リーダーにとって、感謝とは? 武尊山トレイル参戦(2)

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 第69回富士登山競走への道 , ,

Pocket

第3回上州武尊山スカイビュートレイル参戦より ~

 

みなさん、こんにちは。水野です。

 

前回で、困難な状況においてリーダーとして力強く突き進むためには、
環境を味方につける”ことをお伝えしました。

職場環境、市場環境、経営環境等々、陸上競技短距離では追い風は
参考記録になりますが、ビジネスの世界では追い風を使わないのはもったいない
と実感しました。

今回はその続編。
後2つ、何があれば力づよく突き進めるのか、私の身体を使ったある意味実験です(笑)

今回走ってみて、百名山としてこの武尊山がなぜあげられているのかが
よくわかった様に感じます。

ハードな登りが続き、やせ尾根の岩場で怖さもあるけれど、
あの雄大な景色は、都心から車で2時間程で行ける山としては
トップレベルではないでしょうか。

数あるトレランのレースでも、野山を走ったり低山を昇り降り
するだけではありません。

 

2000m級の山々の稜線をはじめとした、本格的な山岳レースであり、
百名山の頂上やその前後の山々を駆け巡る大会として
他にない特色を備えている様に感じました。

ましてや来年からは、100km超の大会、しかも獲得標高差では
8000m超に。

 

あのUTMFの標高差や、エベレスト頂上(8848m)にも迫る
世界の山岳レースに肩を並べる大会となる様です。

ついつい、このレースの素晴らしさをつらつらと書いてしまいましたが、
ここでも学びとして、以下のことを感じました。

それは、
特長が、人を惹きつける!
ということです。

それでは、後半スタートです。

 

武尊山の頂上を12:30(スタートから6時間半経過)に出て、
最後のピーク剣ヶ峰山を目指します。

途中ずっと、絶景が広がっています。

そして、来た道を振り返ると、
まだまだ後ろに続く大会参加の方々が見えます。

DSC_34

 

ふと、
突き進んでいるのは…自分だけじゃないんだ

 

そして、前武尊から武尊山までのあの稜線をじっくり眺めます。
DSC_35

 

見上げるような劇坂をよじ登り返して
剣ヶ峰山2020m到着。

ここでは、わざわざ写真撮影の方が機材を担ぎここまで
登りこのピークで到着した参加者を撮影されています。

これは買わないと申し訳ないでしょ、って感じがしました。
後日のお楽しみです。

DSC_36
 ここまで7時間15分

 

剣ヶ峰山頂上からの絶景!!

DSC_38 DSC_37

その後も絶景が続く・・・。

そして、先ほどまで自分も居たあのピークから
人がドンドン降りてくるのが見えます。

また改めて、
自分だけじゃないんだ!」

当たり前のことかもしれないけど、
仲間がいることで、人は力をすごくもらえることを実感!

ちょうど急傾斜の下りにまだまだ慣れておらず、
足底が岩からの突き上げで痛くなってきていた自分に
力をもらえて踏ん張れた様に感じます。

 DSC_40 DSC_41

 

そして、里山の高手山1373mに到着。
DSC_42
ここまで8時間22分

この辺りまで来ると、傾斜もゆるくなり岩も少なくなり
走れるようになりましたが、今度は膝が痛みだし、
スピードがガクンと落ちました。

前半抑えていたため心拍は余裕があるものの
肝心の脚が動かないと、何もなりません。

下りの傾斜に踏み出す一歩一歩に痛みがはしりながらも
何とか、最終の第三関門川場スキー場駐車場到着です。

DSC_43

ここまで8時間44分

 

今思えば、後半は疲れと痛みのためか、余裕がなくなり
ほとんど写真がありません。(苦笑)

後、12km。
ゴール関門まで2時間と少し。

10時間切りであれば、1時間16分。

日頃走っている10kmであれば50分ほど。

ましてや下り基調ならば、10時間切れるか・・・!?
と想うも世の中甘くはありませんでした。

最後の補給所を出て林道を500m程下り、
そこからの山道は1km程登り、
あの急激な坂を膝をきしませながら下ったり、
またでてきた林道をやはり700mくらい登り・・・・。

 

登りはまだ走れるのですが、山道の下りは膝の痛みで
ほとんど走れず、何とか時間内完走をイメージして走り続けます。

でも頑張っている人には、やはりいいことが・・・・!!

写真はないけれど、山間に響き渡るサザンの音楽が聴こえてきたのです!

しかも、コーナーを曲がると、それはCDではなく生演奏!!

わざわざ声援のために機材を用意され、我々の最後の踏ん張りに
汗を流してくれていました。

これには、ほんとこころの中ら熱いものが込み上げてきました。

 

ありがとうございます!』と、自然と両手をかかげ
大きく左右に振っている自分がいました。

 

 

感謝、感動が人を力づける!

これが3つめに感じたことでした。

この演奏がなかったら、もしかしたら、
その後も続く下り坂の衝撃に膝が耐えきれず
最後に棄権していた可能性もあったかもしれません。
(棄権しても、自分でたどり着くしか手段はないのですが・・・。)

そして、ほどなく山道を出るとコースのコーナーや十字路ごとに
誘導のスタッフの方々が。

 

その一人ひとりに、大きな声で
ありがとうございました お蔭で愉しかったです!」
と自然に言っている自分がいました。

 

ゴールは10時間44分

 trail 0929

残念ながら10時間切ることは叶いませんでしたが、
色々な人に自分は支えられている、そんな想いを強くした
本当に温かい素敵な大会でした。

川場村の皆さん、大会の企画や運営に関わられた全ての方に
こころより、お礼を申し上げます。

ありがとうございます!』

 

 今日のメッセージ

1.特長が、人を惹きつける!

2.仲間がいることで、人は力をすごくもらえる!

3.感謝、感動が人を力づける!

 

最後にご参考までにマップと高低差グラフを。
※武尊山スタートから15分くらいボタンを入れ忘れていましたが・・・。

map

20131003ave

(水野秀則)

Pocket

関連記事

第2回 トレイルフルマラソン・チャンピオンシップin宮沢湖

こんにちは! 水野です。 今回、人生で初めてのチャレンジをしてきました。 その実験結果のご報

記事を読む

癒されるために、たった一つ大切なこと(百名山甲武信ヶ岳登山から<1>)

リーダーとしての癒す力、大切なキーワードですよね。 ストレス社会の中、何があれば人を癒すことが

記事を読む

「特徴なき企業は滅びる」

皆さん、こんにちは! 水野です。 前回のブログの記事を、見られた方から様々なメッセージをいただ

記事を読む

現状を突破するために、効果的な1つの試み! (飯能アルプストレイルラン試走)

大変ご無沙汰をしております。 水野です。 長らくこのブログを書けないまま、雲隠れしておりまし

記事を読む

先行き不安な時こそ、あるものを意識する!(百名山甲武信ヶ岳登山から<2>)

変化が激しい時代、先が見えない時代。 リーダーとして何を大切にして前に進んでおられますか?

記事を読む

日本百名山 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<1>

皆さん、こんにちは! 水野です。 この7月末の第66回富士登山競走後、 久しぶりのロングでト

記事を読む

第39回大阪府チャレンジ登山大会 ダイヤモンドトレール(ダイトレ)参戦記

皆さん、こんにちは! 今回も富士登山競走頂上コース、4時間半切りを目指し、 2週連続のトレー

記事を読む

第66回富士登山競走山頂コース参戦! あと30秒・・・。

後、30秒が・・・。 第66回富士登山競走 山頂コース。 去年は30秒に喜び、今年は30

記事を読む

経営者としての自分自身を探求するには?(2014年ULTRA-TRAIL Mt. FUJI STY参加から) 

組織の雰囲気や風土は、そのリーダーによって大きく左右されるもの。 だからこそ、経営者として自分

記事を読む

「第15回Lafuma青梅高水山トレイルラン」で、己の弱点とペース配分を知る!

皆さん、こんにちは! 水野です。 温かくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか? 201

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

no image
2016年の御礼と、2017年のご挨拶

2016年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

関東食糧経営理念
仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の食を支えている”という想い 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 3)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事を通じて自分がどうなり

関東食糧株式会社 社長 臼田真一朗様
仕事に情熱を傾け、真剣に取り組む上で一番大切なことは? ― 仕事と人生は表裏一体 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 2)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事に情熱を傾け、真剣に取

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏
新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 1)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 新卒・若手社員の採用育成に

no image
2015年の御礼と、2016年のご挨拶

2015年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑