「LEAN IN(一歩踏み出す)」「LEAP!(リープ)」で感ずる2つのL(Leadership・Love)

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 経営者のための読書実践【書評】 , ,

Pocket

皆さん、こんにちは 水野です。

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

たっぷりある時間を 趣味のトレランに捧げるだけでなく
色々な本を手に取っていました。
今回、まず取り上げたいのは話題の書 

です。

帯にも書かれている様に、フェイスブックのCOOで
世界に影響力のあるシェリル・サンドバーグさんの著作。

色々と感ずる所はありましたが、その中でも

女性が直面する障害物の頂点に君臨するのは、『恐れ』

自信がもてない時に私が使う技は、自信があるふりをする
2章で出てくる、この二行だけでも手に取った価値は非常にあった様に
感じます。


ただ今回は、このべストセラーとなったこの本のことを書き綴るというより
「リーン・イン」を読みながら、脳裏に浮かんでいた
ある女性社長の人生と事業を変えたあるキーワードであり書籍(9年前の2004年初版)

 

と、からめて、私自身が感じたことをご紹介します。

 

LEAP”──飛び跳ねる、という意味ですが、それだけではありません。

この4文字のそれぞれが、その頭文字をとって4つの言葉に繋がっていき、
あるリーダーシップの4つの要素を構成しています。

この本で最も衝撃を受けた「○○を変えるリーダーシップ」とは?
それは全ての文章の最後に書いています。(もうしばらくお待ちください)

著者であるスティーブ・ファーバーは、あのトム・ピーターズの右腕であり、
副社長という要職に居たことからも、
この本を時空間を経ても読む価値があると感じます。

しかも小説仕立てで読みやすい (T専務、お薦めですよ 笑)

では、先に4要素で感じいったポイントをご紹介します。

L (Love:愛)
 究極のリーダーは常に「気に掛かる」という行動をとっている
   (突き詰めればその行動は「愛」に根差したものといえる)
E (Energy:エネルギー)
 愛なしではなまけものになるだけさ
 (愛が強いほどエネルギーも強い)
 
 究極のリーダーの仕事とは?
  (個人の)ハートをつなぐこと
  ビジョンを発表するのでなく、
  リーダーがビジョンそのものになる
A (Audacity:大胆さ)
 大胆さとは何か?
  常識の限界を露骨に無視すること
P (Proof:立証)
 愛は証を求める
 あなたは自分と皆を納得させる必要がある
はい、いかがだったのでしょうか?

 

私が冒頭のサンドバーグさんの「LEAN IN」を読む中で
頭を駆け巡っていたのは、この女性社長からご紹介いただいた
「世界を変える」リーダーシップというスタンスだったのです。

 

そして、このストーリーの主人公が声高らかに語る場面を
最後にご紹介して終わります。
根底から変わった。私は自分の仕事に惚れた。
 もっと正確にいうと、仕事ではなく天職についた。

 私が特別だからということでなく決してなく、
 地球上で生きている間に成しとげたいと想うことが、ついにはっきりしたのだ

われわれ一人ひとりがこの様な瞬間を感じながら、志事を
できれば世界なんか簡単に変わると感じたのは私だけでしょうか?
水野 秀則

今日のメッセージ

1. 「女性が直面する障害物の頂点に君臨するのは、『恐れ』

2. 「自信がもてない時に私が使う技は、自信があるふりをする

3. 「究極のリーダーは常に「気に掛かる」という行動をとっている」

4. 「ビジョンを発表するのでなく、リーダーがビジョンそのものになる

今日の問い掛け

1. 究極のリーダーの仕事とは?

2. “大胆さ”とは何でしょうか?

以上

Pocket

関連記事

『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

松下幸之助が惚れた男―評伝 高橋荒太郎 posted with ヨメレバ

記事を読む

リーダーとしての人生・仕事に影響を与えた映画は何か?(映画アルマゲドン)

文字から読み取る書籍よりも数倍、われわれリーダーのこころに訴え掛けてくる映画。 影響を受けた映

記事を読む

新しい一年を深く感じるにはこの1冊から「コトラーのマーケティング3.0」

マーケティング。 ビジネスリーダーであれば、誰でも知っている言葉。 しかし、その本質をつかみ

記事を読む

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を創るだけではない。我々リーダー

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

『マネーの公理』でお金との付き合い方に気付く!

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール posted with ヨメレ

記事を読む

人を動かす

人を動かしたい、という想いに駆られる方へ

人を動かす! リーダーとして、事業家として誰もがこの力を身に付けたいと願っている。 デールカーネ

記事を読む

「あなたの意思はどのように決まるか?」に学ぶダニエル・カーネマンの神髄

ファスト&スロー (上): あなたの意思はどのように決まるか? pos

記事を読む

成果を出しているリーダーと出せていないリーダーとの違い(「トヨタの口ぐせ」に学ぶ)

誰しも他人と自分の違いに気付かないと、行動を変えようとは想いません。 強い現場力をもつトヨタで

記事を読む

マネージャーは何をする人か?マネジメントの基本とは?――その一つの応え (東京商工会議所 ビジネスマネージャー検定試験の活用)

マネージャーとして大切なことは何ですか? と、問われた時、あなたはどう応えますか? 戦略

記事を読む

サーバントリーダーシップ

〇〇〇〇リーダーシップ、あなたは何が浮かびますか?

リーダーシップと聞いて、どの様なスタイルが脳裏に浮かんできますか? 引っ張り型、状況対応型、変革型

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その5「弱点・欠点」後半

 上司から部下の欠点や短所はよく見えるもの。だからと言って、そのまま直

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その5「弱点・欠点」前半

 リーダシップとは? 目的・目標実現のための対人影響力! だとすれば、

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」後半

リーダーとしての力強いメッセージを伝え、組織力を高めたい。その様な時、

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」前半

顧客へのプレゼンテーション、毎月の会議、毎年の経営方針発表会。われわれ

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その3「なぜ」

部下や後輩から出てくる、言い訳。実は、われわれ後継者・次世代幹部が、部

→もっと見る

PAGE TOP ↑