目標達成に向け、こころを軽くするヒント<1>

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 経営者力を高めるコラム ,

Pocket

目標を達成できるかどうか、それはスタート段階で決まっている”、

と言われたらどの様に感じますか?

 

何事もスタートが肝心、とは日頃からよく耳にします。

そうは想いつつもあまり深く考えずに、
先ず取り組んで見ようと目標に向け走り出したものの
達成意欲が高まらなかったり、踏ん張りがきかず、
結果未達に終わってしまう・・・・。

そんな苦い経験をしたことは誰にもあると感じます。

こんにちは! 水野です。

今回は昨日の主催講座で参加者の経営者やリーダーの方々と深めた気づきをお伝えします。

 ☆目標達成を引き寄せる、スタート段階でのチェックポイント<1>
~こころの負担を少なくする、イメージの点検~

講座では、ある言葉のイメージの違いが、テーマにあがりました。

 ノルマ ⇔ 目標

 

参加者それぞれの業種や業態の特性からくる普段何気なく使っている言葉の違い

様々な参加者がいるからこそ、顕著にその違いが浮かびあがりました。

そのひとつがこのノルマという言葉。

当たり前の様に使う人もいれば、この言葉は使わない様にしている、と宣言される方も。

 

言葉には香りがついている」というのが私の考えです。

ノルマと聞いて、よりやる気が高まり使命感にもえるのであればこの言葉はその人にとって効果的な言葉だと感じます。

 

しかしながら、ほとんどの人がノルマと聞けば、
機械的な目標配分でやらされ感が高まってしまう様に感じるものではないでしょうか。

ノルマという言葉には、マイナスイメージのにおいがついてしまっているのかもしれません。

ひるがえって、目標は自らが決めて取り組むイメージが広がるのではないでしょうか。

少なくともプラスイメージの香りまでいかないとしても、
無色透明で香りがあまりしないというところまでで、
マイナスにはふれないのではないかと感じます。

 

ここで何がお伝えしたいかと言うと、
目標設定の言葉の中に、マイナスの香りがする言葉が含まれていないか
ということです。

この点を確認し、よりプラスのイメージが湧くものに変えることができればより軽やかに目標達成に向け取り組めるのではないでしょうか。

 20131108 1

例として、いくつかあげます。

個人差があるので、自分にとって効果的な表現を探ることがもちろん大切になります。

これ以外にもまだまだあると想いますので、ぜひご意見をお聞かせください。

1. 問題(悪いイメージ) ⇔  課題(現状をさらに良くするイメージ)

2. 頑張る(無理をしているイメージ) ⇔  張り切る(より軽やかなイメージ)

3. 欠点(後ろ向き) ⇔  伸びしろ(前向き)

4. ダイエット(苦しいイメージ) ⇔ 減量(スポーツ感覚で挑戦しがいがある)

 

今日の問い掛け

1. あなたにとってこれらの言葉のイメージの違いは?

   ノルマ ⇔ 目標 、問題 ⇔ 課題

   頑張る ⇔ 張り切る 、 欠点 ⇔ 伸びしろ

   ダイエット ⇔ 減量

今日のメッセージ

「言葉には香りがついている」

cup_m

目標達成を引き寄せる、スタート段階でのチェックポイント<2>は後日お伝えします。
次回へ続く)

 

 

Pocket

関連記事

リーダーシップ開発って、スキル・テクニック? vol.2

リーダーシップスキルを高めたい。 このような想いをもつリーダーの声をよくお聞きします。 何があれ

記事を読む

小売業店長に学ぶ、リーダーとしてのスピード感!

時代の変化が目まぐるしい。 われわれリーダーも以前に増してスピードが求められています。

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ ~はじめに~ vol.1

「このままでは嫌なんだ!」「過去に決着をつけ、今を変え、未来を創りたい!」「変えようとしているが周り

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その5「弱点・欠点」前半 vol.7

 リーダシップとは? 目的・目標実現のための対人影響力! だとすれば、部下や社員を育てる際、どの様な

記事を読む

リーダー自身がモチベーションアップしてしまうある取り組み

多くの人に囲まれているけれども、リーダーは孤独! しかも、競争激化で売り上げ不振やコストアップ

記事を読む

『ある会社の営業所長研修ご支援から学ぶ、わかっていても陥りがちな指導スタイル』

皆さん、こんにちは 水野です。 8月に入って暑い日がさらに続いていますが、いかがお過ごしでしょ

記事を読む

リーダーの資質に必須な積極性を高める、超カンタンな取り組み<1>

  積極性。日常で人を形容する時によく使う言葉です。 本当の意味で自分には積極

記事を読む

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その3「なぜ」 vol.4

部下や後輩から出てくる、言い訳。実は、われわれ後継者・次世代幹部が、部下がそうせざるを得ない、質問を

記事を読む

リーダーシップ開発は、たった1つ継続力こそをマネジメントすること vol.7終

決めたことが続かないんだよね、、、 誰しも経験があることではないでしょうか。 継続は力なり、継続

記事を読む

会議室イメージ

中小企業の後継者は孤独か⁉

後継者が元気になるキーワード こんにちは。経営写コンサルタント®の水野秀則です。 ある経

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパ

部下との信頼関係を計る、1つのモノサシは実はこれでは?#5

部下との信頼関係を深めたいと思う、リーダーは多いのではないでしょうか。

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょう

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではない

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑