数値を忘れた理念は寝言、数値に関心を!

公開日: : 最終更新日:2013/11/28 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌141号2012年10月)
知らずしらずの内に白字社長、白字幹部、白字社員、に陥っていないだろうか?

1.こんな出来事が!

17年ぶりに上がることが決まった。──そう、消費税だ。平成9年4月に5%になったものが、平成26年4月に8%、翌27年10月に10%へそれぞれ引き上げられるという。「ヨーロッパをはじめとする諸外国は20%くらいだから」、「税と社会保障との一体改革だから」、「震災の復興財源が必要だから」等々。色々と上げる理由は耳に入ってくる。税収の視点から見ると、1%のアップで約2.5兆円がいとも簡単に入ってくる仕組みになる、という見方があるという。

色々な情報を取ったり、様々な立場の方々と意見交換をしていくと、消費税と言っても実に多面的な視点が見えてくる。例えば、ヨーロッパ諸国は消費税が20%前後の国が多いが、アジア圏は比較的低め(韓国10%、シンガポール7%、台湾5%等)。さらに言えば、サウジアラビアをはじめとする中東の湾岸協力会議諸国等では0%なのである。ただ、多くの国で食料品等生活に直結するものは、通常税率より低い軽減税率が適用されている(イギリスでは一般的な食料品は0%)等、税の掛け方は国や地域によって仕組みが多種多様だ。

さらに、違う側面から見ると、日本は世界第二位という主張もある。それは、国税収入全体に占める消費税割合のランキングだ。日本は現状の5%であっても、約40%。引き上げた場合、諸外国の比率を超え特異な体質が浮かび上がるのだ。(ヨーロッパの国々ではこれが30%以下のところも多い。)消費税も、視点を少し変えて数値を見つめると、その数の示す多面的な部分が見えてくるように感じた。

2.私の想い

ところでこの10月、年度の上半期が終わり下半期に入った。節目となる上期の業績動向や数値の変化はどうであっただろうか?(もちろん決算年度が異なる企業もあるが、直近6ヶ月の半期業績で考えて欲しい。)

一方、経済や暮らしの中では10月1日から様々なものが値上げされた。環境税の導入でガソリンが1リットルあたり0.25円アップ。北米干ばつの影響で大豆や穀物が高騰、食用油も1キロあたり10円以上上げられた。他、バター乳製品等々…身近なものばかりである。

我々を取り巻く環境や状況は日々刻々と変化し、それが様々な数値となって跳ね返ってきているのは間違いのないことだ。

しかし、消費税ひとつをとっても、身近なところで議論されることは少ない。我々の生活に直結することにも関わらず、意外と関心が薄いように感じるのは何があるからだろうか。

3.日々への影響

日々の研修会や講演、コンサルティングの中で、よくお伝えていることがある。このことが、当月私自身もこころに広がって身に染みた。
それは、“組織にとって黒字社員に対比して、赤字社員が増えることは怖い。しかし、さらに怖いのは自分が組織に、業績や成果で貢献しているかどうかがよくわかっていない“白字社員”が増えていることではないだろうか?”ということである。当然この白字社員は、チーム全体の業績動向や、取り巻く経済環境や数値変化についても意識が希薄。赤字か黒字かということすら知らない、また知ろうとしないのかもしれない(この機関紙第81号http://www.e-keieisya.com/column/kikou/?m=200709でも詳述)。──あなたのまわりを見渡してみて欲しい。白字社員は潜んでいないだろうか?

ただ、彼らが組織で仮に増殖しているとするならば、それは白字社長・白字幹部の影響が伝播している部分が大きいのは否めないことかもしれない。

4.生活・志(仕)事の中での実践

この“数字に弱い、数値変化に関心が低い”症状を緩和するためには何が効き目につながるだろうか。
 

1)数字で表現する癖をつける。

例えば、暑い寒いだけでなく、24℃と数字表現を言葉に出してみる。他にも、参加人数が多かった→120人参加、体重が増えた→2.5kg増等々。(もちろん、情緒や感覚的におさえるアナログ思考と、この数値でおさえるデジタル思考のバランスを取ることも大切。)

2)結果だけでなくプロセスを数字で表現する

売り上げが3000万円増加という結果だけではなく、訪問件数が5%増(有効面談時間8%増、新商品Aの構成比10%増等)の要因(プロセス)で売り上げが3000万円増加。

3)定性目標だけでなく、定量目標を設定する。

「頑張る」「やります」発言に終始せず、「何の数値を」「いつまでに」「どの様な時間や頻度で」をさらに明確化する。

最後に、貧困にあえぐ農村や藩の財政を立て直した二宮尊徳の教えをご一緒にかみしめたい。彼が唱えた言葉が今、我々に熱く語りかけてくるのではないだろうか。

道徳(理念)無き経済(数値)は犯罪であり、経済(数値)なき道徳(理念・想い・単なる声掛け等)は寝言である”。

あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「情報を取ったり、様々な立場の方と意見交換をしていくと、多面的に見えてくる」
  • 「取り巻く環境や状況は刻々と変化し、それが様々な数値となって跳ね返ってきている」
  • 「業績や成果で貢献しているかどうかがよくわかっていない“白字社員”が増えている」
  • 「数字で表現する癖、プロセスを数字で表現、定量目標を設定」
  • 「道徳無き経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言」

6.自分を見つめる問いかけ

  1. 知らずしらずの内に白字社長、白字幹部、白字社員、に陥ってないだろうか?
  2. あなたであれば、数字に弱い、数値変化に意識が低い人に何を提案するだろうか?

Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

業績・成果を生み出す3つの化(イメージ化・数値化・具体化)を体質に!

(機関誌113号2010年5月) あなたの本音・本気・本当の願いは、何でしょうか? 1.こんな出

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

甘い判断が、病気治療のリスクを増大させる!

(機関誌97号2009年1月) 身体の異変に、どの様に初期対応していますか? 1. こんな出来事

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人生 、生きているだけで100点満点

(機関誌7号2001年7月) 人はこころの満足や幸せの大小を、自らのものの見方・考え方で決めている

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人と繋がる愉しみは、継続を生み出す!

(機関誌121号2011年1月) 自分に続ける力が自然と身に付くためには? 1.こんな出来事が!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

時間効率を他に求める前に、リーダー自らが方向性を明確に!

(機関誌57号2005年9月) リーダーとして、周囲の人の時間を奪っていないだろうか? 1.こん

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

赤字を変えないことが罪悪!

(機関誌81号2007年9月) あなたは赤字社員・黒字社員、それとも白字社員? 1.こんな出来事

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

集中力を強化すれば、時間は無限大!

(機関誌38号2004年2月) 一点に集中する姿勢が真のゆとりを生む 1.こんな出来事が!  

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

感動だけで終わらせず、自らの言動(言葉と行い)に違いを!

(機関誌139号2012年8月) あなたは4年後のリオオリンピックに向け、どの様なイメージや感情を

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

組織のリーダー自らの変化と進化が、周りを本気にする!

(機関誌55号2005年7月) あなたはセルフコントロールができていると胸を張れますか? 1.こ

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

真のものづくり・人育ては、環境づくりが原点!

(機関誌82号2007年10月) あなたは相手(部下)のペースに無関心で、待つことをおろそかにして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

no image
2016年の御礼と、2017年のご挨拶

2016年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

関東食糧経営理念
仕事を通じて自分がどうなりたいか? ―“自分たちが地域の食を支えている”という想い 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 3)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事を通じて自分がどうなり

関東食糧株式会社 社長 臼田真一朗様
仕事に情熱を傾け、真剣に取り組む上で一番大切なことは? ― 仕事と人生は表裏一体 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 2)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 仕事に情熱を傾け、真剣に取

関東食糧株式会社 代表取締役社長 臼田真一朗氏
新卒・若手社員の採用育成に懸ける想いとは? ― 社員が『教えていく』文化の醸成 連載「新入社員が企業を変える?!」第1回(Part 1)

連載「新入社員が企業を変える?!」第1回 新卒・若手社員の採用育成に

no image
2015年の御礼と、2016年のご挨拶

2015年は、e-経営者.com並びに フューチャサポートをご愛顧い

→もっと見る

PAGE TOP ↑