財務諸表を別角度から見つめるある提案

Pocket

財務諸表と聞いて、どの様なイメージが膨らむでしょう?

得意/苦手、さらには面白い/嫌い等々
我々、経営者や組織のリーダーにとって決算書、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー等々、
どれもが身近な存在でありたいもの。

そこで今回は、あのビル・ゲイツを抜き、
世界長者番付でトップになったことでも有名であるウォーレン・バフェット氏
財務や、ひいては経営に対する氏の着眼点を深める提案です。

ウォーレン・バフェット氏の名前を聴いて、どの様なイメージがわいてくるでしょう?
肩書で最もつくのは“投資家”という名称になるのでしょうか。
資産運用や株式投資をしない人にとっては、意外と縁遠い存在なのかもしれません。
しかし、彼は我々と同じ、経営者であるという紛れもない事実であり、そこから学べるものは極めて多いのです。

彼が、経営しているバークシャー・ハサウェイ社。
その経営権を取得して以降この約45年で、すさまじいばかりに企業価値を高めてきました。
それは、株価は約82万%超というイメージができない程の上昇を見ればわかるでしょう。

そこで今回は、経営者と投資家の両方の視点をもつ彼から、
何より、企業価値を創る経営者の視点だけでなく、
企業価値を吟味する視点から
財務であり経営を見つめることをご提案したいのです。

ずばり、この本を読むことのお薦めです。

そこには

大不況に陥った時、危機から脱出するための充分な収益力があるかどうか
ユニークな製品、ユニークなサービス
一貫性が、永続的な企業の競争優位性を保証する
利益そのものより、利益の源がどこにあるか
多額の研究開発費を必要とする企業は、競争優位性に先天的な欠陥を内包
総売り上げに占める売掛金の割合が、一貫して同業他社より低いのは競争優位

という言葉や視点が並びます。

この本を手に取られ、自社の財務諸表を今一度、見つめられることをご提案したいと考えます。

水野

Pocket

関連記事

ビジネス書が苦手な方に薦める想い出のこの2冊

こんにちは! 水野です。 “本が苦手なんですよね、小説はまだしもビジネス書は・・・” と

記事を読む

『経営に終わりはない』 経営者の右腕とは? 歴史的補佐役に学ぶ4冊

経営に終わりはない (文春文庫) posted with ヨメレバ 藤沢 武夫

記事を読む

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

組織が機能するには、ドラッカーに学び まずはここから!!

リーダーとして、組織力が発揮される様願っている方は多い。 しかし、その組織力をいかに引き出すの

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

『マネーの公理』でお金との付き合い方に気付く!

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール posted with ヨメレ

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

稲盛和夫氏著 「働き方」 に学ぶ仕事との向き合い方(スタンス)

先日より、ある会社のコンサルティングがスタートしました。 そのご契約が決まる前の出来事です。

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

「海賊とよばれた男」で感じる、自らの(事業の・仕事の)スタンス

海賊とよばれた男 下 posted with ヨメレバ 百田 尚樹 講談

記事を読む

「LEAN IN(一歩踏み出す)」「LEAP!(リープ)」で感ずる2つのL(Leadership・Love)

皆さん、こんにちは 水野です。 暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか? たっ

記事を読む

書籍「人を動かす、新たな3原則」に学び、3日以内に取り組める3つのこと

こんにちは 水野です。 ベストセラーを連発し時代を牽引してきたダニエル・ピンク。 その新

記事を読む

対人関係で疲れた時にこの1冊(「ゆるしの法則」)

リーダーである以上、人との関係で悩み苦しむことはあります。 そんな時あなただったら、どの様な本

記事を読む

「あなたの意思はどのように決まるか?」に学ぶダニエル・カーネマンの神髄

ファスト&スロー (上): あなたの意思はどのように決まるか? pos

記事を読む

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑