リーダーにとって、働く環境とは? 武尊山トレイル参戦(1)

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 第69回富士登山競走への道 , ,

Pocket

第3回上州武尊山スカイビュートレイル参戦より ~

みなさん、こんにちは水野です。

一昨日の日曜日(9月29日)、群馬県川場村で行われた
トレイルランの大会に出てきました。

来年の第67回富士登山競走へにむけてのトレーニングとして参戦です。

が、しかし富士山のレースが距離21km、獲得標高差3000mに対し、
今回の大会は、同52km、4400mというのだから…。

今の私の体力で走り通せるか…、不安たっぷりでの挑戦でした。


前日は、関西での長期研修の実施があり、現地に着いたのは、
23:30頃。車中泊の準備をして、すぐに眠りにつきます。

当日は4時半に起き、スタート会場に向かいます。

6時出走で、開会式が行われ…この様な感じ。
DSC_1
トレラン界の第一人者、鏑木毅さんが実行委員長としてご挨拶。
DSC_2
周りを巻き込むオーラと共に、具体的な注意事項も盛り込まれ、
参加者を惹きつけるお話しを。
冒頭からいろいろ学ばせていただきました!

出走直前、距離も長く500人くらいの参加人数なので、
ギラギラ感もなく(笑)温かな雰囲気で号砲!
DSC_3

 

最初2kmくらいの舗装路を走り、山道に入っていきます。
(走りながら、撮っておりボケていてすいません)

DSC_5
ここまで14分

すでに暑さを感じ、振り返ると
稜線から見える朝日が、見送ってくれています。
DSC_4
この風景が、この後の気付きや学びの始まりだったことを
今、実感。

ひたすら登りが続き、確か5kmの表示付近
距離も長いので、心拍は150前後と想いながら進むも、
135~145くらい。

さらに余裕を残して登っていきます!

DSC_6

 ここまで46分

 

視界が開けて、有名な劇登りの場所
DSC_7

 

DSC_8

ここまで1時間17分

 

途中舗装林道を確か3回走ります。
(1回目は登り、2回目は下り、3回目は登り)

今回は、試走をしていないので、 コース図と高低図が頼りなのですが、
事前に頭に入れるも全てが覚えきれていないので、前の人にとにかくついていく感じ。

ピンク色のコース表示やコース員の方が居るので、安心して前に進みます。

そして、最高地点の武尊山(ほたかやま)からの谷を流れる小川を 超えていくため、
4つ程の急なアップダウンを超えていきます。

 

小川に掛かる小さいな木橋は滑りやすく注意が必要。

何より急なくだりのため急に止まれず、 くだりの下手さを露呈。
(富士山は登りだけのレースのため、駆け下るトレーニングができていないのです…。)

DSC_9

 ここまで2時間34分

 

ようやく、水の補給ができました。

桐の木平キャンプ場到着!

DSC_10

ここまで2時間52分



旭小屋  

DSC_11
ここまで3時間20分

 

20km表示付近 エイドまであと少し!!

DSC_12

 3時間29分

 

11時の第一関門、川場谷野営場に70分残し、
3時間50分でエイド到着。
(エイドの写真はありませんが・・・)

水だけでなく、スポーツドリンク・ノンアルコールビールも。

また、食べ物もバナナ以外に、おにぎり等があり、補給。しばしの休息。
休息から切り替え、さあ! ここから頂上に向け、本格的な山道に入っていきます。

 DSC_13

 DSC_14

 

 

OGNA武尊スキー場への分岐

ようやく尾根線にでたのか
先ほどの野営場から2.4km 高低差570mと出ています。

ということは、23.8%の傾斜
DSC_15

ここまで4時間49分

 

第二関門 前武尊山2089mに到着。
スタート地点493mから1596mの高度をかせぎました。

DSC_16

 

休憩している人がいましたが私は休まず先を急ぎます。
武尊山まで3.4kmの表示。

DSC_17 

ここまで5時間18分(関門打ち切りタイムは7時間)
 

視界がドンドン開け、素晴らしい景色に包まれていきます。

DSC_18

そして、こんな素敵なプレゼントがっ!
DSC_19[2]fuji

そうです。
雲海の上に浮かぶ、富士山です。

写真にするとさらに小さく見えにくいですが、
写真の左から1/3の所に円錐状のあの形が浮かんでいます。

そして、北アルプス、中央アルプスをバックに
最高地点の武尊山がはっきりと視界に入ります。

DSC_20

前武尊を出て、4つ目のピークが武尊山ですが
登り返しがきつい家の串山2103mに到着。

DSC_21 

ここまで5時間52分

 

 
百名山 武尊山のハイライトがここから…!

中の岳2144mまでの稜線が最高の景色です。

やせ尾根というよりは、岩尾根を通っていく感じです。

秋は確実に迫り、高峰の山々を素敵に彩り始めています。

DSC_26 DSC_22 DSC_23 DSC_24 DSC_25DSC_27

中の岳到着
DSC_28

6時間12分

トップ選手はすでにゴールに到着している頃か…!?

 

そして、この山の命名の元になった
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の像の前を通過し
DSC_29

頂上直下の分岐

DSC_30

いよいよ武尊山2158m頂上。

50歳を超えるまで山とまったく縁のなかった
私が百名山、5座目クリア!!
 ①筑波山②富士山③雲取山④大菩薩嶺

逆光で顔の表情が帽子で影となるも、
疲れのためか気づかず・・・でも嬉しそう!(笑)

DSC_33 DSC_32

ここまで6時間50分
 

困難にも負けず、力づよく前に進むには、
周りの環境の力が大きく左右していることを実感

この様な雄大で素敵な環境で走るのと、
アスファルトの変化のない一本道やビルの閉鎖された階段では
当然力の出方が違うのは言うまでもないと改めて認識。

日頃、仕事する上でも、この様に力が出やすい
職場の雰囲気や環境を創れているか

職場環境の大切さを、今更ながらに感じました。

ちょうど欧米の方や中国の方が、職場にもファミリーの写真を
机等に挟み込んだり、飾っておられたのを想いだしたり・・・。

 

長くなったので、ここでひとまず区切ります。

後半となる頂上からのくだりはどうなるのか?

人が力強く前に突き進むためには、
何が必要なのか? 2つ目と3つ目は何なのかを
お伝えします。

後半へつづく⇒ )

最後にルートマップと高低差グラフ等を。

http://yamadanoboru.com/50kn.pdf

↑ こちらは大会公式マップ

 

以下私のランキーパーでのマップです。ご参考までに。

20131002map

20131002ave

(水野秀則)

 

 

Pocket

関連記事

新米ランナーでも感じる、経営者にマラソンがいい2つの理由(学芸大ランフェスタ参加)

皆さん、こんにちは 水野です。 暑くもなく寒くもなく、絶好の季節になりました。 経営者・リー

記事を読む

青梅・東京マラソンが経営者に効く!?

皆さん、こんにちは! 水野です。 今年の冬は雪が降る日が多いですが、いかがお過ごしでしょうか?

記事を読む

低酸素室トレーニングに学ぶ、“不安感”を“危機感”に!

こんにちは! 水野です。 今日の東京は久しぶりの雨で、しのぎやすい気温です。 皆さん、いかが

記事を読む

自己成長のために、大切な一つのこと(毛呂山鎌北湖マラソン)

  自分を高めたい、自分を変えたい、と願う人は多いものです。 しかしながら、そ

記事を読む

日本百名山 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<1>

皆さん、こんにちは! 水野です。 この7月末の第66回富士登山競走後、 久しぶりのロングでト

記事を読む

『本番に向けた不安やマイナスイメージに負けない!』

皆さん、こんにちは 水野です。 本格的な夏の暑さになってきましたが、 いかがお過ごしでし

記事を読む

経営者としての自分自身を探求するには?(2014年ULTRA-TRAIL Mt. FUJI STY参加から) 

組織の雰囲気や風土は、そのリーダーによって大きく左右されるもの。 だからこそ、経営者として自分

記事を読む

第39回大阪府チャレンジ登山大会 ダイヤモンドトレール(ダイトレ)参戦記

皆さん、こんにちは! 今回も富士登山競走頂上コース、4時間半切りを目指し、 2週連続のトレー

記事を読む

第28回大山登山マラソン大会 レース参戦記 (1)

こんにちは!水野です。 今日は第28回大山登山マラソン大会 http://www.city.

記事を読む

第28回大山登山マラソン大会 レース参戦記 (2)

(前回からつづく) 国道246号線を越える1kmまでは、1%くらいの登りか? 斜度はほとんど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

no image
2016年の御礼と、2017年のご挨拶

2016年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

関東食糧経営理念
仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の食を支えている”という想い 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 3)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事を通じて自分がどうなり

関東食糧株式会社 社長 臼田真一朗様
仕事に情熱を傾け、真剣に取り組む上で一番大切なことは? ― 仕事と人生は表裏一体 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 2)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事に情熱を傾け、真剣に取

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏
新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 1)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 新卒・若手社員の採用育成に

no image
2015年の御礼と、2016年のご挨拶

2015年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑