時間効率を実現するために、ピークの平準化と時間差の活用を! 

公開日: : 最終更新日:2013/11/22 リーダーのこの一言が組織を変える!

Pocket

(機関誌127号2011年8月)
あなたにとって、“時間をずらす”という意味で習慣にしていることは何でしょうか?

1.こんな出来事が!

今年の夏は、いつにも増して“時間をずらす”ということを意識する機会が多い。背景には、節電の関係で、自動車業界をはじめとした土日操業への振り替えや、勤務時間の前倒し等が期間限定とはいえ制度として各社に導入されたことがある。早朝営業が各業種で行われている一方、アフター5ならぬ、アフター4商戦で、英会話スクールや居酒屋等も新サービスを打ち出し、新しい事業展開も見られる。
これまで“時間をずらす”ということでは、時差出勤や夏期休暇時期の調整等は各企業にも存在した。日照時間を有効に活用するサマータイム導入の論議も過去何度となくあった。
しかし、業界・企業が一つになり、社会全体としての大規模な取り組みがこの夏は大きく進んだ様に想う。

2.私の想い

だから、今こそわれわれ組織のリーダー自身も、この“時間をずらす”ということに自らの意志でさらに前向きに取り組むことが大切だと強く感じる。社会の一員として、制度は制度として守っていくという最大限の協力を惜しまないことは大切だ。しかし、環境変化に身を委(ゆだ)ね、そこに順応すること(変化適応)だけでなく、自らリーダーとして新しい渦を巻き起こすこと(変化創造)がより必要であると痛感するのである。この、時間をずらしたこと(変化)によって生まれた新しい時間の捉え方を、自分のものにしていく絶好の機会かもしれない。
また、「現代人は忙しい」と、よく言われる。時間延長(時間の量的拡大)ではなく、時間効率(時間の質的充実)こそが、今我々リーダーにも求められてるいることは間違いのない事実だろう。これまでの慣習に捉われず、自分にとって、又皆にとって効率よく時間を使うためにすることを今一度考え、成果に結び付けていきたいものだ。
今回の“時間をずらす”というテーマには、リーダーが成果を生み出す上での2つの着眼点を含んでいる様に想う。 ①ピークを平準化して、いかに平らに均(なら)すか? ②どの時間帯やどの日、どのタイミングで行えば、最も効果的か?

 3.日々への影響

この2つの着眼で日々の生活や業務を見渡すと、当たり前のことだが見直しし切れていないことに気付き面白い。一番目の問いである電力ピークならぬ、自らの組織や自分自身の業務ピークにどの様な手が打てるのか? に関する取り組み例から見ていこう。
私のよく知るある会社では、午後の3時になるとメンバー間の業務調整を必ず行っておられる。突発的な業務等を一人が抱え込むのではなく、メンバー間で共有し協力し合える仕組みをつくっているのだ。もちろん前提として、誰もが担える共通業務を明確に決めて、製造業で言う多能工化を意識して図ってこられたのは言うまでもない。仕事量を均し、全体としての効率を高めることを常に考えておられるのだ。
一方、個人としての業務。忙しいピークになると逆に、仕事を進めるより身の回りの片付け・整理整頓を行い、一旦頭をリセットする(整える)という手がある。ある方は「物事の整理は、頭の整理! 」と言い切られるくらいだ。スッキリした気持ちで、業務の洗い出しをハッキリと行い、他の人に依頼できるものと自分がするものをクッキリと分けるのだ。

4.生活・志(仕)事の中での実践

二つ目の問いの実践であれば、海外では意外と習慣になっていて、日本でもようやく関心をもたれつつある“シエスタ(スペイン語で昼休憩・午睡・昼寝)”が一例としてある。マスコミにも取材され有名になったが東京都大田区の精密機器メーカー「株式会社ディスコ」では、社員の昼寝スペースを設け、健康と作業効率のために昼寝を奨励している。午後0時15分から4時までの間自由に利用でき、社員の多くが、「30分の昼寝が午後のミスを防ぎ業務の効率を保っている」と話す。
また、福岡県内有数の進学校県立明善高校では、6年前から昼寝を毎日午後に取り入れている。以来全体として成績も向上し、進学率等も大きくアップしているというのだ。
同じ30分寝るのでも、夜の30分を削ってでも、昼少し寝るだけで集中力・記憶力が異なるという。意図して時間をずらすことに効用を見出した好例ではないだろうか。
この“時間をずらす”ということを、今夏限定や単なる制度への対応だけに終わらせてしまってはもったいない。自らの意志として自分自身や組織の成果を高めるために、何かを新しい習慣に付け加えるということに大きく一歩踏み出したい。
あなたご自身は何を感じ、何に取り組んでおられますか?

5.毎日の言葉

  • 「変化適応だけでなく、変化創造」
  • 「時間延長(時間の量的拡大)ではなく、時間  効率(時間の質的充実)」
  • 「物事の整理は、頭の整理! 」
  • 「スッキリ・ハッキリ・クッキリ」
  • 「自分自身や組織の成果を高めるために、何 かを新しい習慣に付け加える」

6.自分を見つめる問いかけ

  1. あなたにとって“時間をずらす”という意味で習慣にしていることは何でしょうか?
  2. 電力ピークならぬ、自らの組織や自分自身の業務ピークはどこなのでしょうか?
  3. どの時間帯やどの日、どのタイミングに行えば、最も効果的でしょうか?
Pocket

関連記事

リーダーのこの一言が組織を変える!

パートナーシップ(相手との関係創り)は、自らの姿勢を正すことが第一歩

(機関誌47号2004年11月) 真の人間関係を育むには、50×50(フィフティフィフティ)の考え

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

『一人一様』の触れ合いがこころをゆさぶる『感動』を生み、シン(真・深・新)のファンを創る

(機関誌12号2001年12月) 頭で思うもの それは満足、こころで感じるもの それこそが感動!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

3つの“込み”――思い込み・抱え込み・しり込みに歯止めを!

(機関誌112号2010年4月) あなたが新戦力とともにさらに成長していくスイッチ(突破口)は何で

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

ゴールから逆算して今やることを描くと、集中力と行動力が高まる

(機関誌22号2002年10月) 阻害要因に打ち克ち、描いた夢を確実に実現する人のこころのあり方

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

周りに影響を与え続けるリーダーとして、自らの存在感に磨きをかける!

(機関誌95号2008年11月) 今の仕事はあなたにとって何ですか? 1.こんな出来事が!  

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自分を動かし、周りを真に動かすもの、それは一所懸命!

(機関誌124号2011年5月) こころの底にある、あなたの真の叫びは何でしょうか? 1.こんな

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

自分への意味のないこだわりを最小にすることが、自分の殻を打破する最大のカギ

(機関誌5号2001年5月) 新たな出会いの数とその関係の深まり度が、自分の成長のバロメーターだ!

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

目標を成し遂げるには、信頼関係を育み続けることだ!

(機関誌61号2006年1月) 夢を叶えるために、何をこころに抱き続けますか? 1.こんな出来事

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

人とのご縁を大切にすることが、仕事や人生を豊かにする!

(機関誌63号2006年3月) あなたは、各界のプロが“何を大切にしている人”だとお考えですか?

記事を読む

リーダーのこの一言が組織を変える!

“自分が主治医”で、医者いらず!

(機関誌44号2004年8月) 健康面での、自己管理・自己開示(ディスクロージャー)は万全ですか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」後半

リーダーとしての力強いメッセージを伝え、組織力を高めたい。その様な時、

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その4「思います」前半

顧客へのプレゼンテーション、毎月の会議、毎年の経営方針発表会。われわれ

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その3「なぜ」

部下や後輩から出てくる、言い訳。実は、われわれ後継者・次世代幹部が、部

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その2「クレーム」

われわれ後継者・次世代幹部にとって、ドキッとする言葉に「クレーム」があ

中小企業の後継者・次世代幹部 人がついてくる7つの口グセ その1「問題」

後継者・次世代幹部として、会議やミーティングを主宰したり、参画されるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑