第28回大山登山マラソン大会 レース参戦記 (1)

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 第69回富士登山競走への道 , ,

Pocket

こんにちは!水野です。

今日は第28回大山登山マラソン大会
http://www.city.isehara.kanagawa.jp/education/aboutus/sports/ooyama_marathon.html
で実際に走ってきた内容をご報告したいと思います。
 
試走した時の模様は、こちらから 

前日は関西出張で遅くに帰宅したことと、息子が寮から帰ってきていたこともあり、
25時くらいにようやく布団にもぐりこむことが出来ました。 
脳裏には、「明日起きれるだろうか・・・」という不安。

しかし、寝不足など何のその、当日朝は“大人の遠足気分”で、
苦痛に顔をゆがめながら、ではなく、元気に笑顔で起きることができました!

 こういう時は知り合いの経営者の方の
「会議の日は起きられないけれど、ゴルフの日だけは自然と起きられるよなぁ~」
という言葉がありありと蘇ってきます(笑)。  
※この時のことを書いたのが、確か以前のコラムで書いていたような・・・
ありました。これです。 

6時前には家を出て、新宿から愉しみにしていた
小田急ロマンスカーに乗り込み出発!
大会会場の伊勢原に臨時停車するので、前もって予約をとっておいた電車です。
romansucar20130310 
 気持ちよく車窓を愉しみつつ駅に到着し、大会会場に向かいました~。

 
いざ会場に到着すると、ものすごい風!受付等のテントも飛ばされるぐらいです。 
そして!もらったゼッケンが冒頭の写真。

年齢別での手続きでスムーズ。
ゼッケンをもらうと何か本気モードになりスイッチが入る感覚がありますね!
 
我々経営者やビジネスマンで言えば、スーツを着てネクタイを締める中で
ビジネスモードにスイッチ入るのと同じでしょうか。
 
やはり、自分をそのモードにする切り替えスイッチとなる、何らかの儀式が 
大切だと感じました。
メンタルトレーニングでいう、「ルーティンの実践」が、
スポーツでもビジネスでも有効ですよね。
 

──着替えを済まし、アップに出てから受付会場に戻ると、 
マラソン大会ではいつものことながら、すごい人!! (総エントリー2409人) 
この、標高差約650メートル、7キロすぎからは1610段の石段が続く、
という厳しい大会にも関わらず、です。
ただ、自分もその変人の一人であることを感じ、苦笑い・・・。
 
この大会は、招待選手にも注目が集まります。 
開会式で弘山晴美選手とも会えました。
地元の市議会議員、元ヤンキー先生こと義家 弘介氏も会場におられたとのこと。
 
日頃ビジネスで接することのない、別の世界の方々と触れ合えるのも
マラソンイベントの愉しいところですね。 
 
そんなことを想っているうちに、大会会場の伊勢原小学校から、
スタート地点である小田急の伊勢原駅前に全体で移動。
 
温かな声援が周りから飛び、街をあげてこの大会を盛り上げ、
活性化の取り組みをしているのがよくわかります。
 
レース中も、実に多くの方から応援をいただき、 
温かい大会であることを実感!!
 
一所懸命に目標に取り組んでいる人には、いかに温かい声がけが 
励みになるのか、振り返る瞬間でもありました。
 (ビジネスの場でも意外と、自分のことで手いっぱいで 
周りへの声がけが不足しがちな自分を振り返り、思わずカツを入れました)
 
 
予定より号砲が少し遅れ、11時スタート。
 
いきなりの右カーブで、突っ込んで来る人の混乱にもめげず、
自分なりのペースで走り出します。
 
スタート時が前列ではなく、真ん中からやや後ろ寄りのため、
少しづつ人をコース右手からかわし前にいきました。
 
1kmのペースは、5分03秒。
 
少し遅めか・・・。
 
次回へつづく)
先に、コースマップと、獲得標高差グラフ、kmあたりのタイム等
載せておきます。ご参考までに
MAP ooyama
kouteisa
runkeeper
sprit0310 

今日のメッセージ

  1. 朝、爽快に目覚めるために、”愉しい”を仕事や生活に盛り込む!
  2. 温かな声がけが、人の本来の力を引き出す!

今日の問い掛け

  1. あなたにとって、”大人の遠足気分”を味わえる、そんな朝は最近いつありましたか?
  2. スイッチを切り替えるための、あなたのルーティン(儀式)は何でしょうか?
Pocket

関連記事

『第21回ふれ愛3時間走・光明池』で、感謝を実感!

皆さん、こんにちは 水野です。 先週、先々週に引き続き、昨日の日曜日も3週連続の30kmオーバ

記事を読む

リーダーにとって、感謝とは? 武尊山トレイル参戦(2)

~ 第3回上州武尊山スカイビュートレイル参戦より ~   みなさん、こんにちは

記事を読む

新米ランナーでも感じる、経営者にマラソンがいい2つの理由(学芸大ランフェスタ参加)

皆さん、こんにちは 水野です。 暑くもなく寒くもなく、絶好の季節になりました。 経営者・リー

記事を読む

リーダーにとって、働く環境とは? 武尊山トレイル参戦(1)

~ 第3回上州武尊山スカイビュートレイル参戦より ~ みなさん、こんにちは水野です。 一

記事を読む

経営者としての自分自身を探求するには?(2014年ULTRA-TRAIL Mt. FUJI STY参加から) 

組織の雰囲気や風土は、そのリーダーによって大きく左右されるもの。 だからこそ、経営者として自分

記事を読む

雨中のトレランだからこそ、事業での思わぬ学びが!

こんにちは! 水野です。 この秋の三連休はどの様にお過ごしだったでしょうか? また、次の三連

記事を読む

何があるから継続できるのか? 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<2>

皆さん、こんにちは 水野です。 大菩薩嶺へのトレイルランニング、距離45km、標高差1938m

記事を読む

リーダーとして健康管理を続けるコツは?<蓼科へのロングライドより>

皆さん、こんにちは 水野です。 「事業はゴールのないマラソン競走」「石の上にも3年」等々、

記事を読む

第22回上里町乾武マラソン大会 参戦記

皆さん、こんにちは! 水野です。 桜がきれいに咲いてきましたね。 お花見にはもう行かれたでし

記事を読む

癒されるために、たった一つ大切なこと(百名山甲武信ヶ岳登山から<1>)

リーダーとしての癒す力、大切なキーワードですよね。 ストレス社会の中、何があれば人を癒すことが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

no image
2016年の御礼と、2017年のご挨拶

2016年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

関東食糧経営理念
仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の食を支えている”という想い 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 3)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事を通じて自分がどうなり

関東食糧株式会社 社長 臼田真一朗様
仕事に情熱を傾け、真剣に取り組む上で一番大切なことは? ― 仕事と人生は表裏一体 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 2)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事に情熱を傾け、真剣に取

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏
新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 1)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 新卒・若手社員の採用育成に

no image
2015年の御礼と、2016年のご挨拶

2015年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑