第2回 トレイルフルマラソン・チャンピオンシップin宮沢湖

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 第71回富士登山競走への道 , ,

Pocket

こんにちは! 水野です。

今回、人生で初めてのチャレンジをしてきました。
その実験結果のご報告です。

チャレンジというのは、当日フェイスブックでもお伝えしましたが…、

42kmという距離を走り(歩き? 苦笑)続けました!

チャンピオンシップという冠がついた、場違いな大会に出てしまったのかもしれません。

しかし、とてもアットホームな大会で、登りと下りで苦しさ、痛さは
ありましたが、結構愉しんで参りました。

そもそも・・・スタート時間が8:30にも関わらず、
現地に着いたのが、8:25となんと5分前。
完全に時間を勘違いしており、走る前からつまづいてしまいました。
 
「落ち着け!」「普段通り!」と、自分に言い聞かせるも、ゼッケンをつける指が震えるわ、
トレイには行けないわ、ハンドタオルはバックに忘れるわ、大騒ぎ(苦笑)!!
 
しかし、自宅を出る時に、ウエアと必要なアイテムは小袋に分けて準備していたので
わずか7分ほどでなんとか準備完了。
 
全員が出走後で誰も居ない寂しいスタートポイントでしたが、
追うようにして3分後にひとりスタート!しました。
 
長丁場の42km、ホントどうなることやら…。

練習気分で来ているわけではないのですが、なぜか到着時間の逆算に思い込みがあって、
間違ってしまったよう。
 
レースでもビジネスでも、『段取り七分、当日三分!』を痛感。
何が起きても対応できるメンタルこそが大事とこの後も実感することが多々起こりました。
 

あわててつけた心拍計。
接触不良でなかなか数字がうまく出ず何度か付け直すことに。
それでもうまくいかず、最初の補給地点で水をさらにつけて、何とか平常計測になり、ほっと一安心。

心拍計は大切。特に今回はアップダウンがあるため、1km当たりのラップタイムではなく
心拍数と毎周回(約7km)のマネジメントで考えていたのです。

が、スタートのドタバタで、気が付けば登りでは心拍170台。
明らかに一気にペースをあげ過ぎた失敗レースであり、反省です…。

1周回目 46’27  
心拍ベルトの調整、ゼッケン外れで安全ピンを待っていたりトイレにいったり…。
しかも、通常周回より長いことを考えると42分位で、私には明らかにオーバーペース

2周回目 50’04
ゼッケンをピンで確実に留めて再スタート。スタッフの女性の方、大変助かりました。
1周回目も、後を追っていただいたとのこと、ありがとうございました。
元気をいただきました!

3周回目  52’09
登りもそれまで走っていたのですが、徐々に歩きが入るように…。
しかし、下りの快走があり、何とか最低限のペースは維持

4周回目 1時間11’07
後、残り半分という感じで、脚が劇重になり、登りは歩きが入りはじめました。
必死にこころの中で、「本気か!」「富士山完走したいの真剣か!」
と自分が自分に檄を飛ばしていましたが、、、、。

5周回 1時間10’40
平坦でもやや歩く所が出る始末でしたが、後半持ち直してラストの周回に向け
ペースアップ

6周回 51’31
最後は、不思議とそれまでの膝の痛み、腹斜筋の痛みもメンタルでカバーして
ほぼ走り通すことが出来ました。

DSC_3912DSC_3901DSC_3897

今回は、挑戦目標、通常目標、死守目標、どれも届かず、厳しいレースでしたが、
それだけ自分の体質が浮かび上がり、学び・気づきの宝庫でありました。

タイムマネジメントが甘い点、腹筋が弱い点、決めたぺースを守り切れない点、
心拍は中盤楽であるにも関わらず筋持久力でペースダウンした点、等々
富士登山競争に向け、確実にクリアしていきたいと思います。

ビジネスと同じように、『出た結果が今の実力!』
この言葉を噛みしめ、練習の糧にします。

主催者やスタッフの皆様をはじめ、応援をしていただいた沢山の方々
今回もありがとうございました。
 
自宅からも電車を含め、走り始めまで1時間程なので、
練習で先ずリベンジします。
 
何はともあれ、人生初めての大人の42kmの遠足、完走です。 
 
では、明後日の10kmレース、第22回上里町乾武マラソン大会でも、今回の学びをいかして愉しんできます。
 
こちらはこれまでの登りや距離に挑むレースではなく、平坦単距離レースです。
 
目標は、45分16秒!
 
富士登山競争がメインの目標レースでなぜこの大会に出るか、
なぜ目標がこんな半端な数字なのかは、今後のこのサイトでご紹介します。
 
引き続き、応援よろしくお願いします。 
最後まで、お読みいただき、いつもありがとうございます。 
(別の機会に、マラソン用語少し説明しますね)

今日のメッセージ

  1.  段取り七分、当日三分!
  2.  出た結果が今の実力!
     

今日の問い掛け

  1. あなたが、6時間にわたって、し続けたことといえば何が想い浮かびますか?

コースマップと、獲得標高差グラフです。ご参考までに

20130320miyazawako

20130320miyazawakokouteisa

DSC_3917

Pocket

関連記事

人が変わる切っ掛けをいかに生み出すか?<さいたまクリテリウムbyツールドフランス>本物を実現

こんにちは!水野です。 人を“変えよう”と想っても、人は意外と変わらない。 しかし、何か

記事を読む

第28回大山登山マラソン大会 レース参戦記(3)

  非常識マラソンメソッド ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ

記事を読む

日本百名山 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<1>

皆さん、こんにちは! 水野です。 この7月末の第66回富士登山競走後、 久しぶりのロングでト

記事を読む

『本番に向けた不安やマイナスイメージに負けない!』

皆さん、こんにちは 水野です。 本格的な夏の暑さになってきましたが、 いかがお過ごしでし

記事を読む

経営者としての自分自身を探求するには?(2014年ULTRA-TRAIL Mt. FUJI STY参加から) 

組織の雰囲気や風土は、そのリーダーによって大きく左右されるもの。 だからこそ、経営者として自分

記事を読む

リーダーにとって、働く環境とは? 武尊山トレイル参戦(1)

~ 第3回上州武尊山スカイビュートレイル参戦より ~ みなさん、こんにちは水野です。 一

記事を読む

リーダーにとって、感謝とは? 武尊山トレイル参戦(2)

~ 第3回上州武尊山スカイビュートレイル参戦より ~   みなさん、こんにちは

記事を読む

第66回富士登山競走山頂コース参戦! あと30秒・・・。

後、30秒が・・・。 第66回富士登山競走 山頂コース。 去年は30秒に喜び、今年は30

記事を読む

現状を突破するために、効果的な1つの試み! (飯能アルプストレイルラン試走)

大変ご無沙汰をしております。 水野です。 長らくこのブログを書けないまま、雲隠れしておりまし

記事を読む

第28回大山登山マラソン大会 レース参戦記 (2)

(前回からつづく) 国道246号線を越える1kmまでは、1%くらいの登りか? 斜度はほとんど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑