村上春樹氏「走ることについて語るときに僕の語ること」に学ぶ創造性の源

Pocket

春樹さんといって想い浮かぶことは何でしょう?

作家、1Q84、ノルウェイの森、ノーベル文学賞(候補)…

私にとっては……マラソン30回以上の完走者であり、
サロマ湖100km・トライアスロン走者というイメージが強いかも。

その彼が走ることだけでなく、自らの想いや生き様を伝えたこのエッセイ。

都会の風景を長編で描く創造性の源はどこにあるのか
我々リーダーが身に付けたい、人に影響を与えるというテーマでも学びが多い本ではないでしょうか!
こんにちは!水野です。

1)創造性の原点 ~明確な哲学とその継続~

村上春樹氏は、小説家になる前
事業家としてジャズバーを創業。
限られた資金の中で若くして人気店までもっていきました。

「経営者は、明確な姿勢と哲学を旗じるしとして掲げ、それを辛抱強く維持していく
という一節が、事業や創作活動の彼の原点である様に先ず感じます。

経営者としての先輩であると共に、
社会に影響を与えるリーダーとしても我々の大先輩であるのは間違いがありません。

そこには、単なる想い付きや行き当たりばったりではなく、
創造性を生み出す緻密なものがあるのもまた事実なのでしょう。

2)継続的に創造性を生み出す仕掛け ~走ること~

その筆頭が、
ランニングを通じた体調管理であり、
ランニングを通じたPDCAをまわすサイクルの様に想います。

「僕は小説を書くことについての多くを、道路を毎朝走ることから学んできた」

「ぼんやりと生きる10年より、目的をもって生き生きと生きる10年。走ることは確実にそれを助けてくれる」

「ランナーになってくれませんか?と誰かに頼まれて走り始めたわけではない」

「痛みは避けがたいが、苦しみはこちら次第」

「人生というハイウエイでは、追い越し車線だけをひたすら走り続けることはできない」

等々、経営者として、リーダーとして走ることの意味
明確に代弁してもらえてすがすがしさを感じるランナーは多いはずです。

そしてまだ走り始めていない経営者やリーダーでも、
この本を手にすると、走ることの面白さを実感されるのではないでしょうか。

3)この本をリーダーに薦める意味

無から有を生み出す
創造性を発揮する

我々組織のリーダーとして、
先が見えない時代に変革を生み出す上で大切なテーマです。

慣れ親しんだビジネスの世界ではなく、
あまり接点のない小説を描くという世界、ランニングという世界だからこそ
大切なものがこの著作から読み取れるのではないでしょうか。

もちろん東京マラソンを走る方、多くの市民ランナーにも
共感を呼ぶ一冊であることは間違いがありません。

 

今日の問い掛け

1.村上春樹さんといって、想い浮かぶことは?

2.あなたにとって、創造性を生み出す原点や仕掛けは?

今日のメッセージ

1.経営者は、明確な姿勢と哲学を旗じるしとして掲げ、それを辛抱強く維持

2.ぼんやりと生きる10年より、目的をもって生き生きと生きる10年

(水野秀則)

Pocket

関連記事

書籍「人を動かす、新たな3原則」に学び、3日以内に取り組める3つのこと

こんにちは 水野です。 ベストセラーを連発し時代を牽引してきたダニエル・ピンク。 その新

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」後半 vol.6

リーダーとしての力強いメッセージを伝え、組織力を高めたい。その様な時、自分の言葉の語尾に着眼してみて

記事を読む

新しい一年を深く感じるにはこの1冊から「コトラーのマーケティング3.0」

マーケティング。 ビジネスリーダーであれば、誰でも知っている言葉。 しかし、その本質をつかみ

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、2019 リーダーシップだとどれか(7冊目前半) vol.15

 リーダーシップとは何か?   研修で学べども、あなたの実感はどの様なものでしょう?   若手経

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

経営者本として小説を選ぶなら、リーダーとは何か?が学べるこの4冊

皆さん、こんにちは! 水野です。 先日、ある後継者の方から、読まれた本の感想をお聞きする機会が

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

稲盛和夫氏著 「働き方」 に学ぶ仕事との向き合い方(スタンス)

先日より、ある会社のコンサルティングがスタートしました。 そのご契約が決まる前の出来事です。

記事を読む

なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン! それを手がけた一人の日本人の熱い想い!

記事を読む

成果を出しているリーダーと出せていないリーダーとの違い(「トヨタの口ぐせ」に学ぶ)

誰しも他人と自分の違いに気付かないと、行動を変えようとは想いません。 強い現場力をもつトヨタで

記事を読む

ビジネス書でおすすめは、キンコン西野氏の新世界(6冊目後半) vol.14

 キンコン、西野亮廣さんに、リーダーしてどれだけ触れていますか?  読者が選ぶビジネス書グランプリ

記事を読む

経営者として、今、あなたが読む本がわかります

水野の書評ブログをスタートいたします この度21世紀の幕開けと同時にスタートしてまいりました紙

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパ

部下との信頼関係を計る、1つのモノサシは実はこれでは?#5

部下との信頼関係を深めたいと思う、リーダーは多いのではないでしょうか。

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょう

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではない

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑