『第21回ふれ愛3時間走・光明池』で、感謝を実感!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 第69回富士登山競走への道 , ,

Pocket

皆さん、こんにちは 水野です。

先週、先々週に引き続き、昨日の日曜日も3週連続の30kmオーバー走参戦です。
最後の今日の大会だけが、野山を駆け巡るトレランではなく、
平坦なアスファルトの上を走る、マラソン大会と想っていたら…。

甘い!!

結果、3時間、31.1kmを走り終えると、442mを登っていました
どおりで厳しいレースになったはずです。


では、朝の様子から。

実家のある大阪府堺市。
その自宅の最寄り駅8:10分発の電車に。

会場まで、この電車とバスを乗り継いでも40分で到着!
やはり地元の大会は楽でいいですね。

場所は、満水時の貯水量が大阪府最大のため池・光明池
この池の南側半分を周回する様なコースが今日の舞台です。
DSC_4060

もちろん、事前の試走をすることもなく、
ぶっつけ本番のレースでした。

受付を済まし、途中のバス車内で合流した
Yさんファミリーと出走の準備を着々と進めます。

そして、ウルトラマラソン完走者のAさんとも合流。
互いに健闘を誓い合って、10時に号砲!

 

1週間前から天気予報は、雨、雨、雨!?
前日も雨でしたが、自宅を出る少し前に上がったので
路面もほとんど乾いていて、ついてる!

こんな素敵な光明池大橋がコースだし、
前週走った葛城山、金剛山?の山々も見えます!
DSC_4061
DSC_4062

【1周目~1時間】

最初は抑え気味で1km5分30秒くらいで入り、
後半に向けて、5分20秒、5分10秒とあげていこう
と想っていました。

が、道幅がやはり狭く、中盤スタートだったためか
前になかなか出られず、入りの1kmは5分58秒もかかっています。

さらに、ほぼ平坦と聞いていたコースの下り、登りのアップダウンが
意外ときつい。

今日は敢えて自分の体感を大事にしようと
km当たりの分数計測ができる時計をはめてきていません。

ラップを見てもらえば分かるように(ブログ文末参照)、アップダウン以上に
ペースの上げ下げをやはりしていたようです。

特に、1時間を過ぎてからは、右かかとの痛みと、左膝の痛みが
今回も襲ってきました(笑)。

5km 28分5秒 

10km  28分1秒  (累計  56分6秒)

【1時間~2時間】
10kmを超え、km当たりのラップが6分台にのります。
約1時間ぐらいだったが、給水と補給(ショッツ)を取るために
少し足を止めた影響でしょうか…。

一緒に大会に出ている、Yさんファミリーや、Aさんとは一部対面通行の箇所があるので、そこで互いに檄を飛ばします。

人は究極、自分一人では頑張り切れない!』

仲間に感謝です。

特に、この時間帯はいつにも増して2つの箇所の痛みで苦しく、
応援してくれる笑顔にどれだけ救われたことか。

増して、Yさんの息子さんが前を走ってくれた時は、
笑みがこぼれ、元気が蘇ります。

DSC_4050

15km 28分1秒  (累計 1時間24分7秒)

20km 29分2秒  (累計 1時間53分9秒 / 10km~20km 57分3秒)

2時間~3時間
残りたかが1時間、されど1時間
これを実感する走りでした。

この時間帯の前半は、何とYさんと並走ができるところが2周ほどありました。
大会初参加にも関わらず、ラグビーで鍛えた強靭な体力は
そのオーラで私のペースを引き上げてもらいました。

そして何より、“経営者として健康管理を行う”という趣旨に賛同を
いただいており、ここはペースを落とすわけにはいきません。

私が車椅子の生活を36歳の時に送っていたことを知っておられたり、
身近な経営者仲間が体調を崩したこともあり、
健康管理に対して意識をより強くされ、
ご自身は自転車通勤もこの春から始められた素敵な方です。

いつやるのか? いつ始めるのか?

自分に矢印を当て、言い訳や妥協をせず
行動第一で取り組まれる姿にはいつも脱帽してます。

一人で始めなければ、何も始まらない! 一人では何もできない!』

という言葉と共に、
一緒に走れる喜びと感謝が、脚の痛みをおさえ
前進するパワーを引き出したのは言うまでもありません。

その後、独走になってからは再び痛みに襲われ、
ぺースもまさかのkm7分台連発。

25km 29分0秒  (累計 2時間22分9秒)

30km 34分5秒  (累計 2時間56分14秒 / 20km~30km 1時間3分5秒)

脚をひきずりつつも、何とか3時間のタイムアップを迎えました。

3時間で31.1km
死守目標の30km(km6分)は走れたものの、
目標35km(km5分14秒)や挑戦目標の36km(km5分)には届きませんでした。

同じ30kmの青梅マラソンと対比しても
そのアップダウン、走路の狭さ、走者とのペースの差等々で
苦戦を強いられた感があります。

しかし、仲間と走れる喜びをかみ締めることができた
素敵な大会でした。

修了後も、じゃんけん大会があったり、弁当の配布があったり
とても愉しめるアットホームな大会。
DSC_4055

(Yさんのお子さんは、いずれも勝ち上がり、ラニンググローブとウエストポーチをゲット!
さすがお父さん譲りのイメージ力活用のプロ)

記録も発表され、記録賞の即時発行もありました。
DSC_4054

そして嬉しかったのは、走っている姿を写真で撮り
即時で提供してくれるサービスまで。
(募金として、1枚20円…!)
DSC_4057

その写真です。↓
(最初は元気だったが…※鼻の通りが悪いため、ノーズクリップ使用)
20130421 egao1
(顔の表情筋までも、疲れたのか 苦笑)
20130421egao2

主催の堺ランニングクラブの皆様、応援してくれたYさんファミリー、Aさん
色々とありがとうございました。

遠く東京から参加して良かったです。
ありがとうございました。

合掌!

地図とラップタイム等です。ご参考までに。
20130421map20130421sprit
20130421kouteisa

水野秀則

今日のメッセージ

  1. 不足を嘆くより、有るものに感謝!』
  2. 一人で始めなければ、何も始まらない! 一人では何もできない!』

今日の問い掛け

  1.  あなたが“あの時こうしていれば…。こうすればよかったのかも…”と思うことはどの様なことですか?
  2. あなたが“今、始めたい”と強く思っていることはどのようなことですか?

バッチ

以上

Pocket

関連記事

低酸素室トレーニングに学ぶ、“不安感”を“危機感”に!

こんにちは! 水野です。 今日の東京は久しぶりの雨で、しのぎやすい気温です。 皆さん、いかが

記事を読む

第22回上里町乾武マラソン大会 参戦記

皆さん、こんにちは! 水野です。 桜がきれいに咲いてきましたね。 お花見にはもう行かれたでし

記事を読む

新米ランナーでも感じる、経営者にマラソンがいい2つの理由(学芸大ランフェスタ参加)

皆さん、こんにちは 水野です。 暑くもなく寒くもなく、絶好の季節になりました。 経営者・リー

記事を読む

先行き不安な時こそ、あるものを意識する!(百名山甲武信ヶ岳登山から<2>)

変化が激しい時代、先が見えない時代。 リーダーとして何を大切にして前に進んでおられますか?

記事を読む

『本番に向けた不安やマイナスイメージに負けない!』

皆さん、こんにちは 水野です。 本格的な夏の暑さになってきましたが、 いかがお過ごしでし

記事を読む

リーダーにとって、働く環境とは? 武尊山トレイル参戦(1)

~ 第3回上州武尊山スカイビュートレイル参戦より ~ みなさん、こんにちは水野です。 一

記事を読む

人が変わる切っ掛けをいかに生み出すか?<さいたまクリテリウムbyツールドフランス>本物を実現

こんにちは!水野です。 人を“変えよう”と想っても、人は意外と変わらない。 しかし、何か

記事を読む

「特徴なき企業は滅びる」

皆さん、こんにちは! 水野です。 前回のブログの記事を、見られた方から様々なメッセージをいただ

記事を読む

自己成長のために、大切な一つのこと(毛呂山鎌北湖マラソン)

  自分を高めたい、自分を変えたい、と願う人は多いものです。 しかしながら、そ

記事を読む

何があるから継続できるのか? 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<2>

皆さん、こんにちは 水野です。 大菩薩嶺へのトレイルランニング、距離45km、標高差1938m

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

怒りやイライラが消えていくこの1冊

そろそろ年末モードに入っている今だからこそ こんにちは 経営者コンサ

高原慶一朗氏サイン
あなたは初代(創業者)、それとも二代目(後継者)?

日本長者番付トップ10で誰の顔が浮かぶ? こんにちは 経営

会議室イメージ
後継者は孤独か⁉

後継者が元気になるキーワード こんにちは。経営者コンサルタン

no image
2016年の御礼と、2017年のご挨拶

2016年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑