『松下幸之助が惚れた男』 あの人ほど、会社や社員のこと考えてる人はいない!

公開日: : 最終更新日:2014/01/15 経営者のための読書実践【書評】

Pocket

皆さん、こんにちは! 水野です。

以前取り上げました、右腕の育成に役立つ書籍、右腕のスタンスが実感できるもの、
右腕に読んでもらいたい書籍等々、何かいいものあったでしょうか?
また、読み返された本はあったでしょうか?

今回はその時にお薦めしました、松下幸之助さんの右腕、高橋荒太郎氏の
その人物と書籍についてです。

今回のテーマ

まず、この言葉からご紹介したいと想います。
あの人ほど、会社や社員のことを考えている人はいない!』
この言葉は、 幸之助さんが高橋荒太郎氏のことを
尊敬の念を込めて口にされた時のものです。

右腕の指し示す、右腕としてのスタンスを見事に表現しているように
想います。

経営者は腹を割って、右腕と上下関係ではなく、対等なパートナーとして
事業に共にまい進する人を求めている。

経営者や組織のリーダーは右腕に何を求めているか?
どの様な右腕として成長して欲しいと願っているか?

日頃から接する方々と触れる中で、私が感じるもの。
それは、技術やスキル・知識も大切だが、何よりスタンスを求めている様に、感じています。

今回の問い掛け

  1. あなたが、右腕に求めるものは何か?
  2. 右腕として、自分の今のスタンスはどの様なものだろうか?

今回お薦めする書籍や人物

今回はさらに”右腕””右腕の育成”について、
住友の大番頭、伊庭貞剛氏や、
城山三郎氏が描き切った、大番頭金子直吉という
二人の人物。

この二人から我々は、何を学べるでしょうか?

(水野がお薦めする理由や、日頃の実務と照らし合わせて
実感したことは今後このブログで紹介します)

Pocket

関連記事

なぜフェラーリは高くても買い手が殺到するのか?  KEN OKUYAMA氏の書籍「伝統の逆襲」に学ぶ

あの人を魅了するマセラッティやフェラーリのデザイン! それを手がけた一人の日本人の熱い想い!

記事を読む

上司にとってのこの1冊(「上司のための心理学」)

たかが本、されど本。あなたにとって本は身近でしょうか? 本が嫌い、本を読まないというリーダーも

記事を読む

マネージャーとの違いで顕わになる、リーダーが陥りがちな1つの感覚

マネージャーとリーダーの違いは? と、聞かれてあなたならどの様に応えますか! 今回は意外と知られ

記事を読む

怒りやイライラが消えていくこの1冊

そろそろ年末モードに入っている今だからこそ こんにちは 経営者コンサルタントの水野です。 今

記事を読む

あなたはマネジャー、それともリーダー?

こんにちは、水野です! あなたはマネジャー、それともリーダー? 日頃、何気に使っているこ

記事を読む

書籍「エスキモーに氷を売る」に学ぶ、革新の進め方

この書籍の副題は、魅力のない商品を、いかにセールスするか。 ただ、この本はセールス本として読む

記事を読む

メンバーと考え方が違う!と嘆く前に、リーダーが行うことは?<1>

皆さん、こんにちは 水野です。 よく経営者や組織のリーダーから、 「メンバーに伝えても伝わら

記事を読む

村上春樹氏「走ることについて語るときに僕の語ること」に学ぶ創造性の源

春樹さんといって想い浮かぶことは何でしょう? 作家、1Q84、ノルウェイの森、ノーベル文学賞(

記事を読む

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

組織が機能するには、ドラッカーに学び まずはここから!!

リーダーとして、組織力が発揮される様願っている方は多い。 しかし、その組織力をいかに引き出すの

記事を読む

成果を出しているリーダーと出せていないリーダーとの違い(「トヨタの口ぐせ」に学ぶ)

誰しも他人と自分の違いに気付かないと、行動を変えようとは想いません。 強い現場力をもつトヨタで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

健康経営を、自社イメージアップやブランディングづくりに!

経営者にとって、健康がコストだった時代は終わった。自分自身の健康を高め

リーダーとしての魅力づくりは食文化から!?

どれだけ多忙なリーダーでも、毎日必ず食事をとる。食は栄養を吸収し身体を

人間力や引き継ぐというテーマ、この2つから学ばれませんか?(初企画)

スタッフブログとして情報発信です。水野が日頃から企画でお世話になってい

経営はアートかサイエンスか?

ガウディが生み出した世界遺産サグラダファミリア。その建造物を40年にわ

no image
2017年の御礼と、2018年のご挨拶

2017年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑