リーダーの“健康習慣”への取り組みが、職場の集中力・判断力・行動力を高める!

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌64号2006年4月)
あなたの「健康序列」は、社内で何番目でしょうか?

1.こんな出来事が!

 最近、私の周りで“健康習慣”を意識し、実践されておられる方が増えたように感じる。

 例えば、水を毎日2リットル飲み、短期間で7kg体重を絞り込まれた方。偏食を改め、よく噛むことで、疲れ気味だった体調を劇的に改善された方。毎朝、瞑想をすることで、ストレスにとらわれずに、爽快な一日のスタートをきっておられる方。野菜中心への食生活改善で減量を達成され、加えてジョッギングで血液循環がよくなり、永年の肩こりから開放された方。電車通勤を止め、片道30kmを自転車で往復され、心身ともに充実した毎日を過ごしておられる方等々。

 これらの方々は、どなたをとっても仕事と生活の両面で精力的に活動しておられる印象が強い。さらに、お一人がこのようなライフスタイルを築かれると、それが周りに伝播していることを強く感じるのである。

2.私の想い

 このような周りの方々の変化を感じ、有名なある言葉からの連想が浮かんだ。「40歳を過ぎたら、男は自分の顔に責任をもて!」と言ったのは、リンカーン。私はそれにならって「30歳過ぎたら、自分の身体に責任をもて!」と言いたいのだ。

 10代、20代は、年齢的にも若いので、身体や健康を意識することは少ないかもしれない。しかし、30歳を超えたら、親から譲り受けたものだけでは、どうにもならないことが出てくるものだ。健康習慣をもたない人は、これまで当たり前にできたことが、当たり前にはいかなくなってきている──そのような自分を感じる瞬間が30歳過ぎには必ず来るように想う。成人病が、生活習慣病と言われるようになった趣旨と同じで、単なる実年齢ではなく、生活の中での習慣で決まるとしみじみと感じる。

 また、「身体はつくづく正直で、よい習慣は、すぐに身体に現れ、その目に見える変化はやる気を引き出す!」ということは間違いがない。それは、1)すぐに変化が生まれてくる。(3ヶ月で人間の細胞は入れ替わる) 2)身体は、体重や体型の変化に現れる。また、体調や体力の向上がわかり、自らが実感し易い。3)周りがその変化や取り組みを見て、自分への肯定的なメッセージや励ましを頂戴する。周りへのインパクトも、相当なものがある。例えば、「あの人がタバコを止めた! 自分も何か変わろう!」と、言葉ではなく身体を通じて表現することは、意識的に伝えなくとも自然と多くのものが伝わっているのかもしれない。

3.日々への影響

 健康習慣で違いを生み出し続けられる方との対話の中で感じるのは、単なる身体上のプラス面(健康、血圧下がる、肩こり・腰痛がなくなる等)だけではなく、それ以上にリーダーにとって心理面でのプラス要素が浮かび上がってくるという点である。

1)「自分は見捨てたものではない、やればできる」いった自信。「次も絶対に達成できる、仕事でも本気でやれば成果はもっとあがる」というような目標に向けた集中力の高まり

2)人に変化(相手を変える)を説く前に、自らが変化(自分が変わる)をやり遂げる。──そのことで、言葉よりも、自らの日々の態度・行動・実績をもってして相手に伝えようとする意識の向上。判断基準が自分次第(主体的)になり、相手次第・環境次第(他人任せ)ではなくなる。 

3)理屈ではなく、行動をしていくことの大切さを実感し、さらに行動力が高まる

4.生活・志事(仕事)の中での実践

 今回の取り組みを通じて、健康習慣が人を変えリーダーを変える。そこから、周りが変わり、職場が変わることを実感した。

 昨今、ワークライフバランスという言葉をよく耳にするようになった。企業の福利厚生制度や働きやすい職場環境の整備も大切かと想う。しかし、健康は、個人の責任/企業の責任、という論争以前に、われわれリーダーが真っ先に取り組むことにその重要性があるのかもしれない。

 それは、経営の最大資源である人を活かす(集中力・判断力・行動力向上の)ために リーダー自身が、自らの「健康序列」が組織でトップだと胸を張れるようになることだと想う。

 あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「ライフスタイルをもたれると、周りに伝播」
  • 「30歳過ぎたら、自分の身体に責任をもて!」
  • 「身体はつくづく正直で、よい習慣は、すぐに身体に現れ、その目に見える変化やる気を引き出す!」
  • 「身体を通じて表現することは、意識的に伝えなくとも自然と多くのものが伝わっている」

6.自分を見つめる問い掛け 

  1. あなたの「健康序列」は、社内で何番目でしょうか?
  2. あなたの健康習慣は、何でしょうか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

夢を夢で終わらせないために、四六時中、夢を見続け・言い続け・やり続けよう!

(機関誌68号2006年8月) 日本語の「夢」と、英語の「dream(ドリーム)」 ――あなたが感

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

“遊び”で培われるワクワク感やリラックスが、人のこころに感動と集中を生む

(機関誌18号2002年6月) 小学生の頃の教訓をいかして、よく遊び、よく学んでみよう! 1.こ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人と繋がる愉しみは、継続を生み出す!

(機関誌121号2011年1月) 自分に続ける力が自然と身に付くためには? 1.こんな出来事が!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

健康をセルフコントロールできれば、おのずと人生に自信がみなぎる!

(機関誌32号2003年8月) 健康管理は数値管理から ─ 正しく・楽しく・絶やさずが決めて 1

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

真の強さを持つ人は、自らの弱さを知り抜いた人だ!

(機関誌46号2004年10月) 貴方は「やる気スイッチ」を自らオンにできますか! 1. こんな

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

バリア“アリー”で、日々の環境を自らの健康の味方に!

(機関誌119号2010年11月) あなたが心掛けるプチトレーニング・プチ感覚アップは何でしょうか

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人の気持ちがわかるだけでなく、数字にも強い“バランスリーダー”を目指そう!

(機関誌75号2007年3月) あなたは「かんじょう」という文字を見て、どの漢字を連想しますか?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

お金に対する変なとらわれからまず脱出しよう!

(機関誌35号2003年11月) 経済的豊かさを手に入れた人の「そのまま」を受け入れ、まず一つから

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

まとまった1時間が取れなくとも、小刻みな15分であれば4回取れる!

(機関誌132号2012年1月) あなたにとって、身近な時間の単位は何でしょうか? 1.こんな出

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人間関係の基本は、相手視点!

(機関誌87号2008年3月) あなたの言動・行動は、相手からみてお役に立っているでしょうか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑