「あなたの意思はどのように決まるか?」に学ぶダニエル・カーネマンの神髄

公開日: : 最終更新日:2014/01/15 経営者のための読書実践【書評】 , ,

Pocket

皆さん、こんにちは 水野です。

今回は我々組織のリーダーが日々格闘している、
意思決定について、です。

情報を認識し、決めることが仕事である、
われわれ経営者であり、組織のリーダー。

でもそこには、意外と情報に偏りがあったり
その情報を認識する上で錯覚があることをご存知ですか?

どなたも見たこと、聴いたことがある
心理学の授業等でよく出てくる以下の図。

20130520zu1

当然、2つの長さが違う様に見えるけれども、
モノサシで測ると同じである、というもの。

誰もが知識としては知っていること、ですよね。

でも、この様なことは目の錯覚だけではありません。
人が日常で色々なことを決める際の、
認知的錯覚」がここには存在しているのです。
これを解き明かしたのがこの本の著書・ダニエル・カーネマン。

彼は心理学者でありながら、
ノーベル経済学賞をとった方で有名ですが、
意外と経営者には知られていない様に
感じるのは私だけでしょうか。

そのカーネマンの、専門書ではなく、
専門外の人にも語りかける様に伝えてくれている本。

それが、

です。

上下巻で、そこそこのボリューム。

ただ、最も歯応えがあるのは量ではなく、その内容。

我々一人ひとりの価値観にまで揺さぶりをかけてくるのは間違いありません。

ただ、途中で投げ出さなければ・・・というものです。

これまでの常識に囚われず、ぜひ音楽の様に何回も味わってみられる
ことをお薦めしています。

最も有名なプロスペクト理論をはじめ
四分割パターン、2つのシステム、ヒューリスティックとバイアス、
プライミング効果、メンタル・ショットガン等々…。

皆さんと、また様々な会話ができることを愉しみにしております。

この本を心理学やコミュニケーションを、
今、学んでいるHさんや、
統計学を継続して学ばれているOさんに特に味わってもらいたいと考えます。

そして、アベノミクスで半年で70%という驚異的な伸びを見せた日本株式や、
103円という円安をつけ、トレーダーや相場に関心ある人にもとっても、
自身の相場観や思い込みを打破するには、とても効果的な本であると感じています。

今日のメッセージ

  1. 経営者やリーダーは決めることが仕事
  2. 自身の思い込みを打破する

今日の問い掛け

  1. あなたはリーダーとして、意思決定をする際、何に重点をおき、決定を下していますか?
  2. あなたは人の意思はどのように決まると考えられますか?

では、次回まで。

水野秀則

Pocket

関連記事

『社長になる人に知っておいてほしいこと』 松下幸之助

社長になる人に知っておいてほしいこと posted with ヨメレバ

記事を読む

新しい一年を深く感じるにはこの1冊から「コトラーのマーケティング3.0」

マーケティング。 ビジネスリーダーであれば、誰でも知っている言葉。 しかし、その本質をつかみ

記事を読む

『経営に終わりはない』 経営者の右腕とは? 歴史的補佐役に学ぶ4冊

経営に終わりはない (文春文庫) posted with ヨメレバ 藤沢 武夫

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

同じ経営者として小説『海賊とよばれた男』から生き様を学ぶ!

  海賊とよばれた男 上 posted with ヨメレバ

記事を読む

サーバントリーダーシップ

〇〇〇〇リーダーシップ、あなたは何が浮かびますか?

リーダーシップと聞いて、どの様なスタイルが脳裏に浮かんできますか? 引っ張り型、状況対応型、変革型

記事を読む

上司にとってのこの1冊(「上司のための心理学」)

たかが本、されど本。あなたにとって本は身近でしょうか? 本が嫌い、本を読まないというリーダーも

記事を読む

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

組織が機能するには、ドラッカーに学び まずはここから!!

リーダーとして、組織力が発揮される様願っている方は多い。 しかし、その組織力をいかに引き出すの

記事を読む

高原慶一朗氏サイン

あなたは初代(創業者)、それとも二代目(後継者)?

日本長者番付トップ10で誰の顔が浮かぶ? こんにちは 経営者コンサルタントの水野秀則です

記事を読む

怒りやイライラが消えていくこの1冊

そろそろ年末モードに入っている今だからこそ こんにちは 経営者コンサルタントの水野です。 今

記事を読む

対人関係で疲れた時にこの1冊(「ゆるしの法則」)

リーダーである以上、人との関係で悩み苦しむことはあります。 そんな時あなただったら、どの様な本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑