対人関係で疲れた時にこの1冊(「ゆるしの法則」)

Pocket

リーダーである以上、人との関係で悩み苦しむことはあります。

そんな時あなただったら、どの様な本を手に取りますか?
Dカーネギ-やジョングレイの著作や、お気に入りの小説、座右の書等でしょうか。

今回はジャンポルスキー氏のこの1冊のご紹介です。

リーダーとしてこころが、ややささくれだった時
きっとあなたのこころを癒し、
いつもの元気と前向きさが湧きあがってくるものと信じています。

こんにちは!水野です。

リーダーにとっての対人関係。

皆さんはどの様にしておられますか?

人を通じて成果を生み出す我々リーダーだからこそ
人が成長したり人が変身していく様を見て喜びがあります。

その反面、人のことで想い苦しむ場面も、
また毎日の日常ではないでしょうか。

そんな時に手を取るのが、これまでもご紹介してきた
Dカーネギーの著作

世界的なベストセラーで、
人間関係の本が無かった時代に最初にこの分野の本を
生み出した最初の人がこのDカーネギーですから。

 

ジョングレイの著作、

この本の原題(邦題サブタイトル)は、
男は火星から、女は金星からやってきた」です。

男女の性差をいかに相互理解し、
共に歩み寄りやっていくか。

女性スタッフの多い男性リーダー(女性の部下をもつ男性上司)
男性スタッフの多い女性リーダー(男性の部下をもつ女性上司)
には特に手に取って欲しい1冊です。

その上で今回のご紹介の本は、こちら。

1)さらに対人関係で困り果てた時
(相手を責める、相手を非難する、相手のせいを感じた時等)

2)自分自身がとても嫌になった時
(自分を責める、自分を非難する、自分のせいを感じた時等)

3)神様は本当にいるのかとこころに浮かんできた時
(世間を責める、世間を非難する、世間のせいを感じた時等)

きっとあなたを救い、温かな気持ちに戻れる一冊です。

私も何度も読み深めていく度に
癒され、本来自分が目指す方向に戻れた気がします。

例えば、これらの一節…
「ゆるしとは過去を手放すこと
「愛とは聴くこと」
「聴いてあげることは、してあげられるもっとも大きな贈り物」
「素直さとは答えを(あらかじめ)決めてしまわないこと」
「天国とは、場所ではなく、こころの状態」
「外の世界であなたが見ているものは、自分のこころの中で見るものの反映です」
「失敗を探す人ではなく、愛を探す人に」
「攻撃あるところに愛はなし」
「恐れと攻撃には、罪の意識がつきもの」
「無防備でいること そこに私の安全と強さがある」
誰のせいでもなく、誰に頼るのでもなく、裁かず、決めつけず、自分も人も受け入れる

今回、改めて読み返す中で
年末を迎え、こころがざわついていた部分が、
また穏やかになれたように感じます。

ありがとう、ジャンポルスキーさん!!

今日の問い掛け

1. 対人関係で疲れた時に、手に取る本は?

2. 3つの責め(相手・自分・世間)が増えた時、あなたのいつもの行動は?

今日のメッセージ

1. 男は火星から女は金星からやってきた

2. 天国とは、場所ではなく、こころの状態

3. 裁かず、決めつけず、自分も人も受け入れる

(水野秀則)

Pocket

関連記事

fastand

「あなたの意思はどのように決まるか?」に学ぶダニエル・カーネマンの神髄

ファスト&スロー (上): あなたの意思はどのように決まるか? pos

記事を読む

サーバントリーダーシップ

〇〇〇〇リーダーシップ、あなたは何が浮かびますか?

リーダーシップと聞いて、どの様なスタイルが脳裏に浮かんできますか? 引っ張り型、状況対応型、変革型

記事を読む

CIMG2233

なぜ時間をいかせないのか? 田坂広志さんに学ぶこの2冊!

  皆さん、こんにちは 水野です。   タイムマネジメントと言

記事を読む

IMG_2840

なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン! それを手がけた一人の日本人の熱い想い!

記事を読む

CIMG2240

あなたが想う“社長業”とは何でしょうか?

皆さん、こんにちは 水野です。 評論家ではなく、経営者自身が経営について書いた本と言えば ど

記事を読む

IMG_2901

マネージャーとの違いで顕わになる、リーダーが陥りがちな1つの感覚

マネージャーとリーダーの違いは? と、聞かれてあなたならどの様に応えますか! 今回は意外と知られ

記事を読む

leadership

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <1>

皆さん、こんにちは 水野です。 今日は、ある後継者の方との書籍についての対話から、 改めて深

記事を読む

2013dokusyo

経営者として、今、あなたが読む本がわかります

水野の書評ブログをスタートいたします この度21世紀の幕開けと同時にスタートしてまいりました紙

記事を読む

CIMG2208

「メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<2>」

皆さん、こんにちは 水野です。   先日の、書籍にまつわる “故(ふる)きを温(たず)ね新しき

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

新書「経営センスの論理」から感じる、経営者感覚!

経営センスの論理 (新潮新書) posted with ヨメレバ 楠木

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

no image
2016年の御礼と、2017年のご挨拶

2016年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

関東食糧経営理念
仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の食を支えている”という想い 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 3)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事を通じて自分がどうなり

関東食糧株式会社 社長 臼田真一朗様
仕事に情熱を傾け、真剣に取り組む上で一番大切なことは? ― 仕事と人生は表裏一体 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 2)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事に情熱を傾け、真剣に取

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏
新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 1)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 新卒・若手社員の採用育成に

no image
2015年の御礼と、2016年のご挨拶

2015年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑