何があるから継続できるのか? 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<2>

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 第71回富士登山競走への道 , , ,

Pocket

皆さん、こんにちは 水野です。
大菩薩嶺へのトレイルランニング、距離45km、標高差1938m
への挑戦、続きです。

1回目は、こちらです。
日本百名山 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<1>  



前回の白糸の滝は楽しんでいただけたでしょうか?


今回は16kmを走ってようやく大菩薩峠に向けた本格的な登山道
に入るところからです。
DSC_4894  ここから入っていきます!

DSC_4897  
途中植林の標識がいくつも。
何年に何本植えたのか、それが明記されています。
昭和49年・・・山や木は一朝一夕ではできないことを改めて実感!

 DSC_4899  DSC_4902 
途中の分岐や標識

DSC_4903
そして、丹波山からの登山道と合流する地点。
ここまで展望がなかった登山道から、いっきに北側が望め
すっきり!

そして、ここで丹波山からこられたご夫婦の登山者に初めて出会います!!
休日であるにも関わらず、ここまで人と会うことがありませんでした。
ひっそりとした道中であったのです。

トレランには向いているルートを選ぶと、人が少なく寂しいのがたまにきず(苦笑)。
しかし、登山者とトレラン、と山の愉しみ方が違うので、それはそれでしかたがないことと感じます。

 

DSC_4899 
この様な標識をクリアし
人の声が聞こえて来たと想うと、そこは大菩薩峠直下でした。
山梨側ではなく、埼玉側の写真を取ります。

DSC_4905

ここまで22kmの道中が、報われる素敵な景色!

さらに人が20人くらいいる峠に登ると
色々なガイドブックにでている有名な風景が目の前に!!

DSC_4906

 この青空、やっぱり山に登ることは止められません!!(笑)

横だとさらに、ワイドビューで広がりが実感できます。
DSC_4907[1]

DSC_4909
 そして夏山の午後なので眺められないかも、と想ってはいたのですが
やはり富士山は望めず、残念。
こちらの方向に普通は見えます。

DSC_4912
でも、上日川ダムが見え、こちらにも癒されました。
水はやはり大きな癒しですね。

DSC_4913
そして大菩薩嶺に向け尾根を進み、大菩薩峠を振り返ると
この景色、最高です
山小屋の介山荘が既に小さくなっています。

DSC_4917
こちらは塩山や山梨の市街地方面

そして!!
DSC_4921 
2057m大菩薩嶺、頂上到着!

ここで、スマホの電池を入れ替えて、下りに入っていきます!
コースは、石丸峠~牛ノ寝通り~小菅の湯です。
後で気づくも、この時のスマホでの行動記録のアプリの
スイッチがうまく入っておらず、下りのデーターがなくがっくし(苦笑)

DSC_4923DSC_4924
大菩薩峠付近とはうって変わって、こんな所を登っていきます。
でも自然林で癒される!

DSC_4925 
標識。この小さな表示がありがたく心強い。

 

DSC_4927 DSC_4928 DSC_4926

そして、石丸峠を見下ろす場所に躍り出ます
この景色が一番癒されたかも!!

DSC_4930 DSC_4931 
分岐の標識

DSC_4932 
先ほどの見下ろした地点を、今度は下から見上げる。

DSC_4936 DSC_4933
そしていよいよ牛ノ寝通りに入っていきます!!

DSC_4937 DSC_4941 DSC_4943
最初は急なくだりが多かったのですが、その後は走れるトレールが続きます!!
途中、やせ尾根もあるが、基本的には快適に・・・。

なぜこんな道を走っているのか? 走り続けているのか?

それは大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<3>完結編に続きます。

 

今日の問い掛け

1. あなたは何があるから継続ができるのでしょうか?

以上

(水野)

 

 

 

 

 

Pocket

関連記事

新米ランナーでも感じる、経営者にマラソンがいい2つの理由(学芸大ランフェスタ参加)

皆さん、こんにちは 水野です。 暑くもなく寒くもなく、絶好の季節になりました。 経営者・リー

記事を読む

自己成長のために、大切な一つのこと(毛呂山鎌北湖マラソン)

  自分を高めたい、自分を変えたい、と願う人は多いものです。 しかしながら、そ

記事を読む

経営者の資質向上に登山が効く3つの心理<百名山蓼科山>

1.経営者やリーダーの方がなぜ登山にはまるのか こんにちは 水野です。 経営者の方で登山が好

記事を読む

第28回大山登山マラソン大会 レース参戦記 (1)

こんにちは!水野です。 今日は第28回大山登山マラソン大会 http://www.city.

記事を読む

リーダーにとって、働く環境とは? 武尊山トレイル参戦(1)

~ 第3回上州武尊山スカイビュートレイル参戦より ~ みなさん、こんにちは水野です。 一

記事を読む

富士山、世界遺産登録(勧告発表)おめでとう!!

皆さん、こんにちは 水野です。 昨日のニュースで発表があったので、多くの方がご存じだと想います

記事を読む

「第15回Lafuma青梅高水山トレイルラン」で、己の弱点とペース配分を知る!

皆さん、こんにちは! 水野です。 温かくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか? 201

記事を読む

「特徴なき企業は滅びる」

皆さん、こんにちは! 水野です。 前回のブログの記事を、見られた方から様々なメッセージをいただ

記事を読む

雨中のトレランだからこそ、事業での思わぬ学びが!

こんにちは! 水野です。 この秋の三連休はどの様にお過ごしだったでしょうか? また、次の三連

記事を読む

第28回大山登山マラソン大会 レース参戦記 (2)

(前回からつづく) 国道246号線を越える1kmまでは、1%くらいの登りか? 斜度はほとんど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパ

部下との信頼関係を計る、1つのモノサシは実はこれでは?#5

部下との信頼関係を深めたいと思う、リーダーは多いのではないでしょうか。

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょう

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではない

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑