苦しい時こそ、人生の上り坂だ!

公開日: : 最終更新日:2013/11/14 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌8号2001年8月)
つづら折れの人生の道を、着実に駆け上がるために、アクセルとブレーキのバランスを点検しよう!!

1.こんな出来事が!

 「ずいぶん燃費効率の悪い生き方をしていました!」

 ある友人から送られてきた電子メールの一行が、私の目に飛び込んできた。 それは、私が友人に宛てたメールの「社会で『過食症』が話題になっているように、最近『過小(評価)症』があるのでは・・・。何をどれだけやっても、自分のことを小さく扱ってしまう人がいるのではないだろうか」、に対する返事の一部であった。

 この友人は私の投げ掛けに対して「自分も『~かもしれない』『~するのでは』という言葉を必要以上に用いて、現実には起こる可能性の低い空想をふくらませ、あげくのはてには不安を自らがあおっていた。言うなれば、『マイナスの想像(空想)の種を蒔(ま)いて、やれないのではという不安の実(み)を収穫する』というようなばかげた作業を『努力』して繰り返していました。」と、自分自身を冷静に見つめられたのである。

 また、別の友人からは同じ投げ掛けに、次のような返事をもらった。

 「これ、僕もよく言われるんですよね。うぬぼれ屋になったりせずに、常に向上心を持とうとすると、勝手に付いてくるオマケみたいな・・・。上を目指しているから、『卑屈』では無いのですけどね。」

2.私の想い

 「燃費効率の悪い生き方・・・」「勝手についてくるオマケ」等々。自分のこれまでの様々な体験に照らすことで私も「本当にそうだなぁ~」と、率直な気持ちが湧いてきた。

 そして、人生を車に例えて、さらに私なりのイメージが浮かび上がってきたのである。「ブレーキ(不安・否定感)だけでは車(人生)は前に進まない。 かといって、アクセル(安心・慢心(おごり))だけだとスピード違反になるし、何よりも事故を起こしてそこで終ってしまう。 ブレーキとアクセルがあるから、カーブ(つづら折れの人生の道)を正確に速くまわることができる」と。

3.日々への影響

 こうして私は以前にも増して、ブレーキ(不安)とアクセル(安心)のバランスの重要性を実感するようになっていた。時おりハンドブレーキを引いたままで、必死に自分を前に進めようとしている、まことにバカげた姿が見えてきたこともある。また逆に、有頂天になってアクセル(安心・慢心)を踏みすぎ、壁に激突しそうな自分が見えたこともあった。

 人生のブレーキである自己不安感。ブレーキがきき過ぎてしまった自己否定感。人生のアクセルである安心感。アクセルを踏み過ぎた慢心(おごり)。ブレーキとアクセルのこの微妙なさじ加減を、置かれている状況や、今の自分の気持ちに応じて常に調整するようになったのもそういう自分の姿に気付いたからである。

 また、「日常何げなく使っている言葉が、意外にも自分の行動をかたち作っている」と、感じたのもその頃であった。そして、「最近よく使う口癖は何だろうか」とそこに注意が向くようになったものだ。ブレーキの意味をもつ「~はずがない」や「~かもしれない」という口癖と、アクセルの役目である「~だろう」や「~ちがいない」という口癖のどれが多いかで、自分のこころのバランスがとれているかどうかを感ずるようにもなっていた。

 「人生はバランスが大事だ」という想いが確信に近づいた貴重な瞬間であった。

4.志(仕)事での実践

 日常の志(仕)事の場面で、不安な気持ちがつのってくる事は実に多い。特にこれまで経験のないことや、大きな目標に挑戦する時はこの傾向が強い。

  このように不安を感じた時や、何かの失敗で落ち込んだりした時、つまり「ブレーキがちょっときき過ぎているなぁ」と感じた時、私は次の言葉を思い出すようにしている。

  「苦しい時こそ、人生の上り坂だ」。人間、何かにチャレンジしているからこそ苦しいのだ。苦しいということは、間違いなく必死にチャレンジしているからだ。

 上り坂だから、チャレンジしているからこそ、不安は襲ってくる。その不安をいったんは不安として素直に受けとめる。それは攻めているから、向上心をもっているから、そして新たな突破口を創ろうとしているから起こる自然な感情なのだと自分のこころに言い聞かせる。「不安は誰もがもつ感情なのだ」「今の自分の気持ちでいいんだ!」とブレーキを緩め、少しアクセルを踏み込むようにすると見える世界が不思議と変わってくる。

 曲がりくねったつづら折れの人生の道も、こころのアクセルとブレーキをバランスよく働かせることで、着実に駆け上ることができる!

 あなたご自身は何を感じ、どのように進めておられますか?

5.毎日の言葉

  • 「マイナスの想像(空想)の種を蒔(ま)いて、やれないのではという不安の実(み)を収穫する」
  • 「過小(評価)症とは、向上心を持とうとすると、勝手に付いてくるオマケ」
  • 「否定感⇔不安⇔安心⇔慢心(おごり)のバランス」
  • 「「~はずがない」⇔「~かもしれない」⇔「~だろう」⇔「~ちがいない」のバランス」
  • 「人生はバランスが大事だ」 「苦しい時こそ、人生の上り坂だ!」

6.自分を見つめる問い掛け

  1. あなたの人生や日常生活で、アクセル・ブレーキのバランスはいかがですか?
  2. あなたは不安な気持ちが湧き上がってきた時、どう対処されておられますか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

パートナーシップ(相手との関係創り)は、自らの姿勢を正すことが第一歩

(機関誌47号2004年11月) 真の人間関係を育むには、50×50(フィフティフィフティ)の考え

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

ギリギリ症状に歯止めを掛ける、考え方(価値観)と言葉!

(機関誌92号2008年8月) あなたは時間に追われていますか、時間を追いかけていますか? 1.

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人間として人の役に立てることこそが、最高の喜び!

(機関誌123号2011年4月) 被災をされた皆様や、そのご家族・ご親戚、仕事でお取り組みのある方

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

あなたは”人生”という大舞台で、主役を演じきっておられますか?

(機関誌17号2002年5月) イキイキと毎日を過ごすために、自ら感じ、自ら仕掛け、自ら取り組む!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

ご縁を深める素晴らしい人生のために、当たり前のことを徹底的に!

(機関誌54号2005年6月) 「笑顔」を更に磨きあげる上で、いま取り組んでいることは何でしょうか

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

愛情と信頼をベースにした厳しい関わりが、互いの真の成長とこころの豊かさ生む

(機関誌10号2001年10月) やり方・テクニックではなく、相手への「あり方」そのものが問われる

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

本気は、根気!

(機関誌67号2006年7月) あなたは、何事もコツコツとやり続けていると胸を張れますか? 1.

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

いまを大切にする姿勢 ─ それが、こころに真のゆとりを生む!!

(機関誌20号2002年8月) 子供の集中力に学ぶ時間貧乏脱出のヒント 1.こんな出来事が!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

『一人一様』の触れ合いがこころをゆさぶる『感動』を生み、シン(真・深・新)のファンを創る

(機関誌12号2001年12月) 頭で思うもの それは満足、こころで感じるもの それこそが感動!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

「一生懸命を力に! 力を成果に! 成果を豊かさに!」

(機関誌100号2009年4月) “五つの豊かさ(ファイブリッチ)”を育むには、何が大切だと感じて

記事を読む

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑