新書「経営センスの論理」から感じる、経営者感覚!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 経営者のための読書実践【書評】 , ,

Pocket

皆さん、こんにちは!

水野です。

少し時間が空いてしまいましたが、その後お変わり<ござい>ますか!

変わらないことを是とするのではなく、
変化し続けることを是とするので、この様な挨拶になってしまいます。 笑
さて、今回は経営感覚がテーマです。

ファッションの知識は知ることができても、ファッション感覚は磨きあげるもの、
と言われますよね。

と、同じように、経営の知識は学べても、経営感覚はつかみとるもの、
であるように想うのです。

組織のリーダーとして、この経営の知識や情報・手法を学ぶだけでなく
この経営感覚をあなたはいかに磨いておられますか?

今回は、日頃から研修やコンサルティングの中でお伝えしていることと
同じ香りがする素敵な本のご紹介をしたいと考えます。

という素敵な書籍を世に送り出した
冒頭の写真:楠木 建さんの
最近の本・「経営センスの論理」です。

日頃の講演会や、役員研修会、経営者との語り合い…といった場面で
私がよく話していること、

例えば、

1.改善だけでなく、革新(シフト)が経営者には求められる

2.できることをやることに終始するのではなく、
  できないことを挑戦してみる

3.現状延長線(アクセルを踏み込む)だけではなく、
  高次元のところに飛び移る(シフトアップ、ギアを転換させる)

4.その時、空白(駆動がかかなってない)時間があり
  強く不安を感じるが、セカンドギアに入れば
  アクセルを戻しても自然とスピードは出てしまう

5.参入障壁が、最大の利益

等々。

変革を生み出すには、知識やノウハウ・スキルだけではなく、
革新を生み出すスタンス(感覚)が経営者・経営幹部には
必須と日頃から感じていますが、
楠木氏のこの本では、

1.革新は進歩と違う
  革新の本質は?  

2.戦略の本質は? 

といった問い掛けの後に、際立った、実に明確な回答が用意されているのです。

この2つの回答を氏と一緒に考えながら
読み進むだけでも、経営感覚が飛躍的に高まる様に想います。

現時点では、その回答をここに書き記すことは
あえてしないので、ぜひ手に取ってみられてはどうでしょうか?

新書版で非常に読みやすいですよ。

経営者はもちろんのこと、
時代は部門管理者ではく、部門経営者を求めています。

その本質は、改善だけではなく、革新が求められているからに
違いがないでしょう。

経営学は学べても、経営はつかみとるもの

経営感覚があなたになお一層高まることを願っています。

水野秀則

Pocket

関連記事

稲盛和夫氏からダニエル・ピンクまで!水野がご紹介させて頂いた書籍ご案内!

こんにちは。 フューチャサポートのスタッフ落合です。 読書の秋も後半戦。 この秋、皆様はど

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

経営感覚を磨くには?に応えるこの3冊

こんにちは! 水野です。 しばらく間が空きましたが、経営者に関する書籍の情報を発信させていただきま

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <2>

ビジネスを快適にするギア! ここに興味を惹かれる方をとりこにする ハーマンミラー社のアーロンチェ

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <1>

皆さん、こんにちは 水野です。 今日は、ある後継者の方との書籍についての対話から、 改めて深

記事を読む

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

組織が機能するには、ドラッカーに学び まずはここから!!

リーダーとして、組織力が発揮される様願っている方は多い。 しかし、その組織力をいかに引き出すの

記事を読む

ドラマ『下町ロケット』リーダーの想いを組織力にいかに高めるか?

いよいよ、あの原作のドラマが、TBS日曜劇場で第一回放映。 『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』

記事を読む

人を動かす

人を動かしたい、という想いに駆られる方へ

人を動かす! リーダーとして、事業家として誰もがこの力を身に付けたいと願っている。 デールカーネ

記事を読む

メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<1>

皆さん、こんにちは 水野です。 よく経営者や組織のリーダーから、 「メンバーに伝えても伝わら

記事を読む

経営者として、今、あなたが読む本がわかります

水野の書評ブログをスタートいたします この度21世紀の幕開けと同時にスタートしてまいりました紙

記事を読む

『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

松下幸之助が惚れた男―評伝 高橋荒太郎 posted with ヨメレバ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑