メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<1>

Pocket

皆さん、こんにちは 水野です。

よく経営者や組織のリーダーから、
メンバーに伝えても伝わらなくて困っている
若い部下と価値観やビジネスを進める前提が違っていて
 社内の常識(ビジネス基礎力)がなかなか浸透しない
等々伺います。

今回は、この様な状況に対してビジネス書を、
あるちょっとした工夫でメンバーに紹介されている事例をご紹介します。

題して、“故(ふる)きを温(たず)ね新しきを知る”作戦

これで、リーダーとメンバーの意識や考え方の格差が埋まっていくことを
願っています。

ところで、今朝がたの地震の影響はいかがだったでしょうか?
夢見ごこちだったものの、長く続く揺れに私も怖さを感じました。

 
しかし、昨晩はきれいな中秋の名月も家内と二人きっりで見られたし、
日が昇ってからは、週末の台風が過ぎ去り、
高く青い秋の空が広がる清々しい日となっています。

そうそう、読書の秋、皆さんはどの様なかたちで書籍を味方につけて
いますか?

今回は、リーダー単独ではなく、スタッフともども
涼しくなってきた夜長を満喫できるような、
冒頭にお伝えした“故(ふる)きを温(たず)ね新しきを知る”作戦での
書籍をご紹介します。

まずは、この様な問い掛けからです。
リーダーとして、ビジネス書の古典と言えば何が思い浮かびますか?

(読み進む前に、少し考えてくださいね)

・・・・
・・

例えば、私の場合、やはりドラッカーが浮かびます。

その書籍の中でも、やはりこの本。

この本は、私が主催する3日間の経営者力強化本講座
という講座の必読書籍としても指定させて頂いているのですが、
ここ11年間変わっていないのです。

経営者・後継者・経営幹部の方でも、手に取った方は多いのでは
ないでしょうか?

そして大切なのは、ここからです。

こういった歯ごたえのある書籍を、自分の部下や組織のメンバーに渡しても
あまりいい反応が返ってこない経験をされた方もまたいるのではないでしょうか?

そこで、あなたであればどうされますか?
もちろん、これを読んでは?と、テーマは同じでも入門編を進めますよね

そうです、これが作戦名、“故(ふる)きを温(たず)ね新しきを知る”です!

実際、この取り組みをされている経営者は、
古典として自身が大事にしているビジネス書を
部下には入門編を課題書籍として提案されています。

もちろん、入門編はもちろんのこと、セットとなる古典を読み返して
いることは間違いありません。

例えば、あなたには以下のテーマでどの様なビジネスの古典や著者が
浮かびますか?

1. コミュニケーション・人間関係

2. チームビルディング・組織力発揮

3. 日本人の癖・陥りやすい点

4.道徳と経済の両立(経営理念と収益の両立)

少し考えても、忘れて出てこない方は、以下の
ヒントも参考にして見てください!
※ブログ冒頭の本を並べた写真もヒントになるかもしれません(笑)・・・。

1.コミュニケーション・人間関係
  ヒント:動かす

2.チームビルディング・組織力発揮
  ヒント:学習

3.日本人の癖・陥りやすい点
  ヒント:失敗

4.道徳と経済の両立(経営理念と収益の両立)
  ヒント:日本資本主義の父

 
はい、それでは!
それぞれの古典であり、お薦めの本です。

1.
「人を動かす」

2.
「最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か」

3.
「失敗の本質 ・・・日本軍の組織論的研究」

4.
「論語と算盤」

次回はこの古典に呼応する、部下と一緒に読み進める
「もしドラ」的な入門編の書籍をご提案します。
お愉しみに!

今日のメッセージ

1.部下と共に、故(ふる)きを温(たず)ね新しきを知る”作戦!

今日の問い掛け

1.メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?
2.リーダーとして、ビジネス書の古典といえば何が思い浮かびますか?
(水野)

Pocket

関連記事

「LEAN IN(一歩踏み出す)」「LEAP!(リープ)」で感ずる2つのL(Leadership・Love)

皆さん、こんにちは 水野です。 暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか? たっ

記事を読む

成果を出しているリーダーと出せていないリーダーとの違い(「トヨタの口ぐせ」に学ぶ)

誰しも他人と自分の違いに気付かないと、行動を変えようとは想いません。 強い現場力をもつトヨタで

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

同じ経営者として小説『海賊とよばれた男』から生き様を学ぶ!

  海賊とよばれた男 上 posted with ヨメレバ

記事を読む

『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

松下幸之助が惚れた男―評伝 高橋荒太郎 posted with ヨメレバ

記事を読む

なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン! それを手がけた一人の日本人の熱い想い!

記事を読む

マネージャーとの違いで顕わになる、リーダーが陥りがちな1つの感覚

マネージャーとリーダーの違いは? と、聞かれてあなたならどの様に応えますか! 今回は意外と知られ

記事を読む

対人関係で疲れた時にこの1冊(「ゆるしの法則」)

リーダーである以上、人との関係で悩み苦しむことはあります。 そんな時あなただったら、どの様な本

記事を読む

人を動かす

人を動かしたい、という想いに駆られる方へ

人を動かす! リーダーとして、事業家として誰もがこの力を身に付けたいと願っている。 デールカーネ

記事を読む

村上春樹氏「走ることについて語るときに僕の語ること」に学ぶ創造性の源

春樹さんといって想い浮かぶことは何でしょう? 作家、1Q84、ノルウェイの森、ノーベル文学賞(

記事を読む

リーダーのタイムマネジメントに効く書籍、カエル?

こんにちは 水野です。 みなさんは、「忙しい」「時間がない」という言葉を、 日頃どのくらい口

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑