『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

公開日: : 最終更新日:2014/01/15 経営者のための読書実践【書評】

Pocket

皆さん、こんにちは! 水野です。

以前取り上げました、右腕の育成に役立つ書籍、右腕のスタンスが実感できるもの、
右腕に読んでもらいたい書籍等々、何かいいものあったでしょうか?
また、読み返された本はあったでしょうか?

今回はその時にお薦めしました、松下幸之助さんの右腕、高橋荒太郎氏の
その人物と書籍についてです。

今回のテーマ

まず、この言葉からご紹介したいと想います。
あの人ほど、会社や社員のことを考えている人はいない!』
この言葉は、 幸之助さんが高橋荒太郎氏のことを
尊敬の念を込めて口にされた時のものです。

右腕の指し示す、右腕としてのスタンスを見事に表現しているように
想います。

経営者は腹を割って、右腕と上下関係ではなく、対等なパートナーとして
事業に共にまい進する人を求めている。

経営者や組織のリーダーは右腕に何を求めているか?
どの様な右腕として成長して欲しいと願っているか?

日頃から接する方々と触れる中で、私が感じるもの。
それは、技術やスキル・知識も大切だが、何よりスタンスを求めている様に、感じています。

今回の問い掛け

  1. あなたが、右腕に求めるものは何か?
  2. 右腕として、自分の今のスタンスはどの様なものだろうか?

今回お薦めする書籍や人物

今回はさらに”右腕””右腕の育成”について、
住友の大番頭、伊庭貞剛氏や、
城山三郎氏が描き切った、大番頭金子直吉という
二人の人物。

この二人から我々は、何を学べるでしょうか?

(水野がお薦めする理由や、日頃の実務と照らし合わせて
実感したことは今後このブログで紹介します)

Pocket

関連記事

上司にとってのこの1冊(「上司のための心理学」)

たかが本、されど本。あなたにとって本は身近でしょうか? 本が嫌い、本を読まないというリーダーも

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

稲盛和夫氏著 「働き方」 に学ぶ仕事との向き合い方(スタンス)

先日より、ある会社のコンサルティングがスタートしました。 そのご契約が決まる前の出来事です。

記事を読む

メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<1>

皆さん、こんにちは 水野です。 よく経営者や組織のリーダーから、 「メンバーに伝えても伝わら

記事を読む

マネージャーとの違いで顕わになる、リーダーが陥りがちな1つの感覚

マネージャーとリーダーの違いは? と、聞かれてあなたならどの様に応えますか! 今回は意外と知られ

記事を読む

経営者のための読書実践【書評】

『マネーの公理』でお金との付き合い方に気付く!

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール posted with ヨメレ

記事を読む

新しい一年を深く感じるにはこの1冊から「コトラーのマーケティング3.0」

マーケティング。 ビジネスリーダーであれば、誰でも知っている言葉。 しかし、その本質をつかみ

記事を読む

成果を出しているリーダーと出せていないリーダーとの違い(「トヨタの口ぐせ」に学ぶ)

誰しも他人と自分の違いに気付かないと、行動を変えようとは想いません。 強い現場力をもつトヨタで

記事を読む

書籍「響き合うリーダーシップ 」に学ぶ、共感・共鳴・共創 <1>

皆さん、こんにちは 水野です。 今日は、ある後継者の方との書籍についての対話から、 改めて深

記事を読む

書籍「エスキモーに氷を売る」に学ぶ、革新の進め方

この書籍の副題は、魅力のない商品を、いかにセールスするか。 ただ、この本はセールス本として読む

記事を読む

高原慶一朗氏サイン

あなたは初代(創業者)、それとも二代目(後継者)?

日本長者番付トップ10で誰の顔が浮かぶ? こんにちは 経営者コンサルタントの水野秀則です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

怒りやイライラが消えていくこの1冊

そろそろ年末モードに入っている今だからこそ こんにちは 経営者コンサ

高原慶一朗氏サイン
あなたは初代(創業者)、それとも二代目(後継者)?

日本長者番付トップ10で誰の顔が浮かぶ? こんにちは 経営

会議室イメージ
後継者は孤独か⁉

後継者が元気になるキーワード こんにちは。経営者コンサルタン

no image
2016年の御礼と、2017年のご挨拶

2016年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑