財務諸表を別角度から見つめるある提案

Pocket

財務諸表と聞いて、どの様なイメージが膨らむでしょう?

得意/苦手、さらには面白い/嫌い等々
我々、経営者や組織のリーダーにとって決算書、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー等々、
どれもが身近な存在でありたいもの。

そこで今回は、あのビル・ゲイツを抜き、
世界長者番付でトップになったことでも有名であるウォーレン・バフェット氏
財務や、ひいては経営に対する氏の着眼点を深める提案です。

ウォーレン・バフェット氏の名前を聴いて、どの様なイメージがわいてくるでしょう?
肩書で最もつくのは“投資家”という名称になるのでしょうか。
資産運用や株式投資をしない人にとっては、意外と縁遠い存在なのかもしれません。
しかし、彼は我々と同じ、経営者であるという紛れもない事実であり、そこから学べるものは極めて多いのです。

彼が、経営しているバークシャー・ハサウェイ社。
その経営権を取得して以降この約45年で、すさまじいばかりに企業価値を高めてきました。
それは、株価は約82万%超というイメージができない程の上昇を見ればわかるでしょう。

そこで今回は、経営者と投資家の両方の視点をもつ彼から、
何より、企業価値を創る経営者の視点だけでなく、
企業価値を吟味する視点から
財務であり経営を見つめることをご提案したいのです。

ずばり、この本を読むことのお薦めです。

そこには

大不況に陥った時、危機から脱出するための充分な収益力があるかどうか
ユニークな製品、ユニークなサービス
一貫性が、永続的な企業の競争優位性を保証する
利益そのものより、利益の源がどこにあるか
多額の研究開発費を必要とする企業は、競争優位性に先天的な欠陥を内包
総売り上げに占める売掛金の割合が、一貫して同業他社より低いのは競争優位

という言葉や視点が並びます。

この本を手に取られ、自社の財務諸表を今一度、見つめられることをご提案したいと考えます。

水野

Pocket

関連記事

経営者のための読書実践【書評】

経営者感覚・視点を養う脱サラリーマンには、新書「経営センスの論理」一択!

皆さん、こんにちは! 水野です。 少し時間が空いてしまいましたが、その後お変わり<ござい

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、2019年 お金の常識を打ち破るだとどれか(6冊目前半) vol.13

 リーダーとしての、お金の常識って?  自分が知らずしらずのうちに、身に着けてしまっている常識。

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <1>

皆さん、こんにちは 水野です。 今日は、ある後継者の方との書籍についての対話から、 改めて深

記事を読む

右腕になりたいなら『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

松下幸之助が惚れた男―評伝 高橋荒太郎 posted with ヨメレバ

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、破天荒フェニックス オンデーズ再生物語(5冊目後半) vol.12

 不死鳥を表すフェニックス。今回の主人公には、破天荒が前につく!   30歳という若き経営者が、事

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、2019年 事業再生だとどれか(5冊目前半) vol.11

 会社を蘇らせたい、と願うなら、、この1冊!   あなたなら、どの一冊が浮かぶでしょうか  実話

記事を読む

マネージャーは何をする人か?マネジメントの基本とは?――その一つの応え (東京商工会議所 ビジネスマネージャー検定試験の活用)

マネージャーとして大切なことは何ですか? と、問われた時、あなたはどう応えますか? 戦略

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、ヒルトップの遊ぶ鉄工所(1冊目後半) vol.4

 えっ、この企業まだ知らない、この本見たことない。  もったいないです。(笑)  私も知りません

記事を読む

経営者リーダーの魅力づくりは、食事や食習慣から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を創るだけではない。我々リーダー

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <2>

ビジネスを快適にするギア! ここに興味を惹かれる方をとりこにする ハーマンミラー社のアーロンチェ

記事を読む

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパ

部下との信頼関係を計る、1つのモノサシは実はこれでは?#5

部下との信頼関係を深めたいと思う、リーダーは多いのではないでしょうか。

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょう

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではない

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑