あなたは”人生”という大舞台で、主役を演じきっておられますか?

公開日: : 最終更新日:2013/11/14 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌17号2002年5月)
イキイキと毎日を過ごすために、自ら感じ、自ら仕掛け、自ら取り組む!

1.こんな出来事が!

 社会人であれば通常、人生の3分の1以上は『働く』ということに時間を使う。生活のため、自己実現のため、一人ひとりの想いや目的は違っても、多くの人は『企業(会社)』をはじめとする組織という中で、人生の大切な時間を過ごす。

 その『企業』という言葉について、先日ある経営者から思いがけない言葉をうかがった。「企業という文字を分解すると、『人を止める業(わざ)』になる」と。25歳の時に事業を立ち上げられ、40歳になられた現在、3つの企業をコントロールされておられるその社長の話を私は身を乗り出して聞き入った。

 企業に入れば、社員の立場としては上司からの指示命令という形で仕事が入ってくる。こうして好むと好まざるとに関わらず、仕事は与えられるものとして指示待ちの意識が芽生えることが多く見受けられる。そして、そういった意識で企業の中に長くいると、創造性や自主性が奪われていくこともまた多い。一方、起業(事業)家は、自らの意志で動きださない限り何も変わらない。誰かが何かの指示をしてくれるということは絶対にない。 

 企業の中に入って長い年月、知らず知らずの内に指示待ちの習慣が身についてしまった人と、自分で起業した人との間では、成長に大きな差が現れてくるのはこのような姿勢の格差であるといってもよい。

2.私の想い

 この経営者の言葉を聴いて、私は新入社員になりたての頃出会った『自業員(じぎょういん)』という言葉を思いだした。

 普通、企業で働く人は従業員と呼ばれる。しかし、業(ぎょう)に従う人としての『従業員』ではなく、自らが業に取り組む人としての心構えの大切さを意味した言葉である。 

 また、ある先輩からは、「企業という組織の一員であっても、常に一国一城の主として、水野商店という個人事業主としての姿勢で振舞え」と貴重な言葉や導きもいただいた。 

 本当にありがたいことに、こうして私は多くの人生の先輩との出会いの中で、当たり前のこととしてつい見落としてしまいがちな大切なもの、「自分の人生は自分が主役」ということを常に意識するようになったのである。

3.日々への影響

 今回の若き経営者とのお出会いを通じて、多忙な毎日と情報の氾濫によって、人は社会や企業に流されやすい面があるように感じさせられたのである。

 今の時代、社会人の多くは例外なく多忙である。企業間競争の激化による長時間勤務や、通勤の長時間化等で生活時間(プライベートな時間)が短くなっているのが現実だ。また、情報の氾濫によって、本来自分がやりたいこと以外のことにこころがゆれる時も多い。 

 ともすれば、自らが敷いたレールではなく、誰かが敷いたレールに基づいて漫然と進んでしまっている面があるように想う。一番怖いのは、自分が敷いたものではないレールに沿って無意識で進んでいるということすら気が付かなくなっている時だ。

 ふと立ち止まって自分が人生で本当にやりたいことに思いを巡らせてみたり、実現したいライフスタイルから離れていっていないかを確認する時間を持つことこそ、人生にとって必要不可欠なことではないだろうか。 

 これまでの様々な体験を通じ、それは仕事で成果を出すことと同じくらい、いやそれ以上に大切であると実感することが実に多い。

 そして「遊び人」や「仕事人間」という言葉があるように、『人生人間(生きざまが明確でやりたいことがはっきりしていて、自らの人生を限りなく大事にする人)』という言葉があってもよい様に想うのである。

4.志(仕)事での実践

 ミュージカルや演劇といった舞台には、シナリオが極めて大切であるといわれる。もちろん企業にとっての計画書や方針書、企画書といったものの重要性はいうまでもない。はたして私たちは2度とない人生のシナリオや方針書を真剣に創っているだろうか? 「木を見て森を見ず」という言葉があるが、人生という大きな森を見ずして、仕事や遊びといった木ばかりをみていてもいいものだろうかという想いが強い。

 “自分の人生”という舞台で、主人公になることができれば、どのような生活環境・仕事環境に置かれても決して動じることはないはずである。 

 よくよく考えてみると、自分を取り巻く社会や企業といった環境要因(他力本願)は実に小さいものであり、むしろ自分要因(自力本願)が大きいものであると実感する。

 社会や企業に依存するのでなく、自らが主体的に自主・自発・自立の意識で生き抜くことが、結果的に自分らしさを発揮してイキイキとした人生をおくることになるものと確信できる。  あなたご自身は何を感じられ、どのように進めておられますか?

5.毎日の言葉

  • 「企業という文字を分解すると、『人を止める業(わざ)』になる」
  • 「自業員(じぎょういん)」
  • 「自分の人生は自分が主役」
  • 「人生人間」

6.自分を見つめる問い掛け

  1. あなたは、”自分の人生”という舞台で、どのように主役を演じきっておられますか?
  2. あなたの『人生方針書(シナリオ)』は、どのようなことが書かれておられますか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

バリア“アリー”で、日々の環境を自らの健康の味方に!

(機関誌119号2010年11月) あなたが心掛けるプチトレーニング・プチ感覚アップは何でしょうか

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

真の強さを持つ人は、自らの弱さを知り抜いた人だ!

(機関誌46号2004年10月) 貴方は「やる気スイッチ」を自らオンにできますか! 1. こんな

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

数字感覚を養うには、習うより慣れよ!

(機関誌86号2008年2月) あなたは日常、数字にどれ位触れていますか? 1.こんな出来事が!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

“自分が主治医”で、医者いらず!

(機関誌44号2004年8月) 健康面での、自己管理・自己開示(ディスクロージャー)は万全ですか?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

パートナーシップ(相手との関係創り)は、自らの姿勢を正すことが第一歩

(機関誌47号2004年11月) 真の人間関係を育むには、50×50(フィフティフィフティ)の考え

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

ゴールから逆算して今やることを描くと、集中力と行動力が高まる

(機関誌22号2002年10月) 阻害要因に打ち克ち、描いた夢を確実に実現する人のこころのあり方

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

ストレスは、あっていい!!

(機関誌76号2007年4月) あなたは、新しい出会いや取り組みを、「有益なストレス」として楽しん

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自分のこころを支えるもの─それは重みのある一つの言葉

(機関誌45号2004年9月) あの時にあの人から言われた一言、その実行が人生に力強さを生む 1

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人がかかりやすい3つのこころの病―― つもり病・ぐらい病・ぱなし病!!

(機関誌84号2007年12月) あなたは“こころの生活習慣病”にかかっていませんか? 1.こん

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

相手は自分のこころを映す鏡

(機関誌41号2004年5月) 相手に対する自分の見方をまず変えよう! 1.こんな出来事が!

記事を読む

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

怒りやイライラが消えていくこの1冊

そろそろ年末モードに入っている今だからこそ こんにちは 経営者コンサ

高原慶一朗氏サイン
あなたは初代(創業者)、それとも二代目(後継者)?

日本長者番付トップ10で誰の顔が浮かぶ? こんにちは 経営

会議室イメージ
後継者は孤独か⁉

後継者が元気になるキーワード こんにちは。経営者コンサルタン

no image
2016年の御礼と、2017年のご挨拶

2016年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑