部下の報連相で、上司のある姿が浮かびあがっている?

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 経営者力を高めるコラム , ,

Pocket

こんにちは!水野です。

経営者や幹部の方々から、「部下の報連相を強化したい」という声を聞きます。

しかし、今回のお話は、部下に直接的なかたちで報連相の頻度や質をあげるアプローチではありません。

 

むしろ部下からの報連相の状況で、我々上司のある姿が浮き彫りになっている
という少しドキッとする様な内容です。

 

我々がこの点に気付くことによって、部下からの報連相は結果、
一段ランクアップするのは
間違いないのではないでしょうか。

報連相にまつわる職場のお悩みは多いと感じますが、
経営者・リーダーとして皆さんお一人おひとりの職場の現状はいかがでしょうか?

 

ここでは1つの視点を基に、一緒に考えていければと思います。

 

それは、報告・連絡⇔相談のバランスという視点です。

4つのパターンを以下に示しますので、どれか1つを選択してください。

 

パターン1: 報告・連絡⇔相談とも多い

パターン2: 報告連絡は多いが、相談は少ない

パターン3: 報告・連絡は少ないが、相談は多い

パターン4: 報告・連絡は少なく、相談も少ない

 

読み進む前に、どの状況が近いか選んでください。

a0008_001875

 

・・・・・

・・・

・、

はい、いかがでしょうか?

 

1 の方は、すごいですね、 賞賛に値します。

ただ、部下に一度同じことを聞いてみることをお薦めします。

部下も異口同音で同じように 1 を
選択されるのであれば、これは本物ではないでしょうか。

ここを読む意味はないと想いますので、以下は参考程度に。

 

4 を選んだ方、こちらの方も、怖いかも知れませんが
部下に同じように聴いてみてはいかがでしょうか?

意外と自分の思い過ごしかもしれません。

そして、もし同じように 4 の選択ならば、
報連相というものに敢えて価値を置かれていない職場か、
そうでなければ、コミュニケーションやチームビルディングといったテーマを
体系的に学ぶ機会をもたれることをお薦めします。

 

2 を選んだ方は、多かったのではないでしょうか。

報告や連絡は、職場のルールとして浸透させていけば
部下は多少やらされ感はあっても、「仕事だから・・・」と、
報告や連絡の頻度や質は上がってくるものです。

 

反面、相談となると部下の視点から考えると
上司との信頼関係が築けているか
上司の人望はどうか
によって、大きく左右されている様に感じます。

 

相談をする様にと指示命令をしたからといって、
部下の立場からみても義務感だけでは
なかなか“相談する”という行為にまで至らないのは言えば当たり前のことかもしれません。

 

ですので、冒頭の問い掛けにあった
部下の報連相で、上司のある姿が浮かびあがってる?

というある姿とは、

部下から見た、
上司への信頼感や
上司への人望です。

 

無言のまま我々上司にメッセージを意外と送っているのかもしれません。

 

ここに気付くかどうか、
先ず自分の現状であり、現在地を真摯に見つめること
職場の報連相に違いを生み出す、本当の意味での第一歩ではないでしょうか?

 

後に、なりましたが、
3 を選んだ方は、もうおわかりですよね。

 

部下の報告・連絡は、我々上司の人間力や人望を磨くことによって、
遠回りに見えても確実に定着していくものの様に感じます。

 

部下に報連相の基本を伝え”育てる”ことはもちろん大切ですが、
「答えは自分にあり」で、我々上司が今一歩前進することで
報連相を“育む”環境を高めることが結果早い様に感じます。

 

このブログでも、人間力や人望をさらに高める

その取り組みについても、今後ともさらにお伝えしていきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

皆さんの実験結果をお待ちしております。

 

今日の問い掛け

1. 部下の報連相で、上司のどの様なが浮かびあがってると感じますか

2. 報告・連絡⇔相談のバランス、4つに分けるとするとどのタイプ

 

今日のメッセージ

報連相を伝え、“育てる”ことは大切だけれども、なにより
報連相を”育む”環境を高める!

a0001_011488

 

(水野秀則)

 

 

Pocket

関連記事

小売業店長に学ぶ、リーダーとしてのスピード感!

時代の変化が目まぐるしい。 われわれリーダーも以前に増してスピードが求められています。

記事を読む

関東食糧経営理念

仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の食を支えている”という想い 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 3)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の

記事を読む

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏

新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 1)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『

記事を読む

「任す!」 ~ 真のリーダーは人を通じて成果を生み出す ~

最近、経営者や幹部の方々からよく耳にするテーマがあります。 それは、「任せられない! 」という

記事を読む

リーダー自身がモチベーションアップしてしまうある取り組み

多くの人に囲まれているけれども、リーダーは孤独! しかも、競争激化で売り上げ不振やコストアップ

記事を読む

『やる気があまり感じられない部下のモチベーションアップは? 』

皆さん、こんにちは 水野です。 昨日の夜、経営『者』力強化プレ講座 (東京)で盛り上がったテー

記事を読む

『ある会社の営業所長研修ご支援から学ぶ、わかっていても陥りがちな指導スタイル』

皆さん、こんにちは 水野です。 8月に入って暑い日がさらに続いていますが、いかがお過ごしでしょ

記事を読む

経営者力を高めるコラム

経営者力を高めるコラム 経営『者』力とは、まさに経営者という “人” としての力。 単なる経

記事を読む

梅雨時で停滞しがちな今のこころを、未来の力に変える2つのテーマ!

梅雨時の雨。 ついつい不快な気持ちになったり、 屋外で取り組みたいことができずイライラが、、、、

記事を読む

リーダーとしてあなたは敏感/鈍感?<1>

リーダとして必要な力、あなたはどの様なものが思い浮かんできますか? 想う力、考える力、行う力、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

no image
2016年の御礼と、2017年のご挨拶

2016年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

関東食糧経営理念
仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の食を支えている”という想い 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 3)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事を通じて自分がどうなり

関東食糧株式会社 社長 臼田真一朗様
仕事に情熱を傾け、真剣に取り組む上で一番大切なことは? ― 仕事と人生は表裏一体 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 2)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事に情熱を傾け、真剣に取

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏
新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 1)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 新卒・若手社員の採用育成に

no image
2015年の御礼と、2016年のご挨拶

2015年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑