は

好きな時に、好きな場所で学習ができ

そして一定水準に達しているかどうかを公的な機関が判断してくれる

この検定の活用です。

 

検定に挑まなくとも、公式テキストに基づき

社内勉強をスタートされた事例もあります。

テキストの目次は、こんな感じです。

IMG_2894

IMG_2887

IMG_2888

IMG_2889

IMG_2890IMG_2893そして、この公式テキストだけでもチャレンジは可能です。

 

私も、第1回受けてみて、また情報共有したいと感じております。

http://www.kentei.org/bijimane/

次回、第2回は 2015年12月20日(日)です。

 

今年、もしくは今年度の下期の幹部クラスの自己啓発や、

企業の人財育成として目標設定されるのはいかがでしょうか?

この検定をもとに幹部クラスの方々の成長が実現することを

願っています。

 

水野秀則

Pocket

関連記事

経営者として、今、あなたが読む本がわかります

水野の書評ブログをスタートいたします この度21世紀の幕開けと同時にスタートしてまいりました紙

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

同じ経営者として小説『海賊とよばれた男』から生き様を学ぶ!

  海賊とよばれた男 上 posted with ヨメレバ

記事を読む

あなたはマネジャー、それともリーダー?

こんにちは、水野です! あなたはマネジャー、それともリーダー? 日頃、何気に使っているこ

記事を読む

怒りやイライラが消えていくこの1冊

そろそろ年末モードに入っている今だからこそ こんにちは 経営者コンサルタントの水野です。 今

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

新書「経営センスの論理」から感じる、経営者感覚!

経営センスの論理 (新潮新書) posted with ヨメレバ 楠木

記事を読む

あなたが想う“社長業”とは何でしょうか?

皆さん、こんにちは 水野です。 評論家ではなく、経営者自身が経営について書いた本と言えば ど

記事を読む

村上春樹氏「走ることについて語るときに僕の語ること」に学ぶ創造性の源

春樹さんといって想い浮かぶことは何でしょう? 作家、1Q84、ノルウェイの森、ノーベル文学賞(

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

稲盛和夫氏著 「働き方」 に学ぶ仕事との向き合い方(スタンス)

先日より、ある会社のコンサルティングがスタートしました。 そのご契約が決まる前の出来事です。

記事を読む

成果を出しているリーダーと出せていないリーダーとの違い(「トヨタの口ぐせ」に学ぶ)

誰しも他人と自分の違いに気付かないと、行動を変えようとは想いません。 強い現場力をもつトヨタで

記事を読む

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

組織が機能するには、ドラッカーに学び まずはここから!!

リーダーとして、組織力が発揮される様願っている方は多い。 しかし、その組織力をいかに引き出すの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑