リーダーのタイムマネジメントに効く書籍、カエル?

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 経営者のための読書実践【書評】 ,

Pocket

こんにちは 水野です。

みなさんは、「忙しい」「時間がない」という言葉を、
日頃どのくらい口に出しているでしょうか?

この様な言葉が出ていなくとも、経営者やリーダーの方が常に意識している1つが
タイムマネジメントだと感じます。

「もっと時間があれば!」「時間を味方につけたい」と想う方の処方箋となる
1冊の本のご提案です。


 

何ともユニークなタイトル。

原題を、ダイレクトに邦題にしています。

 

サブタイトルが邦題では掲げられていないので
ぱっと見ると何の本かわからないと感じるのではないでしょうか。

 

が、逆に一度知ると、「カエルの本」ということで
誰にも強烈なイメージを残す本の様に感じます。

 

あの成功哲学の大家であり、
経営者をはじめ多くの方が影響を受けたというブライアン・トレーシーの本で
ある点がさらに興味を引きます。

 

この本でいうカエルとは、一番大きく重要なこと!
これを先ずは取り組んでやっつけてしまうことの大切さ
シンプルに伝えているだけの本かもしれません。

 

しかし、この本は実践の書。

 

購入し手に取ったとしても、どれだけの人が
「大原則の(1)書き出しみる 」、
ということをやったでしょうか!

 

それこそが、ここでいうカエル
(重要なこと:この場面では書き出してみること)を食べず(やらず)に、
他のことに時間を奪われ、
忙しい忙しいといつまでも嘆いている状態になっている実は証かもしれません。

 

 
さらに原則(2)では、
する必要のないことに精を出すことほど、つまらない時間の浪費はない!”
と檄が飛びます。

さらには、
時間管理は実は、人生管理! 」

「敗者は“不安が解消される”ことをし、勝者は”目標を達成される”ことをする
 (デニス・ウエイトリー)

「全てのことをするだけの時間はないが、最も大切なことをする時間は十分にある

「デスクの上を片付けることから始めよう 」

「ぐずぐずするのは主に、その仕事の重要な部分に自信がないから。
 苦手なところがあると、なかなかとりかかれない 

重要な仕事を得意になること 

「人から調子はどうかと聞かれたら、いつでも『絶好調!』と答えよう」

「立派な人とつまらない人の違いは、エネルギー ──ゆるぎない決意── である」

等々、
言霊が次から次に散りばめられています。

自分に矢印が当たり、身体が熱くなってくる のが実感できるのではないでしょうか。

 
この言葉の刺激を活かしながら、
冒頭の「書き出してみる」ということを実践さえすれば
ビジネスの進め方はもとより、人生の歩み方までもが
大きく変わってくるのは間違いがない様に感じます。

結局のところ、
最初の入り口を素直に聴き入れ、ここから入るかどうか…
ではないでしょうか。

この本は実践の書です。

ページも130ページ程。

 

知っているかどうかが問われるのではなく、
(大事なことを)やっているかが問われる書籍です。

 

頭ではわかっていても、意外と最初の一歩が踏み出せず、
ぐずぐずする体質は我々リーダー誰にも少しはある様に感じます。

 

大事なことから真っ先に取り組む体質を
今回の本を読み、やってみる、ことから一緒に高めませんか!!

(水野秀則)

 

Pocket

関連記事

高原慶一朗氏サイン

あなたは初代(創業者)、それとも二代目(後継者)?

日本長者番付トップ10で誰の顔が浮かぶ? こんにちは 経営者コンサルタントの水野秀則です

記事を読む

経営者として、今、あなたが読む本がわかります

水野の書評ブログをスタートいたします この度21世紀の幕開けと同時にスタートしてまいりました紙

記事を読む

「メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<2>」

皆さん、こんにちは 水野です。   先日の、書籍にまつわる “故(ふる)きを温(たず)ね新しき

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

『マネーの公理』でお金との付き合い方に気付く!

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール posted with ヨメレ

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <1>

皆さん、こんにちは 水野です。 今日は、ある後継者の方との書籍についての対話から、 改めて深

記事を読む

人を動かす

人を動かしたい、という想いに駆られる方へ

人を動かす! リーダーとして、事業家として誰もがこの力を身に付けたいと願っている。 デールカーネ

記事を読む

新しい一年を深く感じるにはこの1冊から「コトラーのマーケティング3.0」

マーケティング。 ビジネスリーダーであれば、誰でも知っている言葉。 しかし、その本質をつかみ

記事を読む

「LEAN IN(一歩踏み出す)」「LEAP!(リープ)」で感ずる2つのL(Leadership・Love)

皆さん、こんにちは 水野です。 暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか? たっ

記事を読む

ドラマ『下町ロケット』リーダーの想いを組織力にいかに高めるか?

いよいよ、あの原作のドラマが、TBS日曜劇場で第一回放映。 『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』

記事を読む

書籍「人を動かす、新たな3原則」に学び、3日以内に取り組める3つのこと

こんにちは 水野です。 ベストセラーを連発し時代を牽引してきたダニエル・ピンク。 その新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑