「特徴なき企業は滅びる」

公開日: : 最終更新日:2014/01/08 第69回富士登山競走への道 ,

Pocket

皆さん、こんにちは! 水野です。

前回のブログの記事を、見られた方から様々なメッセージをいただき
ありがとうございます。

激励のコメントはもとより、
「マラソンを水野(さん)が走る意味は何ですか?」
「このブログで書籍紹介だけでなく、健康を取り上げる意図は?」
「書籍ブログなのでマラソン関係のお薦め書籍を教えて欲しい」、
等々。

もちろんフェースブックでいただいたものはコメントをアップさせていただきました。
が、順次、このブログでもお伝えしていきます。

今回は来週に迫ったある大会を通じて、リーダーとして大切なことを学んだ点についてのご紹介です。
昨日の日曜日に、私自身が試走にも行ってきました。
ですので、写真(ビジュアル面)もお愉しみ下さい。

それは・・・

第28回大山登山マラソン大会
http://www.city.isehara.kanagawa.jp/education/aboutus/sports/ooyama_marathon.html
マラソンは、距離を問うレース、
でも、この大会は高さ(獲得標高差でのタイム)を問うレース、というのが
ポイントです。

世の中にたくさんあるマラソン大会、
でもこの大会はその中でも異色なもの。
しかも、主催は地方自治体が行っています。(神奈川県伊勢原市)

今回、私の体験を通じて学び、皆さんに伝えたいメッセージは
特色なければ続かない・広がらない・残らない」ということです。

マラソンでも事業でも対人関係でも
何かそこに特徴を感じ、その独特の価値を味わっているから
永く周りから慕われ、続くもののように感じます。

この大山登山競争も、28回目。
そして私が参加するメインレースと意識している、富士登山競争は
何と今年で66回目です!
戦後の復興もまだまだな中(昭和23年)から始まり、
毎年の開催を刻み、昨年で65年目を迎えたもの。
(去年の大会は水野も5合目コースで参加)

※この富士登山競争については、また別の機会にご紹介します。
http://www.fujimountainrace.jp/forms/top/top.aspx
この様に特色あるマラソン大会や継続され続けているものは何か?を考える中で、
経営者のお一人から導いていただいたある言葉を想いだしました。

、、、、、、、。

それは「特徴なき企業は滅びる」、というものです。
今日の問い掛け
1. あなたの会社は何が特徴でしょうか?
2. あなたの個性は何でしょうか?

◎以下、試走の際に撮影した写真

試走の途中で仰ぎ見る大山(おおやま)。
この中腹の阿夫利神社下社がゴール(標高約700m)スタートは伊勢原駅標高40m。

ooyama-2
ランニングの後半はこのような階段1610段を駆け上がってきた。
一息ついてようやく階段の写真が撮れた!ゴール地点から下を見ているので迫力は今一歩か(苦笑)?

ここまでで中腹のゴール地点に到着したので試走は終了。

ooyama-3

さらに大山の頂上(標高1252m)を目指してリ・スタート!
しかし!そこには立ちはだかるいきなりの階段。(今度は迫力ある??)
ooyama-4
途中にあった石碑。下から強力(ごうりき)が担ぎ上げたと説明書きがあり。

ooyama-7
張り切った人にはご褒美が。神奈川県を代表する丹沢の山々☆

ooyama-8

山頂到着! プチ達成感を味わえるのがやはり登山やトレランのいいところ☆
ooyama-9
遠くに霞んでみえるのは空だけではなく海も!(相模湾)
ooyama-10

大山の頂上から関東の自転車乗りの聖地であるヤビツ峠まで降り、そこからまたアスファルトの道を駆け降りる!(岩本能史氏の提唱する峠走の下りバージョン)

ooyama-11

張り切った人にはまたまたご褒美が。下りの途中にある有名な水車。水しぶきに癒される。

ooyama-12

長文ご覧頂きありがとうございました。
(終了)

 

 

Pocket

関連記事

第39回大阪府チャレンジ登山大会 ダイヤモンドトレール(ダイトレ)参戦記

皆さん、こんにちは! 今回も富士登山競走頂上コース、4時間半切りを目指し、 2週連続のトレー

記事を読む

癒されるために、たった一つ大切なこと(百名山甲武信ヶ岳登山から<1>)

リーダーとしての癒す力、大切なキーワードですよね。 ストレス社会の中、何があれば人を癒すことが

記事を読む

現状を突破するために、効果的な1つの試み! (飯能アルプストレイルラン試走)

大変ご無沙汰をしております。 水野です。 長らくこのブログを書けないまま、雲隠れしておりまし

記事を読む

『本番に向けた不安やマイナスイメージに負けない!』

皆さん、こんにちは 水野です。 本格的な夏の暑さになってきましたが、 いかがお過ごしでし

記事を読む

人が変わる切っ掛けをいかに生み出すか?<さいたまクリテリウムbyツールドフランス>本物を実現

こんにちは!水野です。 人を“変えよう”と想っても、人は意外と変わらない。 しかし、何か

記事を読む

低酸素室トレーニングに学ぶ、“不安感”を“危機感”に!

こんにちは! 水野です。 今日の東京は久しぶりの雨で、しのぎやすい気温です。 皆さん、いかが

記事を読む

何があるから継続できるのか? 大菩薩嶺へのトレランに学ぶ<2>

皆さん、こんにちは 水野です。 大菩薩嶺へのトレイルランニング、距離45km、標高差1938m

記事を読む

経営者としての自分自身を探求するには?(2014年ULTRA-TRAIL Mt. FUJI STY参加から) 

組織の雰囲気や風土は、そのリーダーによって大きく左右されるもの。 だからこそ、経営者として自分

記事を読む

リーダーにとって、感謝とは? 武尊山トレイル参戦(2)

~ 第3回上州武尊山スカイビュートレイル参戦より ~   みなさん、こんにちは

記事を読む

雨中のトレランだからこそ、事業での思わぬ学びが!

こんにちは! 水野です。 この秋の三連休はどの様にお過ごしだったでしょうか? また、次の三連

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

no image
2016年の御礼と、2017年のご挨拶

2016年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

関東食糧経営理念
仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の食を支えている”という想い 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 3)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事を通じて自分がどうなり

関東食糧株式会社 社長 臼田真一朗様
仕事に情熱を傾け、真剣に取り組む上で一番大切なことは? ― 仕事と人生は表裏一体 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 2)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事に情熱を傾け、真剣に取

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏
新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 1)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 新卒・若手社員の採用育成に

no image
2015年の御礼と、2016年のご挨拶

2015年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑