『部下やスタッフに矢印を向けるのではなく、リーダー自らに矢印を当てる』

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 経営者力を高めるコラム , ,

Pocket

こんにちは! 水野です。

夏休みに入り、街中では昼間から、
元気な子供たちの姿も見られるような時期になりました。

さて、今日は先週末の出来事から。

ここ2年ほど階層別での長期シリーズ研修(複数回実施)として
取り組みをさせていただいている会社。
今回の対象者での5回目となる研修がありました。

終了後、先方社長様とこれまでの研修内容や、
今後のお取り組みについて話をする時間を頂き、
歓談していた時のこと。

その中でふとおっしゃったことが
とても私のこころに響き、印象に残りました。

それは、
「水野さん、私たちが(教えてきたつもりで)
 教えてきていなかったんだな。」
という言葉。


最初に取り組んだ管理職層ではリーダーシップやマネジメント
人を通じて成果を生み出す、といった取り組み。
また、次の中堅層では上記のものも含みつつ、
メンバーとのコミュニケーションチームでの取り組み
さらには、敬語やビジネスマナー、といった
社会人として基本的なことを再認識する内容等・・・。

そして研修が進む中、
参加した社員の方々の日々の様子を
成果として実感頂くようになってきたというのです。

過去、ご自分たちが“教えてきているつもり”で、
教えてきていなかった(教えきれていなかった)”、
と。

私はこの出来事を通じて、この方のリーダーとしての素晴らしさ、
まさに“リーダーの本質”を見たような気がしました。

きちんと出来ていなかった社員たちを責めるのではなく、
“教えていなかった”我々が至らなかった、というスタンス。

相手に矢印を向けるのではなく
自分自身に矢印を当てられる姿に、
当たり前のことかもしれないけれど、
それを会社のトップになられても実践しておられることに強く感銘を受けたのです。

人はとかく相手に矢印を向けがちで、
自分の責任から逃れよう、としがち。

しかし、そこであえて自分の過去や現在を素直に認め、
お話をされる姿にリーダー(経営者)としての本質を感じました。

そして、
過去の問題に終始するのではなく、
未来ののびしろを感じ、行動を起こされる姿勢に、
改めてこころ打たれたのです。

私自身も、改めて自分自身に矢印を向け、
何事も「自分次第」というものの見方・考え方というスタンスを忘れないでいたいと
心新たにする機会をいただいたことに感謝!

皆さんの矢印はどちらに向かっていますか?

(水野)

※関連記事:「人生の180度転換は自分次第!」 

Pocket

関連記事

会議室イメージ

中小企業の後継者は孤独か⁉

後継者が元気になるキーワード こんにちは。経営写コンサルタント®の水野秀則です。 ある経

記事を読む

リーダーシップ開発って、スキル・テクニック? vol.2

リーダーシップスキルを高めたい。 このような想いをもつリーダーの声をよくお聞きします。 何があれ

記事を読む

経営者力を高めるコラム

経営者力を高めるコラム 経営『者』力とは、まさに経営者という “人” としての力。 単なる経

記事を読む

梅雨時で停滞しがちな今のこころを、未来の力に変える2つのテーマ!

梅雨時の雨。 ついつい不快な気持ちになったり、 屋外で取り組みたいことができずイライラが、、、、

記事を読む

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではないか? それよりも職場で日常多

記事を読む

できる新入社員を育てるために、仕事での時間の使い方が変わる上司の2つの言葉 vol.4

 日々成長し、できる人材を、どの様に育てるか?    いいものもってるけど、  なかなか育ってい

記事を読む

『ある会社の営業所長研修ご支援から学ぶ、わかっていても陥りがちな指導スタイル』

皆さん、こんにちは 水野です。 8月に入って暑い日がさらに続いていますが、いかがお過ごしでしょ

記事を読む

自立型新入社員が自然と育成され、受け身・指示待ちが少なくなる上司のOJT vol.6

 職場に配属された新人が、指示待ちで困っている。    入社当時はまだしも3か月も半年も経っても続

記事を読む

ぶれないリーダーでいるための、ある具体的な2つの取り組み

目的や目標に向かって日々邁進する組織のリーダー。 ふと気づいた時、そこからズレていると感じるこ

記事を読む

リーダーとしてあなたは敏感/鈍感?<2>

前回のブログでのあなたへの問い掛け。 “感のつく言葉”、どのようなものが出て来るでしょうか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

リーダーが叱ると怒るの違いに気づき、部下に届く叱る言葉のポイント #7

部下を叱ること、最近やっていますか? 「親にも叱られたことがない今の

部下を褒める言葉がなかなか見つからないと感じた時、2つの提案 #6

リーダーとしての褒め叱り、どうされていますか? 「いやぁ~、最近はパ

部下との信頼関係を計る、1つのモノサシは実はこれでは?#5

部下との信頼関係を深めたいと思う、リーダーは多いのではないでしょうか。

部下から報連相がないと嘆きたくなったら、リーダーシップをここでこそ発揮するコツ #4

部下から報連相がないと、嘆きたい気持ち、誰にでもあるのではないでしょう

リーダシップをより現場で発揮するために、日常の指示・依頼ですぐにできること #3

リーダシップ、リーダーシップと、声高に言っても何も変わらないのではない

→もっと見る

冊子 「部下が育つ報・連・相の受け方」期間限定無料贈呈中

PAGE TOP ↑