生かされている自分への実感と周りへの感謝が、人を大きく育む

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌50号2005年2月)
自分にとっては当たり前だが、実は当たり前ではないことって何だろう?

1.こんな出来事が!

 先日、生まれて初めて自衛隊の敷地に入った。ある企業の経営陣と共に、群馬県の相馬原(そうまはら)駐屯地の二つの史料館を訪れた時のことだ。この企業では自衛隊の統制や規律正しさを社員育成に活かすために、経営陣自らがまず現地視察を行ったのである。

 最初に入った桜武記念館では、日頃目に触れることの少ないものに数多くお目に掛かることができた。自衛のための武器や装備品、また御巣鷹山での日航機事故や地下鉄サリン事件、最近の新潟中越地震等における災害事故救助の展示品を見て、自衛隊の様々な活動の理解を深めることができた。

 次に訪れた友魂記念館(旧陸軍予備士官学校跡地に建立、同校卒業の1400名の戦没者を慰霊)では、戦争の悲惨さ、平和のありがたさを痛感した。死を覚悟して出陣していく若い軍人の手記や家族にあてた手紙は、見る者のこころを強く揺さぶらずにはおかない。

 「父上様、母上様、これから行ってまいります。まさか先に旅立つとは想ってもおりませんでした。ただ一言、よくぞ死んだと言ってください・・・」等々。短い文章とはいえ、毛筆で書かれた美しい一字一句に凝縮された出陣を前にした若き戦士のその万感の想いが強烈に伝わってきたのだ。

 日頃別世界と想っていた非日常の世界だけに、その場に足を踏み入れることで考えさせられることが非常に多くあった。

2.私の想い

 わずか六十年前、戦争という悲しい事実が、敗戦という形で終わりをつげた。人々は自分の想いや意志に関わらずそこに巻き込まれていった。日本では少し前までは、「水と安全はただ」と言われてきた。が、この二つが今の日本でもそうだと言える人がどれだけいるだろうか。

 人は与えれた環境に馴染むという素晴らしい能力をもっている。しかし同時に、環境に慣れ親しむと、その有り難さを忘れるようにできているのも人間の常のようだ。

 自分にとって当たり前であった安全や平和というものは、実は当たり前のことではない。あくまでも今の一瞬だけが、守られており、生かされているだけなのだ。そして大切な点は、自分が自分を守っているのではなく、周りの人々(例えば、自衛隊のいざという時の活動)、ひいては国家というものに守られているように感じた現地視察であった。人は自分だけで生きているのではなく、人に生かされていることを強く感じたのである。

3.日々への影響

 今回の体験を通じて、企業における経営者という立場の人々も実に多くの人から支えられていることを実感する。お客様、取引先、金融機関、社員、家族、友人・知人、地域社会等々。メンバーがいるからリーダーとして活躍ができる。リーダー一人だけでは、どのように頑張っても組織やグループを構成することはできない。支えてくれる人がいるからこそ、一人ではできない大きな取り組みもできる。

 このような想いから、経営に携わり組織を率いているのは当たり前のことではなく「有り難い(あることが難しい)」こととして私のこころに大きく映ったのであった。そして、そこから支えてくれている一人ひとりに、有り難いこと、『有難う』の言葉(感謝の想い)が改めて浮かんできた。

 深く考えると「経営をやっているのではなく、経営をやらせていただいている」こうした大切なことが自分を包み込んでいったのである。

4.生活・志事(仕事)の中での実践

 経営者として、業務を推進していく上で、日常「イライラ・ピリピリ」することは多いのかもしれない。が、そこには、「やって当然!」「自分はできているけど、相手や周りができていない!」という思い上がった自らの気持ちがひそんでいることはないのであろうか。

 今回、私にとっては別世界であった自衛隊訪問を通して、経営者のものの見方・考え方、こころのあり方を見つめ、自分のこころのおごりだけは決して持つまいという想いを強くした素晴らしい機会を得た。生かされている自分への実感と周りへの感謝が、人を大きく育むということを胸に、さらなる精進を続けていきたい。

 あなたご自身は何を感じられ、何を進めておられますか?

5.毎日の言葉

  • 「別世界へ足を踏み入れることは、考えさせられることが多い」
  • 「環境に慣れ親しむと、その有り難さを忘れる」
  • 「人は自分だけで生きているのではなく、人に生かされている」
  • 「メンバーがいるからリーダーとして活躍ができる」
  • 「経営をやっているのではなく、経営をやらせていただいている」

6.自分を見つめる問い掛け

  1. あなたにとっては当たり前だが、実は当たり前ではないことは何だと想われますか?
  2. あなたは誰にどのように支えられていると感じ、その感謝の想いをどのように伝えられておられますか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

“し(知)っている”を、“している”へ!

(機関誌118号2010年10月) あなたは最近、こころが軽(かろ)やかですか?重く感じられますか

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

リーダーの“健康習慣”への取り組みが、職場の集中力・判断力・行動力を高める!

(機関誌64号2006年4月) あなたの「健康序列」は、社内で何番目でしょうか? 1.こんな出来

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

志(仕)事で得られる人々との絆や感動は、人生の最高の宝物!

(機関誌31号2003年7月) まわりへの配慮は、人間関係の豊かさとなって必ずはね返ってくる 1

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

集中力を強化すれば、時間は無限大!

(機関誌38号2004年2月) 一点に集中する姿勢が真のゆとりを生む 1.こんな出来事が!  

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

足るを知るものは真に富む!

(機関誌106号2009年10月) あなたは稼いだお金を何に役立てていますか? 1. こんな出来

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

未来を信じ、今を生き切る! 

(機関誌134号2012年3月) あなたはこの一年で何が変わり、これからの一年で何を深めていきます

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人間関係の基本は、相手視点!

(機関誌87号2008年3月) あなたの言動・行動は、相手からみてお役に立っているでしょうか?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

リーダーは数字や単位を身近なもので表現する工夫を!

 (機関誌94号2008年10月) あなたにとって「リーダーの器」とは何を表すのでしょうか? 1

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

目標を成し遂げるには、信頼関係を育み続けることだ!

(機関誌61号2006年1月) 夢を叶えるために、何をこころに抱き続けますか? 1.こんな出来事

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

本は、著者の生き様を感じその教えを実行した時に付加価値が生れる

(機関誌4号2001年4月) 真剣にアウトプットすることが、インプットしたものの理解と実行をより確

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑